レモンの木(檸檬の木)につく虫、害虫対策、虫除けは春にする!白い虫に殺虫剤が必要な理由とは?

スポンサーリンク

レモンの木は春先、新芽の出る時期から虫がつくことがあるので害虫駆除や虫対策が必要になります。

レモンの木につく虫は代表的なところでアブラムシ、アゲハ蝶の幼虫、カイガラムシでしょうか。

小さな白い虫が枝にはり付いていたり、パッと飛んだりしたら要注意です。

レモンの木を大切に育てるための虫対策、害虫駆除の方法を紹介します。

大事なレモンの木を元気に育てるためにしっかり虫対策、虫除けをしていかないと元気がなくなり、枯れてしまうこともありますので油断は禁物です。

スポンサーリンク

レモンの木につく虫|新芽にアブラムシ

春になってレモンの木に新芽が出始めるとどこからともなくやってくるのがアブラムシです。

レモンの木の柔らかい新芽からは汁を吸いやすいのでしょう。

レモンの木は実を1個ならせるために葉を20〜25枚ほど必要としますので新芽のうちから虫がついてよい葉が育たないとよい果実が取れません。

アブラムシは植物の汁を吸う害虫ですが、それ自体よりもアブラムシが植物の病気を媒介してしまうことと、アブラムシが出す分泌液でレモンの木の葉が汚れることの方が厄介な虫です。

病気をうつされてしまうのは困りますし、葉が汚れることで柑橘類の木に多く見られるすす病をレモンの木が発症してしまうことがあります。

数が少ないから、と油断しているとアブラムシはどんどん増える虫なので、見つけたらすぐに駆除しましょう。

アブラムシを駆除するにはいくつかの方法があります。

レモンの木の虫対策①牛乳スプレー

害のない害虫駆除の方法としてよく言われるのが牛乳スプレーです。

水と牛乳を同量混ぜたものをアブラムシ他の小さな虫にスプレーすると、乾いた牛乳の成分が膜をはって固まるのでアブラムシが呼吸できなくなって死んでしまいます。

一度乾いてアブラムシが死んでから、葉水をかけてレモンの木の枝葉を綺麗に洗い流しましょう。

安全な害虫駆除の方法ですが、あまり大きな虫やカイガラムシには効果がありません。

スポンサーリンク

レモンの木の虫対策②殺虫剤

レモンの木についたアブラムシの駆除には野菜や果樹などに使える殺虫剤を使うこともできます。

殺虫剤や農薬は使用時期や使用量、使用回数、収穫の何日前まで使用可能かなどちゃんと説明書に記載されているので、用法を守って使いましょう。

最近は市販の殺虫剤でも農薬ではなく天然素材で有機栽培認証の殺虫剤なども販売されています。

なるべく自然なものを、と思われる方はそういった薬剤を探されるとよいでしょう。

家庭園芸でお馴染みのベニカスプレーシリーズに蚊取り線香にも使われている天然の除虫菊の成分を使った殺虫剤があります。

除虫菊のスプレーは虫には効果があるけれど、動物や人間にはほとんど毒性がなく影響がないこと、手作りしたものでもある程度効果が見込めることからまた別記事で作り方など紹介していきます。

レモンの木の虫対策③光の反射を利用する

アブラムシは日光が嫌いですので銀色で光を反射するものを鉢の上に敷くなどして下から光を反射させると防除に効果があるといいます。

レモンの木の場合は高さがあるので鉢土の上ではあまり期待できないかもしれませんが、日光がしっかり当たって風通しよい状態になるように枝を剪定しておくこともアブラムシを発生しにくくします。

レモンの木の虫対策④窒素肥料を控えめにする

アブラムシは植物が窒素過多になるとつきやすくなると言われています。

どんな植物も窒素肥料をやりすぎると葉が徒長して貧弱になり、病害虫に弱くなります。

窒素肥料のやりすぎには気をつけて、しっかり充実した枝葉を育てましょう。

スポンサーリンク

レモンの木につく虫|アゲハ蝶の幼虫

アゲハ蝶の幼虫は柑橘類の葉が大好きです。

レモンの木は柑橘類なのでアゲハ蝶の幼虫が大好きで、春先に葉が展開し始めると、アゲハ蝶が待ってましたと言わんばかりに飛来します。

時期でいうと前後はあると思いますが1年の一番最初に孵化したアゲハの4月の中旬から5月頃の活動が一番盛んでしょうか。

その後も秋まで卵を産むサイクルを繰り返しますが、時期は決まっているので、その時期を過ぎればアゲハ蝶は来なくなりますので注意が必要なのはメインは春とあとは秋のほんの一時期です。

ちなみに柑橘類全般にアゲハ蝶がやってきますが山椒もミカン科の植物でアゲハ蝶は大好きです。

しかも山椒は葉が小さいので幼虫がつくとあっという間に春先の新芽が丸裸になってしまいますので注意が必要です。

レモンの木の虫対策⑤アゲハの卵はすぐに取る

レモンの木を育てていてアゲハ蝶を見かけたなら間違いなく卵を産み付けられていると思っていいでしょう。

葉の表裏を注意深くチェックして、産み付けられた卵は可能な限りすぐに取るようにします。

アゲハ蝶の卵は小さな丸い粒で黄色からやや黄緑色をしています。

ティッシュなどでそっとこすればすぐにぽろっと取れます。

取れたものはその辺に落とさないようにしてしっかりレモンの木から遠ざけるように処分しましょう。

写真は斑入りレモンのピンクレモネードについたアゲハの幼虫です。

少し前にアゲハ蝶が飛来しているのに気づき2日間に渡ってあっちへ行け、と追い払ったことがありました。

追い払いはしたものの、きっと卵は産んだに違いないと思い、かなり気をつけて卵を産み付けられていないかチェック。

いくつか発見した卵はとったのですが、よく見たら絶妙に見つけにくい場所に孵った後の卵の殻が一つ残っていたので、おそらくその幼虫のものだと思います。

本当にアゲハ蝶は油断なりません。

大事な葉っぱを食われて悔しい!

速攻割り箸を使ってタイホ。

別の場所へサヨウナラ、いたしました。

スポンサーリンク

レモンの木の虫対策⑥葉に虫食いの跡があったら

アゲハ蝶の幼虫は初めは小さいのでレモンの木の葉の縁がギザギザに食害されていたりします。

大きくなってくると食べられた範囲が大きくなってくるのですぐにわかります。

ひどいと葉脈だけが残っている、なんていう状態になります。

いずれにせよ5月ごろにレモンの木の葉に虫に食われた後があるときはアゲハ蝶の幼虫がいると思ってください。

見つけやすいのは日中気温が上がる時間帯よりも朝でしょうか。

アゲハ蝶の幼虫が葉を食べる時間は見つけやすい場所に出てきていますので割り箸などで捕獲して処分します。

アゲハ蝶の幼虫は小さい時は黒っぽく、大きくなると黄緑色をしていて、植物の色に紛れています。姿が見当たらないときは茎や枝に沿って張り付いていたり、葉の裏側に隠れていたりしますのでよく探して下さい。

レモンの木の葉の上に黒い小さな虫の糞がポロポロと乗っかっている場合があります。

その近くには必ずアゲハ蝶の幼虫がいます。

葉の食われ方をみると、これはだいぶ大きいやつがいるな、とか離れた場所の葉が食われている場合は1匹じゃないな、とかがなんとなくわかると思います。

アゲハ蝶の幼虫はあっという間に葉を食べてしまうのでその日見つけられないと、次の日までの間にまた虫食いになる葉が増えるだけです。

卵が孵った初期は小さくてかえって見つけにくいかもしれませんが、なるべくなら小さいうちの方が被害は小さいので、注意深く探すようにしましょう。

産卵の時期は限られますのでアゲハ蝶の幼虫はこの時期だけ注意していれば大丈夫です。見つけて捕獲すればよいので殺虫剤などは必要ありません。

レモンの木につく白い虫、コナカイガラムシは要注意

レモンの木につく虫の中でもカイガラムシは厄介な害虫です。

カイガラムシはたくさん種類がありますが、白い粉みたいなものがレモンの木の枝に張り付いていたら要注意。

これが白い虫、コナカイガラムシです。

カイガラムシ全般、春から秋はいつでも発生し、冬も休眠した状態で木に張り付く虫です。

カイガラムシは繁殖力が旺盛で放っておくとどんどん増えますし、カイガラムシという名前の通り成虫は殻を被っていて一般的な殺虫剤が効きにくい部類の害虫です。

アブラムシと同じく吸汁害虫ですが、アブラムシよりもカイガラムシに吸汁されると植物はたちまち元気がなくなります。

ひどいとそのまま枯れてしまうこともあります。

またカイガラムシの出す分泌液のためにレモンの木がすす病を発症しやすくなります。

生命力、繁殖力が強く駆除しにくくレモンの木への害も大きい。

カイガラムシはかなり悩ましい害虫です。

スポンサーリンク

レモンの木の虫対策⑦カイガラムシの駆除

白いコナカイガラムシも、その他のカイガラムシも駆除方法は同じです。

殺虫剤を使いたくないなら葉の裏や枝やについたカイガラムシをこそげ取るとよい、と言われています。

でもこれでは取り残しが出ますし、そうなるとまたすぐにカイガラムシが増えてきてしまいます。

いたちごっこをしている間にレモンの木が弱ってしまいます。

なるべくなら自然栽培、有機栽培が好ましいとは思うのですが、カイガラムシだけは殺虫剤を使うことをお勧めします。

カイガラムシはそのくらい執拗な駆除しにくい害虫です。

レモンの木につく白い虫、カイガラムシは春から活動が活発になる

カイガラムシは気温が上がってくると幼虫が活動を始めます。

カイガラムシにはたくさんの種類がありますが、成虫になると殻を被って枝にじっとはりつくものが多く、この殻はロウのようなものでできていて水を弾くことから散布する薬剤などの効き目が得られにくくなります。

こうなってくるとシュッとスプレーして駆除、というわけにいかなくなるので浸透移行性のある殺虫剤を使います。

浸透移行性とは散布された薬剤が植物に吸収されてその汁を虫が吸うことで殺虫成分の効果が得られるものです。

モスピラン顆粒水溶剤、ダントツ水和剤などが浸透移行性でカイガラムシなどにも効果があり柑橘類にも使える農薬になります。

ダントツ水和剤は収穫の前日まで、モスピラン顆粒水溶剤は収穫の14日前までが使える時期になります。

カイガラムシは幼虫の方が駆除しやすいので春、カイガラムシを見つけたら油断せずに即駆除することが必要です。

殺虫剤を使うのは本意ではなくても大切なレモンの木を枯らしてしまうよりもずっといいです。

スポンサーリンク

レモンの木につく白い虫、コナジラミにも要注意

レモンの木につく白い虫にはもう一つ、コナジラミがいます。

コナジラミはカイガラムシと同じカメムシの仲間で植物の汁を吸汁する害虫です。

カイガラムシと同じく繁殖力が強く、分泌液でレモンの木が汚れるとすす病を発症してしまいます。

カイガラムシと違うのはコナジラミの成虫には羽が生えていて木を揺らすとパッと小さな白い虫が一斉に飛び回る、ということです。

飛び回るということは他の植物にも影響がありますからカイガラムシ同様見つけたら即駆除が必要です。

中途半端な害虫駆除のやり方で残留組がいるとまたあっという間に白いコナジラミが増えてしまいます。

昨年まで鉢植えの柑橘類を2鉢育てていましたがその2鉢にコナジラミがついてしまいました。

殺虫剤は使わず葉水をしたりコナジラミの幼虫をこすり取ってみたりしたものの、葉は汚れてすす病が発生してしまい、手の施しようがない状態にしてしまいました。

やはり意地を張らずに殺虫剤を使えばよかった、とその時は後悔しました。

人間だって病気になったらお医者さんにかかったり薬を飲んだりしますよね。

ですからそれ以来、コナジラミとカイガラムシだけは見つけたらすぐに殺虫剤を使おうと心に決めました。

吸汁とすす病のダブルパンチではレモンの木はなすすべなし、です。

二つの害虫だけは殺虫剤を使おうと決めてから、育てているハオルチアに白いコナカイガラムシがついたことがありました。

迷わずすぐにカイガラムシに効果のあるダントツ水和剤を散布したら、元気なく成長が止まってしまっていたハオルチアが1週間くらいで元気を盛り返し、また大きくなり始めました。

カイガラムシに吸汁されることでこれだけはっきり植物の成長が阻害される、ということもわかったので、今後は躊躇なく、カイガラムシ、コナジラミは即刻殺虫剤を使って駆除していこうと思います。

スポンサーリンク

レモンの木につく白い虫(まとめ)コナカイガラムシとコナジラミ、害虫駆除の対策時期は春

レモンの木につく白い虫、カイガラムシとコナジラミは春、幼虫が動き始める時期一番駆除しやすいです。

浸透移行性の殺虫剤を4月に入ったら2〜3週間に1回〜3回程度散布しておくことで対策ができます。

何度か殺虫剤を散布することで1回目の時はまだ孵化していなかったカイガラムシやコナジラミを駆除することができます。

レモンの木に実がなる前にしっかり駆除しておけば、その後は薬剤をまかなくてよくなるので植物に吸収された成分も代謝されてしまうのであまり気にしなくてよいでしょう。

ダントツ水和剤は収穫前日まで使える、と説明書にありますからどうしてもの緊急時には助けになると思います。

レモンの木の冬の害虫対策とは

レモンの木は常緑で、冬の間も葉は落ちませんが気温が下がると成長は止まります。

冬の休眠期の間は、カイガラムシやコナジラミも活動が止まります。

レモンの木の枝についたカイガラムシやコナジラミを丁寧にこすりとることもできますし、マシン油乳剤という薬剤で殻を被った成虫を駆除することもできます。

これは機械油を散布することで殻を被ったカイガラムシの成虫を窒息させる薬剤です。

冬の時期に限定して使います。

すでにカイガラムシがついてしまっているレモンの木は冬の間にしっかり成虫の害虫駆除をして、春先に浸透移行性の薬剤で予防を兼ねて幼虫の駆除をしておくとよいかもしれません。

スポンサーリンク

レモンの木の虫対策はしっかりと

レモンの木の大敵の害虫、特に厄介な白い虫、コナカイガラムシとコナジラミについて薬剤を使って虫対策をすればアブラムシやアゲハの幼虫も薬剤の効果で結果的に害虫駆除することができます。

人間も病気になればお医者さんにかかって薬を飲みます。

植物は口に入れるものだから有機栽培がいいとは思いますが、どうしてもの時はあまり無理をせず、必要な時には薬剤を使わないと植物を枯らしてしまったり、廃棄するしかない状態になってしまうこともあります。

新しい苗を買って育て直すのはそこからまた2〜3年必要になりますし、お金もかかりますよね。

ベニカシリーズで有機認定の殺虫剤があることを紹介しましたが、原料の除虫菊に含まれているピレスロイドは昆虫に効果はあっても動物には毒性がほとんどない安全で天然素材の殺虫成分です。

別の記事で除虫菊の育て方と手作りの除虫菊スプレーの作り方についても紹介していきますので、記事が書けたらこちらにもリンクを貼りますね。

野菜と違って果樹は何年も大切に育てていくものですから、害虫の影響についてはしっかり考えていかなければよく年にも影響が出ます。

大切な植物に虫がついているのを見つけると本当に気持ちがトーンダウンしてしまいます(笑)

中でも特にカイガラムシは本当に植物の元気が無くなっていくのでしっかり駆除することをお勧めします。

春と秋にレモンの木につく虫の対策をして無事に乗り切ったら、いよいよ冬越しの時期です。

レモンは冬越しも重要なポイントですのでこちらの記事で、レモンの木の冬の手入れについて紹介しています。

レモンの木の育て方|鉢植えレモンの冬越し、冬は室内で暖かく、冬後の春の花の手入れと剪定も大切