ブルーベリー、サザンハイブッシュのおすすめ品種と組み合わせとして相性のいい品種は?

スポンサーリンク

ブルーベリーについてはこれまでに鉢植えでの育て方と、ラビットアイ系、ハイブッシュ系のブルーベリーのおすすめ品種について書いてきました。

今回は日本全国で栽培できるサザンハイブッシュ系のおすすめ品種について書こうと思います。

サザンハイブッシュ系ブルーベリーはまだ手軽に入手できる品種が他の系統のブルーベリーに比べて少なめですが、最近ようやく一般的にも定着しはじめた感があります。

ブルーベリーはハイブッシュとラビットアイの二大系統がメイン

サザンハイブッシュ系ブルーベリーは比較的最近出てきたハイブッシュとラビットアイのよいところを合わせ持つ品種として、今後期待されている系統です。

ブルーベリーが家庭に広まり始めた初期の頃はブルーベリー御三家と呼ばれているティフブルー、ホームベル、ウッダードというラビットアイの品種がよく知られていました。

ホームベルは実が小さく、ウッダードは周囲の環境の影響を受けやすいなど言われていますが、ティフブルーは今でも人気のある育てやすい優良品種です。

その後冷涼な気候でよく育つハイブッシュ系ブルーベリーが知られるようになり、ハイブッシュとラビットアイが二大系統として日本で栽培されて来ました。

ラビットアイとハイブッシュの特徴比較

ラビットアイ系ブルーベリーの特徴は土壌適応性があり暑さや乾燥に強く収量が多いことです。

果実は甘みが主体で味は濃いけれど皮が厚くタネのザラザラ感があることが欠点でした。

ハイブッシュ系ブルーベリーの特徴は冷涼な気候を好むため暑さに弱く、酸性のピートモス主体の土をしっかり用意する必要があります。

果実は皮が薄く種がほとんど気にならず、みずみずしく甘みと酸味のバランスがよく生で食べるのに向いています。

こうして比較してみると一長一短と言いますか、それぞれの系統でお互いの長所、短所が反転しているかのように見えますね。

スポンサーリンク

サザンハイブッシュ系ってどんな系統なの?

サザンハイブッシュは上記のハイブッシュ系ブルーベリーとラビットアイ系ブルーベリーのよいところを集めるように交配した新しい系統で、暖かい地域でもよく育ちます。

果実はハイブッシュの特徴、食感をそのままに持っている、と言う系統になります。

サザンハイブッシュは、ノーザンハイブッシュに暖かい地域で育つ野生種やラビットアイを交配させて作り出した新しいブルーベリーの系統です。

系統としてはハイブッシュ系に分類されます。

サザンハイブッシュはラビットアイが交配されているからなのか、ノーザンハイブッシュよりも自家結実性が弱い品種もあります。

いずれにせよ複数の品種があったほうが結実性は上がります。

はっきりと自家結実生があることがわかっている場合以外は2品種以上を組み合わせて植えることを推奨します。

サザンハイブッシュ系の品種を育てる時の注意点

サザンハイブッシュは比較的新しい品種系統

サザンハイブッシュ系統のブルーベリーは比較的新しい系統の品種になります。

ラビットアイとノーザンハイブッシュのよい性質を合わせ持つこの系統は日本全国で栽培が可能と言われています。

これまで日本の西南の地域ではラビットアイ系ブルーベリー、関東以北ではノーザンハイブッシュ系ブルーベリーが主力の品種として栽培されて来ましたが温暖な西南の地域でもハイブッシュ系ブルーベリーの味を楽しむことができるようになったのは画期的なことかもしれません。

ただ、サザンハイブッシュ系のブルーベリーが出回り始めた最初の頃はいいことずくめのように思えていても実際に育ててみると、中にはちょっと気難しい、と感じている方がいる品種があることもわかってきました。

ハイブッシュ系ブルーベリーは水が好きで乾燥を嫌いますが、サザンハイブッシュは少し乾燥気味に育てた方が根の状態もよく成長がよいようです。

これからまだまだ品種改良が進んで行くと思われますので今後が楽しみですね。

スポンサーリンク

サザンハイブッシュおすすめの組み合わせ品種

ノーザンハイブッシュ、野生のローブッシュブルーベリー、ラビットアイでは遺伝子の染色体の数が違っていて、それらを交配して作られたのがサザンハイブッシュ系統です。

サザンハイブッシュ系ブルーベリーはノーザンハイブッシュ系ブルーベリーと染色体の数は同じため、ノーザンハイブッシュ系ブルーベリーとは互いに受粉することができますので受粉のための組み合わせとしてこの二つの系統を一緒に育てることができます。

またサザンハイブッシュのおすすめ品種で紹介している人気の品種オニールの受粉樹の組み合わせとしては、下記に紹介しているミスティ、サンシャインブルー、シャープブルーは開花時期が重なっていますので相性がいいです。

特にシャープブルーは開花期が長く、豊産性で花も多いので他の品種の受粉樹として組み合わせるのによい品種です。

またサザンハイブッシュでも自家受粉の性質をしっかり持つ品種もあります。

サザンハイブッシュは樹形も比較的コンパクトに育つので置き場所に制約がある方は、自家受粉の性質がある品種を1鉢選んで育てるのもよいでしょう。

サザンハイブッシュ系ブルーベリーのおすすめ品種

オニール

サザンハイブッシュ系ブルーベリーの現在の代表品種です。

果実が甘くて味もよく、収穫量も多いです。

ブルーベリーは同じ木になっていても果実の味にばらつきが出るようなこともあるのですが、このオニールは安定してどの実も甘くて粒も大きいので人気があります。

サザンハイブッシュ系ブルーベリーを育てている人の多くがオニールを育てています。

ミスティー

暖かい地域で育てやすく常緑性の強い品種です。

樹勢がよくがっしりとした苗で、生育が旺盛なため実をならせる枝の更新もしやすく安心して育てられます。

サザンハイブッシュ系統の中で最も育てやすい品種と言われています。

果実も大粒で収量も多く味もよいので初心者に向く品種です。

スポンサーリンク

サンシャインブルー

サザンハイブッシュ系ブルーベリーが出回り始めた時、最初に話題になった品種です。

花の蕾が濃いピンク色をしていて、徐々に薄くなりますが、開花してもまだ花色がピンクです。

葉の形はちょっと同じツツジ科のサツキやツツジを思わせるような形をして、よく揃って枝につきます。ブルーベリーにしては小ぶりの葉です。

樹形がコンパクトで花もピンクで可愛らしく、たくさんの実がなります。

自家受粉できる品種なので1本でも育てられます。

しかも生育旺盛、丈夫で育てやすいので初心者の方や、ベランダなど限られた場所でブルーベリー栽培を楽しみたい方におすすめの品種です。

花色や葉の形、コンパクトにまとまる樹形は観賞価値が高いという利点があります。

シャープブルー

最初に世に送り出されたサザンハイブッシュ系ブルーベリーです。

サザンハイブッシュ系ブルーベリーは少し繊細で育てるのに気を使う傾向がある中で、このシャープブルーは強健で、とても育てやすく、果実もたくさんなることで知られています。

サンシャインブルーと並んでサザンハイブッシュ系の初期に紹介された品種であり育てやすく、収量も多いことから人気があります。

オニールと並んでサザンハイブッシュ系ブルーベリーの代表的な品種です。

気になる最新品種ファーシング・ケストラル・ユーリカ

今まで紹介したのはサザンハイブッシュの中でも安定して育てやすい品種でしたが、こちらは現在のところ特定のナーセリーでしか入手できない新しい品種です。

どれも大粒の実が安定的にたくさん収穫できる品種なのですが、特にユーリカは大粒の実がなる品種のようです。

かなり営利栽培を意識して作られた品種のようで、5本以上まとめての購入が条件だったり、ベランダ鉢植えで楽しむには少し入手しにくい品種です。

今年、数年ぶりにブルーベリーの苗を購入する際にファーシング、ケストラル、ユーリカもかなりよさげな品種に思えて、購入を検討したのですが、結局ノーザンハイブッシュとしては暖地適性があり、樹勢も強く収量がとても多いということでドレイパーを選びました。

もう少し置き場所があればぜひ育ててみたい品種です。

スポンサーリンク

ブルーベリー栽培は好みの品種を探すのも楽しい

サザンハイブッシュ系ブルーベリーは温暖地でもハイブッシュ系ブルーベリーの味を楽しめることからとても期待されている品種です。

最近はベーシックな品種ならホームセンターなどでも苗を見かけるようになりました。

上記で紹介した4品種は比較的入手しやすく、人気がある品種になります。

中でもシャープブルーやサンシャインブルーは特によく育つ強い品種なので初心者の方やベランダでの栽培でも気軽にブルーベリー栽培を楽しむことができる品種です。

ケストラル、ファーシングなど、まだまだより大粒で育てやすいサザンハイブッシュ系ブルーベリーの品種もあり、今後サザンハイブッシュはどんどんよい品種が開発されて増えていくのではないかと思います。

ノーザンハイブッシュ、サザンハイブッシュ、ラビットアイ。

3つの系統の中から、育てる場所の気候や環境にあっていて、かつ味も好みの品種がどれかを探すのもブルーベリー栽培の楽しみの一つかもしれません。