カモミールティーやカモミールオイル(精油)、カモミールローマン、カモミールジャーマンの効果と使い方とは?

スポンサーリンク

カモミールはとても有用な植物、ハーブでお伝えしたい情報量も多いことから二つの別記事でどういう植物なのかということと、その育て方について紹介してきました。

この記事ではカモミールティーやカモミールオイル(精油)などの使い方とその効果について紹介します。

カモミールの種類についてはジャーマンカモミールの方が一般的に利用されているので、ジャーマンカモミール主体に書いています。

比較的安全で効果もありヨーロッパでは古くから薬草として扱われてきたカモミールですが、キク科の植物にアレルギーを起こす人は、カモミールにも反応が出る場合があるので注意してください。

よく耳にする「ブタクサアレルギー」の「ブタクサ」もキク科の植物です。

スポンサーリンク

カモミールの使い方

カモミールの効果や効能はジャーマンカモミールもローマンカモミールも鎮静効果があるため特にハーブとしては同じように扱われることが多いです。

カモミールは花を生でもドライでもハーブティーとして飲んだり、煮出した浸出液を外用として利用することができます。

またローマンカモミールの場合は葉自体にもりんごの香りがありますので、花だけでなく葉も入浴剤などに用いることができます。

そのほかにカモミールは精油(アロマオイル)を抽出してアロマセラピーや香水の原料として利用されます。

この精油に関してはジャーマンカモミールとローマンカモミールでは成分が全く違っています。

一般的にはジャーマンカモミールの精油が有名でよく利用されています。

冒頭でキク科アレルギーについて触れましたがそれ以外にも妊娠中や体調が悪く通院してお薬を飲んでいる場合などはカモミールだけでなくハーブ全般の利用に関して必ず医師に相談しましょう。

通常のケースでは適量といわれる範囲の利用であればカモミールは安全なハーブでありその効果は私たちに優しいものですので、気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

カモミールティーの効果

カモミールティーは安心、リラックスのお茶といわれています。

カモミールには消炎鎮痛効果があることで知られており、喉の痛みを感じたり、風邪のひき始めにハーブティーを飲むとよいといわれています。

そのほかリラックス効果があるため、カモミールのハーブティーを飲んで寝るとよく眠れることは古くから知られています。

逆に車の運転をしたり、何かに集中したいときなどはカモミールティーは避けて、ローズマリーやグレープフルーツなど集中力を高める効果のある香りを利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク
カモミールティーに使う花はフレッシュでもドライでも利用できます。

フレッシュは春の時期だけ味わえる初夏の季節の味と香りで、ハーブティーの色も明るい黄色が映えるので是非耐熱性のガラスのティーポットでお茶をいれてその色を楽しんでみて下さい。

カモミールティーはシングルハーブティーでも美味しいですが、ペパーミントとブレンドしたものは口の中や喉もスッキリして個人的にとてもおすすめです。

ミントにも抗菌や消炎鎮痛作用があり、ハーブティーとしての効能も組み合わせとして相性がよいですし、何より香りがとても素晴らしいです。

他にもお好みでカモミールがリンゴの香りのするハーブですからレモンやフルーツの香りのするハーブと組み合わせてお好みのハーブティブレンドをしてみるのも楽しいです。

ドライでも乾燥でもカモミールをティーポットに入れて熱湯を注ぎ、5分以上おきます。

風邪の予防などにカモミールティーを飲むときは少し濃いめのハーブティーにするよよいでしょう。

花の量はティーカップ1杯にカモミールの花5〜6輪から始めてお好みで加減してください。

フレッシュはドライより少し多めに花を使うのがおすすめです。

ジャーマンカモミールとローマンカモミールの花のハーブティーは、ジャーマンカモミールの方がマイルドで、ローマンカモミールのハーブティーはキク科特有の苦味が少し感じられます。

ローマンカモミールには八重咲きのダブルフラワーカモミールという品種があります。

こちらも同じくハーブティーに利用されます。

八重咲きのドライのカモミールがハーブティの茶葉としてブレンドされていると見た目にも華やかな花茶になります。

マリーゴールドの花びらなどと合わせたブレンドティーもおすすめです。

スポンサーリンク

カモミールオイル(精油)の効果

ジャーマンカモミールとローマンカモミールのオイル(精油)はどちらにも消炎鎮痛作用や鎮静効果がありますがその成分は異なります。

ローマンカモミールの精油はわずかに褐色がかっているかほぼ無色透明で、鎮静効果があるといわれています。

ジャーマンカモミールの精油にはアズレンという成分が含まれています。

このアズレンは青色をしていることでよく知られており、採取したてのカモミールの精油も含まれているアズレンのために青色をしています。

そのためジャーマンカモミールはブルーカモミールと呼ばれることがあります。

ジャーマンカモミールの精油は時間の経過とともに徐々に褐色がかっていくので、採取から時間がたった精油は写真のようにやや緑色っぽく見えてきます。

たくさんの花からごくわずかな量しか採取できないためカモミールオイル(精油)は他の精油に比べて高価です。

このアズレンには消炎鎮痛作用があることから、アズレンはうがい薬や喉スプレー、胃腸の粘膜の治療薬などに使われている他、化粧品やシャンプーなどにも利用されています。

カモミールの精油は貴重なのでお肌のお手入れなどに活用するのがおすすめです。

お好みのキャリアオイル(ベースオイル)に対してカモミールオイルを0.5%くらい垂らすところから始めて、肌のマッサージに使ったり、関節などの痛みのある部分のマッサージに利用してもよいでしょう。

キク科の植物ですのでくれぐれも事前にパッチテストをしたり、ご自分が使って大丈夫かどうかは自己責任で判断して下さいね。

ジャーマンカモミールのカモミールブルー

上の写真、実は右側にはローマンカモミールの精油も垂らしてあるのですが、ほとんど無色透明のため写真では見えませんでした(笑)

ずいぶん前に購入したものでずっと大切に遮光して保存していましたが、購入したての頃はもう少し青みが強くブルーグレーのような色合いをしていました。

精油でこんなに色があるのはジャーマンカモミールくらいなのではないでしょうか。

この記事を書きながら、あたりにはカモミールの香りが強烈に漂っています。

天然のカモミールブルー、いかがでしたか?

その他のカモミール関連記事

カモミールの和名と花言葉、ジャーマンカモミール、ローマンカモミールの種類と違いは?

カモミールの育て方、種まきから発芽、苗、花、収穫まで、花の時期・季節と気をつけたいアブラムシ