レモンバーム(メリッサ)の育て方と効能|ハーブ初心者向けのレモンバームが枯れる原因とは?

スポンサーリンク

レモンバームはメリッサとも呼ばれる爽やかなレモンの香りのハーブです。

誰でも気軽に栽培できて、効能も素晴らしいおすすめハーブです。

育て方は簡単ですので、ハーブ初心者の方にありがちな失敗のポイントも合わせて栽培方法を紹介します。

レモンバームはミントの仲間でシソ科の植物です。

和名は香水ハッカ、西洋山ハッカといい、明るいグリーンの葉が私たちの目を楽しませてくれる人気のハーブです。

レモンバーム(メリッサ)の効能

レモンバームは鎮静や鎮痛、抗うつ、精神の安定などの効能があるとされ、ヨーロッパでは古くから安眠のハーブと呼ばれてお茶やポプリに利用されてきました。

日本では個人で楽しむハーブティーとして親しまれています。

集中力を高める効果からか近年では認知症の予防の助けになるのではないかと言われているようです。

レモンバームから取れる精油はごくわずかな量しか取れないため大変貴重なもので、その和名の通り香水の原料としても利用されています。

植物としてのレモンバームは繁殖力が旺盛でたくさんの葉を収穫できるため入浴剤やポプリとしてもよく利用されています。

レモンバーム(メリッサ)の育て方

レモンバームは繁殖力が旺盛なのであまり手がかからず、こぼれ種からもよく増えます。

半日陰くらいの場所で湿り気のある土を好みます。

ベランダなどで日当たりに制限があるような場所でも水があればよく育ちます。

育てやすく、香りもよく、葉の色も明るいグリーンでとても美しいのでハーブ初心者の方には特におすすめしたいハーブです。

スポンサーリンク

レモンバーム(メリッサ)のプランター栽培の土

湿り気のある土がよいので腐葉土などの有機質の割合を多くします。

赤玉6、腐葉土4を基本にご自身の環境に合わせて加減してください。

肥料はあまりやりすぎると徒長しやすく、茎葉が軟弱になると病害虫が出やすくなるので控えめに元肥を加えておきます。

必要に応じて液肥や追肥をすることで肥料が切れないように管理します。

レモンバーム(メリッサ)の種まきと発芽

こぼれ種からも増えるくらいなので種まきして育てるのも簡単です。

春まき、秋まきどちらもできますが、発芽適温は20℃なので、4月下旬から5月にかけてか、9月から10月に種をまくのがよいでしょう。

生育旺盛なので65cmプランターで3株くらいを育てるのが目安です。

レモンバームの種は細かいので、用意した土の表面をよく平らにならして、先に水やりしてから、プランターの3ヶ所にパラパラと数粒の種を点まきします。

種をまいたらごくわずかに土をかけるか、そのままでも構いません。

発芽するまでは種が流れてしまわないように霧吹きで水やりします。

しっかり地温が確保できていれば10日前後で発芽します。

苗から育てる

レモンバームは人気のあるハーブなので春先には苗が安価に出回ります。

種まきからは時間もかかりますし種が細かく小さいうちは丁寧に水を切らさないように管理をする必要があるので、もっと手軽にレモンバーム栽培を楽しみたい方は、苗を購入して育てるのがおすすめです。

苗はホームセンターなどで入手できます。

レモンバームの間引き

発芽したら、双葉の時から隣同士の葉がわずかに触れ合うくらいの間隔に順次間引いていきます。

本葉が展開しても同様にして、それぞれの株の葉が十分に育つスペースを確保します。

本葉が2枚しっかり育ったら状態のいい株を1本残して育てます。

スポンサーリンク

レモンバーム(メリッサ)の水やり

レモンバームは湿り気のある土を好みます。

土の表面が乾き始めたらたっぷりと水やりしましょう。

ただし、水が好きだからといって土をいつも湿っている状態にしてはいけません。

多くの植物はそれで根が呼吸できなくなり根腐れしてしまいます。

土の表面が乾いたらたっぷり水をやるようにしてください。

レモンバーム(メリッサ)の収穫

レモンバームの葉はいつでも収穫できます。

初夏の花の咲き始めが一番香りがよく、葉も成長期で柔らかいよい葉がたくさん収穫できます。

この時期に地上部を15cm程度残して刈り取り、たっぷり収穫して生で使い切れないものは乾燥してお茶や入浴剤として利用しましょう。

追肥をしながら水やりをしているとまた脇芽がどんどん育ってきますから、そのあ後はその時に使いたい分の葉を摘み取ってフレッシュなレモンバームを料理やお茶に利用します。

レモンバームの葉は薄くてやわからいのでサラダに加えて香りづけにも利用できます。

レモンバーム(メリッサ)の冬越し

レモンバームには耐寒性があります。

秋に出てきた地ぎわの新芽は雪を被ってもそのまま冬越しして春の雪解けとともに成長しはじめます。

ですので晩秋になったら地上部の長く伸びた茎は地ぎわで刈り取って、地ぎわの新芽は残し、そのまま冬越しさせます。

水やりは控えめに、でも地中の根が枯れない程度に水やりします。

春先に新芽が動き始めたら液肥ではなく固形の有機質肥料で追肥をしてやります。

スポンサーリンク

レモンバーム(メリッサ)の植え替え・根の整理

レモンバームは繁殖力が旺盛で土の中の根もよく増えます。

根が回りすぎて土の中で根詰まりすると生育状態が悪くなりますので1〜2年に1回、掘り上げて古い根を整理したり、株分けして植え替えます。

水やりの時に水が溜まってなかなか流れない水はけが悪い状態になってきたら根が詰まってきているので、根の整理をしましょう。

ハーブ初心者のレモンバーム(メリッサ)が枯れる原因

レモンバームは繁殖力旺盛なハーブですが、それでも枯らしてしまうことがあります。

特にハーブ初心者の場合、加減がわからなくて失敗するポイントがいくつかあるのでまとめておきます。

水のやりすぎ

レモンバームは湿り気のある土や水を好むハーブですが、水のやりすぎで根腐れすることがあります。

様子を見ずにとにかく毎日水をやる、などしていると根腐れの原因になりますので、必ず土の表面が乾き始めてから水をやりましょう。

土の表面が乾かないということは、根がまだ土に含まれている水を吸収していないということです。

その状態でさらに水をやってしまうと土の中の空気がなくなり根が呼吸できなくなってしまいます。

過湿で葉が蒸れる

レモンバームの葉は薄くてデリケートです。

日本の蒸し暑い夏に葉がたくさん茂って密になりすぎると風通しが悪くて蒸れてしまいます。

葉が黒くなってしまうのは過湿が原因の場合が多いです。

もしレモンバームの葉が黒くなって傷んでくる時は、枝をすかしたり、下葉をかき取って風通しをよくしてください。

直射日光が強すぎる

レモンバームは日当たりが好きですが、葉が薄いために強い直射日光に当たると葉焼けしてしまいます。

上の方のよく日が当たる部分の葉が黄ばんだり、茶色くなっている場合は日光が強すぎます。

そのまま置いておくと枯れてしまうので、午前中だけ日が当たる場所や半日陰にプランターを移動しましょう。

強い風で葉が傷つく

ベランダなどで強い風に当たると、葉の蒸散が追いつかなくて葉焼けしたり、風で葉がこすれ合って傷ついてしまうことがあります。

レモンバームの葉は薄いので、強い風には当てないように風が強い日は風の当たらない場所に移動するなどしておきましょう。

レモンバーム(メリッサ)の栽培は簡単です!

上記の初心者にありがちなレモンバームが枯れる原因さえ知っていれば、レモンバームの栽培は簡単です!

爽やかなグリーンの葉を見ていると気持ちも自然と明るくなります。

お茶やサラダ、入浴剤に、と気軽に楽しめるハーブです。

乾燥した葉のポプリを枕元に置けば、優しいレモンの香りが心地よい眠りを誘ってくれます。

レモンバームはミントの仲間です。

ミントの根の手入れの方法が参考になると思いますので下記にリンクを貼っておきます。

ミントの上手な育て方|プランターや鉢植えのミント栽培のポイントとミントの種類の見分け方、虫除け効果があるのはどれ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする