除虫菊(ジョチュウギク)栽培、殺虫の効果と育て方、除虫菊スプレーの作り方とは?

スポンサーリンク

除虫菊(ジョチュウギク・ムシヨケギク・ピレスラム)を知っていますか?

マーガレットのような花が咲くキク科の植物です。

キク科の植物は薬効があるものが多いのですが、この除虫菊はちょっと特殊な効果を持っています。

植物を育てることを楽しむ人は知っていると助けになることもあるかもしれませんので、育て方や利用の仕方を紹介します。

除虫菊(ジョチュウギク)の成分ピレトリンには殺虫効果がある

除虫菊、というと知らない人も多いかもしれませんが、蚊取り線香は誰もが知っている虫除け剤ですよね。

この蚊取り線香の原料が除虫菊です。

除虫菊にはピレトリンという殺虫成分が含まれています。

これは虫には効果があっても動物にはほとんど毒性がないことで知られ、私たちが長く蚊取り線香として日常で使ってきた成分です。

除虫菊スプレーを作れば天然の殺虫剤になります。

現在はこの天然のピレトリンと構造がよく似た合成ピレスロイドという成分が開発され、殺虫剤にはピレスロイドが使われることが多くなりましたが、現在でも天然の除虫菊を使った蚊取り線香は販売されています。

蚊取り線香で有名なキンチョーの会社名は大日本除虫菊株式会社です。

ずっと勝手にキンチョーが社名だと思っていたので

「へえ〜」と思いました(笑)

スポンサーリンク

ピレトリン、ピレスロイドは人や動物への毒性が低い

ピレトリン、ピレスロイドは昆虫に対しては殺虫効果がありますが人や動物に対しては毒性がほとんどないことで知られています。

一つだけ、魚に対しては強い毒性を発揮する場合があるので、近くに魚がいる、という場合にはその水に薬剤がかからないよう使用に注意が必要です。

除虫菊を栽培すれば殺虫効果を得られるのか?

多くの人が疑問に思うのは、除虫菊栽培したらそれだけで殺虫効果があるのか、ということです。

答えはノーです。

除虫菊の中でも殺虫成分が一番多いのは花の部分です。

そしてこの花を乾燥して粉末にしたものを燃やすと殺虫成分のピレトリンが気化して殺虫効果を発揮します。

もう一つは除虫菊スプレーを作って噴霧することで殺虫剤として利用することができます。

栽培しているだけでは殺虫効果は期待できませんので注意しましょう。

実際の除虫菊は日本で育てるには日本の夏の少々蒸し暑さがマイナス要因になるので、夏場には涼しい日陰などの場所で過密にならないように育てる必要があります。

過密に育てると蒸れたり、アブラムシなど害虫がつきやすくなります。

除虫菊であっても、害虫はつきますので油断しないでくださいね。

除虫菊の栽培方法

除虫菊栽培は苗を園芸店で入手するか、種から蒔いて育てる方法があります。

いずれにせよ花が咲くのは種まきした翌年になります。

サカタのタネでロビンソンミックスという少し珍しい赤花除虫菊の種を販売しています。

赤花と言っても濃いピンク、薄いピンク、白のミックスの種で観賞価値が高い品種です。

除虫菊の殺虫成分が一番多いのは白い花でシロバナムシヨゲギクとも呼ばれていますがこの赤花でもピレスロイドは含まれています。

スポンサーリンク

除虫菊栽培|種まきして育苗する

除虫菊栽培する時は、春に種まきして育苗したのち定植して、夏場は日陰の涼しい場所で株を育てていきます。

種まきの適期は4月から5月にかけてです。

濡らしたティッシュなどに種を包んで乾かないようにラップで包み、1週間ほど冷蔵庫などでタネに水分を含ませてから育苗トレーなどに種まきします。

本葉2〜3枚になったら小さなポットに苗を植えて育苗し、しっかり根鉢が回ってから定植します。

地植え、鉢植えどちらも栽培可能です。

除虫菊は多年草で株が大きくなりますので定植の時には元肥をしっかり施した土で栽培します。

草丈は地植えなら1mくらいになるので鉢植えの場合は一株を6合鉢に植えるぐらいの方がよいでしょう。

苗の間は成長はとてもゆっくりです。

焦らず翌年を楽しみに栽培しましょう。

除虫菊栽培|風通しが悪いと病害虫が出る

除虫菊栽培はあまり密植して風通しが悪くなるとアブラムシはじめ病害虫も出やすくなります。

株間は十分にとって、風通しよく育てます。

夏場の高温多湿は苦手で、根腐れしてしまう場合もありますので、夏は日陰になるような風通しのよい場所で育てます。

除虫菊栽培|冬場の手入れ

除虫菊は耐寒性があるので冬場も葉が枯れません。

地植え栽培の場合は1年目の冬だけは敷き藁などで霜よけをしてやります。

鉢植え栽培の場合は日当たりのよい暖かい場所に鉢を移動するなどしておきましょう。

そのまま地上部の葉がある状態で、越冬します。

スポンサーリンク

除虫菊栽培|2年目の春以降

2年目の春に株が成長を始める3月頃に少し追肥をしてやりましょう。

5月〜7月には花を咲かせます。

花後に再び追肥をしてその後の株が充実するようにします。

花は水揚げがよいので切り花としても利用できます。

刈り取って乾燥させて除虫菊スプレーを作るために利用することもできます。

株が大きくなったら2〜3年に1回株分けして増やすことができます。

あまり大株になって密植状態になると夏場に蒸れて枯れてしまいますので適宜株分けをします。

除虫菊スプレーの作り方

天然の殺虫成分の除虫菊スプレーを作っておくとベランダガーデニングに重宝します。

除虫菊スプレーの作り方は簡単です。

乾燥した除虫菊の花の部分をホワイトリカーに漬け込みます。

200ccのホワイトリカーに10gの乾燥した除虫菊の花を入れるくらいが目安だと思います。

自分で育てている場合は除虫菊の花を摘み取ってすぐにホワイトリカーに漬け込んでも除虫菊スプレーを作ることができます。

にんにく3かけ、唐辛子5本も一緒に漬け込みます。

分量はあまり厳密でなくても大丈夫です。

ガラス瓶に入れて、明るい日の当たる場所に置いて3週間以上おいたものが除虫菊スプレーの原液になります。

これを使う分だけ水で500倍程度に薄めれば除虫菊スプレーの完成です。

除虫菊スプレーを水を弾くような植物に使う場合には、原液を薄めるとき、展着材の代わりに石鹸水や食器用洗剤をわずかに加えてスプレーするとよいでしょう。

木酢液、竹酢液などを加えてもいいです。

除虫菊の育った環境によっても出来上がったスプレーの殺虫効果は違ってくると思いますので参考になりますが、よかったら試してみてください。

天然の除虫菊パウダーも販売されているので、そういったものを購入して、ホワイトリカーで漬け込んで、除虫菊スプレーを作れば品質も安定していてよいと思います。

ホワイトリカーに助け混む時にはだしパックなどに除虫菊パウダーを入れて作るとよいでしょう。

スプレー容器は水に溶けない粒子が混入していると詰まってしまいます。

だしパックなどに除虫菊パウダーを入れて作ったとしても出来上がったものはしっかり不織布や天ぷら油用の濾過紙などで濾してからスプレー容器で使うようにしましょう。

私は薄いピンク色の除虫菊の生花でこの除虫菊スプレーを作りましたがアブラムシには確かに効果がありました。

除虫菊を育てるところから除虫菊スプレーを作るとなると少し気が長い話になりますが、植物と戯れる楽しみの一つと思えば結構楽しめます。

ロビンソンミックスのピンクの除虫菊は花も綺麗でしたし葉の形も美しいので、少し手間はかかると思いますが、観賞用に育てるのも楽しいと思います。

スポンサーリンク

アブラムシと天敵、てんとう虫の幼虫の話

てんとう虫の幼虫はアブラムシの天敵と言われています。

てんとう虫の幼虫はアブラムシを食べます。

以前路地の家庭菜園をやっていた時、初めて植えたそら豆の茎の一番てっぺんにアブラムシがおびただしい数発生したことがあります。

そら豆は50粒くらい種をまいて育てていたのですが、そのほぼ全部のそら豆のまっすぐ伸びた先っぽ10cmから15cmにアブラムシがびっしりついて真っ黒になってしまいました。

それでも薬剤は使わず、そのまま自然に任せておいたのですが、アブラムシが大発生した後、今度はてんとう虫の幼虫がたくさんやってきて、2〜3週間の間にアブラムシをどんどん食べてくれて、気がついたらアブラムシはほとんど気にならなくなっていました。

中には2〜3本先っぽが病気になってしまったものもあったのですが、大量のアブラムシが発生したのにもかかわらずほとんど被害はなく、てんとう虫の幼虫がアブラムシを綺麗に掃除してくれたのです。

後から農家の方に聞いたら、そら豆の花が4〜5段咲いたら、だいたい高さが70cmくらいだと思いますが、先っぽの茎10〜15cm程度は切り取って摘心してしまうのだそうです。

こうして成長を止めることでさやに栄養を回すのだそうです。

不思議なことにアブラムシはそのいらない先っぽの10〜15cmのところにだけびっしりついて、しかもそこにてんとう虫の幼虫が大量に現れて綺麗にアブラムシを食べてくれて、後には平和が戻ってきたのです。

自然のサイクルは本当に上手くできているなあ、と心底感心したのを今でも覚えています。

いつもこんな風にうまく自然のサイクルが回ってくれればいいのですが、ベランダで植物を育てる場合はなかなかそううまくはいかず、乾燥がちだったり風通しが悪かったりで、ハダニやアブラムシ、その他の害虫や病気が出ることもあります。

自然な方法で駆除できるものもありますが、どうしても大量発生してしまったり、植物の元気がなくなってしまっている時は、無理をせず薬剤を使うことも選択肢に入れておくとよいと思います。

そんな時、自分で作った除虫菊スプレーがあれば手軽ですし、安心して使えます。