オレガノとは|苗の育て方と種類、ハーブティや料理での使い方、その効能とは?

スポンサーリンク

オレガノはトマトやチーズと相性がよいイタリア料理にはなくてはならないハーブです。ピザ屋肉料理の煮込みなどのトッピングにドライヤフレッシュのオレガノを刻んで散らすととても香りがよいです。

葉の色も明るい緑色で、新芽が伸びる成長期の春から、花の咲く夏にかけて鉢植えとしても楽しめます。

鉢植えでもよく育つので1鉢あるととても重宝します。

オレガノとは?

地中海沿岸に自生するシソ科の植物です。

別名ハナハッカと呼ばれることもある香りのよいハーブです。

古代ローマ、ギリシャ時代から消化促進や殺菌作用があることで知られ、料理の香りづけや薬用、ハーブティとして用いられてきました。

現在では薬用として用いられることはほとんどなく、その香りの良さからやハーブ、スパイスとして料理に用いられています。

オレガノの効能

オレガノの香り、その精油はオレガノオイルとして、抗菌作用などが期待できるとして人気があります。

オレガノの香りの主な成分はカルバクロールとチモールで、これはタイムにも含まれている成分です。

タイムも消化促進や、抗菌、殺菌作用がしっかりあり、タイムのお茶をうがいに使うと咳止めや風邪の予防になる、と古くから言われてきました。

チモールはマウスウォッシュなどにも用いられている成分です。

オレガノやタイム、他にもローズマリーやセージなど強い抗菌作用をもつハーブはその殺菌作用から肉料理に防腐材として一緒に使われてきました。

スポンサーリンク

オレガノの種類

オレガノにはいくつかの種類、仲間がいます。私たちがよくお目にかかるのは、料理などに用いられるオレガノの仲間と、観賞用のオレガノ・ケントビューティーです。

オレガノ・ケントビューティー

オレガノ・ケントビューティーは観賞用のオレガノです。

花のガクの部分が何枚も重なり、色も白や淡いピンク色になるので、それが花びらのように見えてとても綺麗です。

葉は横に枝垂れて広がるので、グラウンドカバーなどに人気があります。

オレガノ

一般的な料理用のオレガノです。

香りがよく、夏に白、またはピンクの花を咲かせます。

別名ハナハッカと呼ばれる通りオレガノはシソ科でミントの近縁種で、育ち方もミントとよく似ています。

料理用に香りのよいものを選抜した品種で、グリーク・オレガノと呼ばれるものもあります。

乾燥気味の気候を好み、過湿になると葉が下葉から落ちてしまいますので、気温、湿度が高くなる梅雨は風通しよくしてやる必要があります。

オレガノは同じ仲間のスイート・マジョラムよりも葉が一回り大きく、スイートマジョラムと区別するためにワイルドマジョラムと呼ばれることもあります。

スポンサーリンク

スイート・マジョラム

その姿もオレガノとよく似ていますが、オレガノよりも香りが少し甘くスパイシーです。

花がころっとした形になるのが特徴で、花の咲く時期ならオレガノとの見分けがつけやすいです。

葉はオレガノより小ぶりなので、実物を見たことがあればしっかり見分けられると思いますが、ヨーロッパでもスイートマジョラムとオレガノは混同されることがあるそうです。

用途もオレガノとほぼ一緒で、トマトやチーズを使った料理や肉料理の香りづけに使われます。

ポット・マジョラム

ポット・マジョラムもオレガノの仲間です。

その姿はスイートマジョラムよりもさらにオレガノに似ています。

多分見分けがつかない。。。(笑)

日本国内ではポットマジョラムはあまりお目にかかることがありません。

お取り寄せしようと思えば苗を販売しているハーブショップがいくつかはあるようです。

オレガノ、スイートマジョラム、ポットマジョラムの違い

オレガノ、スイートマジョラム、ポットマジョラム、この3つのハーブは姿も香りも似ていて、用途もほぼ一緒。

ヨーロッパではよくオレガノと混同されることがある、と言われています。

実際Balcofarmもヨーロッパのある地域で、

「野生のオレガノを摘みに行くよ」

と言われて近くの山にオレガノを摘みに行ったのですが、その時、これが野生のオレガノだよ、と教えられたのはどう見てもスイートマジョラムだった、という経験があります。

土地の人たちはこの香りのよいハーブを摘むのを楽しみにしていて、夏になると野生のオレガノをたくさん摘んでドライハーブにして冬の間も料理に利用しているようでした。

土地の人にとって、季節の楽しみである香りがとてもよい貴重なハーブ。

確かにその香りは素晴らしく、それまで自分で育てたオレガノとは比べ物にならないほどでした。

珍重されるのもよくわかる、そんな素晴らしい香りで、改めてオレガノやスイートマジョラムが大好きになった経験でした。

日本でドライハーブとしても入手しやすいのはオレガノとスイートマジョラムの二つかと思います。

そのどちらでも同じようにトマト料理や肉料理に使うことができます。

スポンサーリンク

オレガノの育て方|苗から育てる

オレガノは地中海沿岸に自生する植物ですので乾燥気味の温暖な気候とややアルカリ性の土壌を好みます。

一株でよく増えますので、種をまくより苗を買って育てるのがおすすめです。

3.5cmのポット苗が春先にホームセンターなどで出回ります。

一度土に植えればどんどん増えますので逆に庭植えはよく考えて植えてください。

鉢植えにするなら、赤玉6、腐葉土6の用土に苦土石灰などを混ぜ込み酸性を中和しておきます。

その育ち方はミントとほぼ同じです。

ミントよりは少しだけ控えめではありますが、生育が早くあっというまに根も周り葉も茂るので、元肥を少々土に混ぜておき、そのあとは肥料切れしないように少量の肥料を様子を見ながら回数を多く施します。

水やりは鉢土の表面が乾いてからたっぷりと、が基本です。

地上部が育って葉が多くなると蒸散が盛んになるので夏場は朝夕2回の水遣りが必要になるかもしれません。

過湿に弱く、密生すると下葉から枯れこんでくるので、夏前、花が咲く直前に収穫を兼ねて刈り込んで風通しをよくします。

オレガノやミントは花が咲く頃が一番香りが強くなりますので収穫適期になります。

新しい茎葉がどんどん伸びるので、ここで思い切って刈り込んでも大丈夫です。

刈り込んだらすぐに少し追肥しておき、その後、夏の間は根を傷めないよう肥料を与えないようにします。

たくさん刈り取った葉は乾燥させてドライハーブにしましょう。

オレガノはドライの方が香りがしっかりたちます。

料理にもお茶にも利用できますから、たくさんあって困ることはありません。

秋に再び新芽が旺盛に伸びると思いますので、適宜料理に利用しましょう。

スポンサーリンク

オレガノの冬越し

オレガノは耐寒性がありますが、冬は地上部が枯れてなくなります。

鉢植えで暖かいところにおいておければ、枯れないかもしれませんが、葉が赤く焼けたり、成長は止まります。

そのため、冬越しに備えて秋の終わりに再び刈り込んでおき、来年の春の芽吹きに備えます。

根は生きているので、土を完全には乾かさないように、やや乾燥気味に水遣りはしておきます。

春になれば新芽が一気に芽吹いてきます。

オレガノの植え替え

オレガノは生育が旺盛なので土の中でもあっという間に根が回ります。

植え替えは毎年必ず行います。

古い土を落とし、根も1/3から半分くらい落として、新しい土に植え替えます。

土の消耗が激しいのはミントと同様です。

土が古くなるとあっという間に成長が鈍くなりますので、そうなったら根が回ってきたことを疑ってください。

春と秋ならいつでも植え替えはできますので、根詰まりになる前に必要なら1年に2回でも、成長した根の整理をしましょう。

下記、ミントの育て方を参考にしてください。

ミントの上手な育て方|プランターや鉢植えミントの育て方とミントの種類の見分け方、虫除け効果があるのはどれ?

個人的には香りに甘みの少ないキリッとした香りのオレガノが好きで、トマトソースにはドライ・オレガノをたっぷり振り入れて作ることが多いです。

スポンサーリンク

オレガノのハーブティや料理での使い方

オレガノを料理に使う

オレガノの葉は柔らかいので、フレッシュなものをサラダの香りづけに散らしたり、肉や魚の付け合わせとして添えるのもよいでしょう。

またオレガノはドライハーブにするとその香りがしっかり残り、とても素晴らしいのでぜひドライオレガノを煮込み料理に使ってみてください。

個人的にはトマトソースを作るときに、ドライオレガノをたっぷり入れるのが好きです。

チキンのトマト煮にはドライ・オレガノが最高に合います。

加熱しても香りはしっかり残りますから、仕上げというよりも煮込む時から加えることで肉の臭み消しにも効果的です。

オレガノのハーブティ

消化促進によいと言われていますので食後にオレガノのハーブティを飲むのもおすすめです。

ティーカップ一杯分はドライオレガノを細かくしたものをティースプーン山盛り1杯を目安に好みで加減してください。

沸騰したお湯を注ぎ5分ほど蒸らしていただきます。

レモンバーベナ やレモングラスなど、レモンの香りのするハーブやミントなどとブレンドしてもよいでしょう。レモンの香りのするハーブやミントには鎮静効果もあります。

オレガノ栽培、気軽に楽しんでみて

ハーブはなくても料理ができる、けれどあれば香りが素晴らしい、ちょっとしたご馳走料理になります。

スーパーでは小分けしたハーブが売られていますが、オレガノはバジルやイタリアンパセリに比べて流通量が少なくて、たまに売り場においてないこともあります。

自分で育てていればいつでも好きなときにたっぷりのオレガノを満喫することができます。

オレガノは育てやすい上に、料理に使うにも使いやすいハーブですので、ぜひ気軽に育ててみてください。

もし育てているオレガノの株の葉の香りが弱いと思ったら花が咲く頃まで待ってみてください。

オレガノは花の咲く直前が一年で香りが一番強くなります。