食用アロエ、アロエベラの食べ方|その栄養と効果、キダチアロエとの違いは?

スポンサーリンク

アロエが体にいいことは古くからよく知られており、民間薬としてすりおろして食べることで胃腸の調子を整えたり、怪我や火傷の塗り薬として用いられてきました。

中でも食用として人気の高いアロエベラは市販のヨーグルトなどにも使われたり、近年ではたまにスーパーの野菜売り場でも生の葉の状態のものを見かけることもあり、とても身近な存在です。

アロエベラはさっぱりとしていて美味しく体にもよいので、その食べ方や栄養、一般に知られている健康によいとされる効能・効果、キダチアロエとの違いなどについて紹介します。

スポンサーリンク

アロエベラはどんな植物?その効果は?

アロエベラは暖かい地域でよく育つアロエ科アロエ属の多肉植物で、細長く尖った葉の両端に小さなトゲがあります。

かつてはユリ科の植物とされていましたが近年の植物分類体系はより細分化されていて、どの分類体系で見るかによって科名や属名が違っています。

日本で食用や薬用に使われるアロエは3種類あります。

1. ケープアロエ(学名:Aloe ferox Mill)

日本薬局方で医薬品として用いられるアロエです。

葉の液汁を乾燥して粉末にしたものが医薬品として扱われます。

医薬品ですから一般の人は医師や薬剤師の指示のもとで利用するものになります。

葉肉や根は医薬品としては扱われません。

2. キダチアロエ(学名:Aloe arborescense Mill)

日本でも古くから民間薬や観賞用の鉢植えとして親しまれてきたアロエです。

こちらは医薬品の扱いではなく、民間薬として用いられてきました。

健胃や下剤として生の葉をすりおろして食べたり、すり傷や火傷に新鮮な生の葉のゼリー部分を薄く切って貼り付けたりして使われてきました。

権威や下剤としての利用については妊娠中や授乳中、12歳以下の子どもには禁忌とされていますので、民間薬といえど利用には注意が必要です。

スポンサーリンク

3. アロエベラ(学名:Aloe vera (L.) Burm.f. )

アロエベラは食用アロエとして人気があります。

大きく育ったアロエベラの葉の表面の皮をむくと、中に透明なゼリー質があり、これを生のままスライスして刺身のようにして食べたり、ヨーグルトに混ぜていただきます。

アロエベラのゼリー質の部分は、ほとんど味はなくつるりとした食感と透明感のある見た目の清涼感を楽しみます。

アロエの葉肉のゼリー質にはほとんど薬効はありませんので、誰でもが気軽に食品としてアロエの爽やかな食感を楽しむことができます。

アロエベラとキダチアロエとの違いと見分け方

アロエの種類で紹介しましたが、キダチアロエとアロエベラはまず大きさが違います。

アロエベラは大きくなると1mほどの高さになり、一枚一枚の葉も幅が10cm以上になるものもありかなり大きく成長します。

葉に小さな白い斑が入っている品種が鉢植えとしてはよく出回っており、葉の表面に透明感のある艶があります。

キダチアロエの葉は淡い緑色一色をしていて、茎が伸びて草丈が高くなったとしても葉がアロエベラのように大きくなることはありません。

キダチアロエの葉の幅は、根元の一番太い部分でも3〜4cmくらいでしょうか。

葉の大きさと斑点、艶でキダチアロエとアロエベラははっきり違いがわかります。

また食品としての用途でも、葉肉のゼリー質はアロエベラの方が葉が大きく量を確保しやすいので、食用アロエとして市販のヨーグルトなどに用いられているのはほとんどアロエベラになります。

スポンサーリンク

アロエベラの栄養

アロエベラは体にいい、と言われ様々な健康食品も存在しますが、文部科学省の食品成分データベース(参照元)にはアロエの葉の可食部、つまりゼリー質の部分については100gあたり3kcalということくらいしか記載がなく、その他のミネラルや食物繊維などに関する情報がありません。

低カロリーのヘルシーな食品であることには間違いはないですが、アロエの様々な薬効は皮の部分にありますので、必要以上に健康効果を期待するものではない、ということなのかもしれません。

日本では上記で紹介したようにケープアロエのみが医薬品として扱われますが、キダチアロエもアロエベラも皮の部分には薬効のある成分は含まれており、国によってはアロエベラが医薬品として扱われている国もあるようです。

私たちが安全に食品として楽しむことができるのは苦味のある皮の部分を取り除いた、ゼリー質の葉肉の部分であることは間違いありません。

アロエベラの食べ方

アロエの種類や薬効についてわかったところで、アロエベラの食べ方について紹介します。

最初からゼリー質の部分だけを一口大にカットしてあるものならそのまますぐに食べられますが、生の葉を自分で皮をむいたものは、カットされている加工品のアロエベラよりももう少しツルツルした食感があります。

生でないと楽しめない食感ですので、もし生のアロエベラの葉をスーパーなどで見かけたらぜひ試してみてくださいね。

1枚の葉が結構大きいですが皮を剥くとゼリー質の部分は少ししか取れませんので、なるべく厚みのある大きな葉を選んで入手します。

1枚の葉は大きいので、買ってきたら、根元の方から1回に食べる分だけの長さを最初に切り分けて、残りは切り口にラップをして冷蔵保存します。

カットしたアロエベラの葉の両端のトゲの部分をまずカットします。

次に葉の表裏の皮をちょうど魚を3枚に下すようなやり方でそぎ取り、中の綺麗なゼリー質の部分だけにします。

ゼリー質の部分だけになったアロエベラを好みの大きさ、厚さにスライスして器に盛り、冷やしていただきます。

生姜醤油などで刺身にしてもよいですし、サラダのトッピングにしてもいいでしょう。

デザートとしてはちみつをかけたり、バニラアイスをのせていただくのも美味しいです。

味は淡白でほとんど味がないので、食感を楽しみながら色々な食べ方を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする