少量でも作れるベランダ堆肥の作り方、発酵と腐敗の違いと上手に堆肥を作るコツとは?

スポンサーリンク

野菜や花を育てる時、堆肥を土に混ぜると植物が元気に育ちます。

一口に堆肥と言っても牛糞堆肥、馬糞堆肥、植物性のバーク堆肥や腐葉土などがありますが、この他に生ゴミを活用した生ゴミ堆肥もあります。

一般的には畑や庭の隅っこに堆肥ボックスを作って、そこに材料をどんどん積み重ねて、途中でなんども切返しながら発酵させて半年以上かけて未熟な有機物を堆肥にします。

でも庭がない場合は堆肥ボックスを設置するほどのスペースもないし、そもそも堆肥自体もそんなにたくさんの量は必要ありませんので、自作であまりお金をかけずに少量の堆肥を作る方法を紹介します。

スポンサーリンク

堆肥づくりの大敵は虫、ハエ

堆肥を作るときの一番の悩みは生ゴミの匂いに引き寄せられてハエなどの虫が寄りつくことです。

広い庭などの屋外ならあまり気にしなくて済むかもしれませんが、ベランダにハエが飛来するのは嫌ですよね。

そこでハエも寄りつきにくい状態で堆肥を作るコツを紹介します。

ポイントは匂いを出さないこと。

そのために必要なのは密閉と水分調節です。

堆肥づくりで重要なのは腐敗ではなく発酵、その違いとは?

堆肥は有機物を微生物の力を借りて分解して作ります。

このとき、人間にとって有用な菌による分解を発酵と呼び、人間にとってはありがたくない菌によって分解されることを腐敗と言います。

乳酸菌で作るチーズやヨーグルト、麹菌、酵母で作るお酒や味噌は発酵食品。

食べ物が雑菌が繁殖して悪臭とともに分解されるのは腐敗。

人間様のご都合により呼び方が変わるわけです。

堆肥もなるべくよい菌で分解してもらいたいのでそのための環境を整えてやる必要があります。

スポンサーリンク

堆肥づくりに必要な材料

過程で生ゴミ堆肥を作るために必要なのは野菜クズなどの生ゴミと、微生物が基本です。

野菜くずだけでなく、プランターで育て終わった野菜の残渣なども利用できます。

卵の殻は天然の石灰なので殻の内側の膜を取ってから砕いて3〜4個分の殻を入れると酸度調整ができるのと、植物がカルシウム補給ができるのでお勧めです。

そのほかに程よく発酵してもらうために水分調節が大切なので、土も野菜くずの1/3から1/4量くらい、大雑把で大丈夫なので用意します。

使い古したプランター用土を再生を兼ねて利用しましょう。

微生物は自然なもので生ゴミの発酵を促進するなら米ぬかを混ぜるのがよく使われる方法です。

さらにビシッと有用菌で決めたいときは生ゴミ堆肥用や、土壌改良用の微生物資材を使うとよいです。

米ぬかは近所にお米やさんや精米所があれば、そこで安価に入手可能です。

米ぬかの入手が難しい場合はホームセンターなどで、土壌改良剤、生ゴミ堆肥用の微生物資材を購入するのがおすすめです。

家庭でちょっと作る分くらいなら1000円前後で入手して結構使えます。

余るようなら、土に土壌改良剤としてそのまま混ぜてやればよいので無駄がありません。

Balcofarmは米ぬかがあるときは米ぬかも混ぜながら生ゴミ堆肥用の微生物資材も併用して使います。

米ぬかは肥料としても優れていますので手に入るなら積極的に取り入れたいところです。

最後に堆肥ボックスを用意しますが、これ、ベランダで少量を作る方法なので、スーパーやドラッグストアでもらうビニール袋などでOKです!

ただしあまり薄いと破れたり日光で劣化しますので、しっかり目のものを使いましょう。

必要なものは以上です。

慣れるまでは扱いが楽なように少量ずつ作ってみて下さい。

ただあまり量が少ないと発酵しにくいので、目安として2リットル以上の量は仕込むことをお勧めします。

スーパーの袋の大きいサイズに1/3くらい資材を投入するくらいが目安です。

あとで袋の中で上下を返したいので袋いっぱいには中身を詰めないで下さい。

スポンサーリンク

ベランダでの少量堆肥作りに適した時期

ベランダで少量の堆肥を作るのには適した時期があります。

少量でも温度を上げて発酵をしっかり促進させたいので、春、暖かくなってこれから気温が上がっていく4月から5月始め、というのが一番の適期です。

しっかり有機物の分解が進むために6ヶ月は時間を取りたいので、その時期に作り始めれば、気温が下がる前の9月か10月には十分に分解が進んだ堆肥が使える状態になります。

ちょうど栽培期間が長く楽しめる秋冬の野菜を育て始める時期にあたります。

自家製の堆肥をたっぷり投入すれば、美味しくて甘みのある葉肉の厚い小松菜やほうれん草、アスパラ菜、春菊や大根栽培を楽しむことができます。

堆肥を仕込む準備:野菜クズを用意する

台所ででる野菜の皮などは、皮を剥いたらその場でざっくり刻んでざるにとっておきます。

ついやりがちなのですが、上の写真のようにシンクの生ゴミカゴに入れておくと濡れて水分が多くなりますし、雑菌がついてしまいます。

生ゴミ堆肥に利用したい場合は、野菜クズもすぐにまな板の上で刻んで平たいざるなどに乗せて風通しのよい場所においてとっておきましょう。

野菜クズは少しずつ出ると思いますので、そのままざるに広げて水分を飛ばします。

ある程度乾いたら、ざるの隅に寄せて、また次に出た新しい野菜クズを空いたスペースに広げて、また乾かします。

程よくまとまった量が溜まったら、いよいよ堆肥の仕込みです。

仕込みをする日には、その日に出たばかりの乾いていない野菜クズも投入して大丈夫です。

スポンサーリンク

堆肥の仕込み:材料を投入する

用意したビニール袋の底に2cmくらい土を入れます。

土の代わりにココピートやピートモスを入れてもOKです。

万が一失敗したとき、ココピートやピートモスなら植物素材ですから燃えるゴミとしてそのまま捨てられます。

失敗が心配な方は最初は土の代わりに使ってみるのも一つの選択肢です。

ただ、水分が多くならないように管理すればほとんど失敗はありません。

土には余分な水分を吸収してもらう役目があるので、乾いた状態の土を入れます。

その上に土の2〜3倍の量の野菜クズや作物残渣を細かく切ったものを投入します。

野菜クズに米ぬかたっぷり2〜3握りくらい、微生物資材なら1握りをまんべんなくふりかけます。

野菜クズや作物残渣が完全に乾燥している状態のものばかりなら軽く湿らせるために表面全体に霧吹きします。

野菜クズや作物残渣が生の状態なら霧吹きは必要ありません。

軽く湿り気があるくらいの水分になるよう調整します。

生の野菜クズなどは分解するときに水が出ますので霧吹きはしません。

水分は多すぎると失敗します。

多すぎるよりは少なめの方がうまくいきます。

ここまでできたらビニール袋の中身を均一になるように混ぜ返します。

空気を入れて袋の口をぎゅっと閉じて袋が膨らんだ状態でフリフリすれば簡単です。

材料が均一に混ざったら袋の空気を出来るだけ抜いて口をしっかり閉じます。

ぐるぐると硬くねじって簡単にほどけないくらいにしっかりねじって巻きつけておくと密閉できて匂いも漏れませんし、次に開けるときに簡単に開けられるのでおすすめです。

この状態で1〜2週間置いておきます。

スポンサーリンク

堆肥の発酵を促す

発酵を促進するために温度を上げたいので、できれば袋ごと日光が当たる場所におきます。

発酵には酸素が必要ですので、最初の1〜2ヶ月は2週間に1回程度袋を開けて中を混ぜ返し、再び中の空気を抜いて口をしっかり閉じます。

米ぬかを入れて、上手に発酵が始まると最初は甘いよい香りがします。

そこからしばらくすると米ぬかの発行が進み、糠みそのような匂いがしてきます。

また袋を開けたとき、表面に白いカビのようなものが生えてきます。

白いカビならうまく発酵している状態ですので心配いりません。

定期的に袋の中身を混ぜ返して、酸素を送り込み、また余分な空気を抜いて袋の口をしっかり閉じます。

徐々に糠みその匂いもしなくなります。

もし赤とか緑色っぽいカビが生えてきたときは一度中身をシートに広げて日光に当て水分を飛ばしてから再び袋に戻して微生物資材をさらに一握り追加して同じように管理します。

発酵が落ち着いてくると匂いや白いカビが徐々に見られなくなり、袋を開けたときの状態があまり変わらなくなります。

こうなったら中身を混ぜかえす回数はもっと間隔をあけてOKです。

分解が進んで水分が多くなってきたときは乾いた土や米ぬかを足して余分な水分を吸収させるか、シートに広げて天日干しして水分を少し飛ばしてから袋に戻します。

シートに広げて干した場合は、袋に戻すときに米ぬかや微生物資材を追加してやります。

時々混ぜ返しながら、有機物が分解され、柔らかくなったら堆肥の完成です。

発酵が完了して十分に熟成した堆肥は甘い香りでもなく、糠味噌のような乳酸発酵の香りでもなく、広葉樹林を歩いている時のような、腐葉土の匂いがします。

この匂いの違いを覚えておくとよいと思います。

出来上がったものは日光の当たらない場所に移動して保管します。

スポンサーリンク

この堆肥作りでハエや虫が来ない二つの理由

堆肥作ると大抵はハエがやってくるのですが、この堆肥の作り方だと高さのあるベランダという環境もあるのかも知れませんがほとんどハエは来ません。

最大の理由はビニール袋をしっかり密封するので匂いが漏れにくいこと、水分を少なめにコントロールしているので、匂いの元となる余分な液体が染み出さないこと。

そしてそもそも量が少なくコンパクトであることでそんなに匂わないこと。

どちらも匂いに関するポイントですが、この二つは大きなポイントになっています。

Balcfarmでは、昨年栽培して今年の春に片付けた春菊の作物残渣に野菜クズ少々、米ぬか、土壌改良剤の微生物資材で4リットルくらい、ベランダ堆肥を作ったものが夏を越してふっかりしてきました。

最初に何回か袋の中身を混ぜ返しただけであとはほんとにたまにしかまぜかえさず、ほとんど放置でしたが(笑)それなりにいい感じになってます。

そろそろ秋冬の作物の準備を始めていますので、プランター用土に混ぜて土の準備をしようと思っています。

自家製堆肥を使うときの注意点

出来上がった堆肥は土に混ぜる前に嫌な匂いがしないか、虫が湧いていないか、変な色のカビが生えていないか、未熟な部分がないかなどを確認しましょう。

自家製堆肥をプランター用土に混ぜ込んで使う場合には、1年以上置いたものなら土に混ぜてすぐに作物を植えても大丈夫だと思いますが、特に夏を越してから仕込んだもので半年くらいまでのものは作物を植える1週間前には土に混ぜて、少しの間熟成する時間を取りましょう。

夏前に仕込んだものは気温も高く発酵が進みますので半年くらいでもしっかりこなれていればすぐに使って大丈夫でしょう。

万が一未熟な部分が残っていても土に混ぜてから1〜2週間おくことで、分解されます。

十分に分解される時間を置いてから苗を植えたり苗をまいて、元気に育つ野菜や花を楽しみます。

スポンサーリンク

ベランダ堆肥づくりのコツ

畑での堆肥づくりは大量に必要なので、積んだ資材を混ぜかえすのも大変な肉体労働なのですが、ベランダでいくつかのプランターに必要な分の堆肥を作るくらいならこんな風に手軽に堆肥を作ることができます。

たくさん作りたいときは一つの袋でたくさん作るのではなく、スーパーの袋の数を増やして作ります。

そのほうが混ぜ返したり、中身の状態、水分調節などの管理が楽です。

生ゴミが溜まった段階で少しずつ作り足すこともできます。

少しあれば十分なのでコンパクトに小回りがきくベランダでの生ゴミ堆肥づくり、挑戦してみてはいかがでしょうか。

よい堆肥で植え床を用意してやると、植物の育ちは目に見えて違います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする