ゼラニウム・シトロネルムの育て方|強烈なレモンの香りのセンテッド・ゼラニウム、希少な品種の挿し木、株分けは?

スポンサーリンク

レモンの香りのするハーブの中でもその香りが最も強いと言われているのがゼラニウム・シトロネルムです。

他のゼラニウム同様の可愛いピンク色の花が咲きます。

挿し木での繁殖は発根率が悪いようですので、割と希少な品種の部類です。

情報も割と少ない品種ですが基本的にゼラニウムは育てやすい植物ですので、もし園芸店で見かけたときは大いにお持ち帰りをおすすめします(笑)

ゼラニウム・シトロネルムはペラルゴニウムの仲間

センテッド・ゼラニウムの仲間でフウロソウ科、南アフリカが原産の植物です。

ゼラニウム全般、南アフリカ原産でその中で葉に方向があるものはセンテッド・ゼラニウムというグループにまとめられています。

和名ではニオイゼラニウムと呼ばれたりしますが、実はゼラニウムもセンテッド・ゼラニウムも植物学的にはペラルゴニウムに分類されます。

バラやフルーツ、スパイスの香りのする品種が様々ですが、中でもこのゼラニウム・シトロネルムはレモンの香りのするセンテッド・ゼラニウムです。

センテッド・ゼラニウムの中には他にもレモンの香りのするレモン・ゼラニウムという品種もありますが、このゼラニウム・シトロネルムとは別の品種になります。

ゼラニウム・シトロネルムはセンテッド・ゼラニウムの原種と言われており、センテッド・ゼラニウムの品種改良の交配親として用いられているようです。

そのためなのかどうかはわかりませんが、レモン・ゼラニウムよりもゼラニウム・シトロネルムの方がレモンの香りが強いです。

スポンサーリンク

ゼラニウム・シトロネルムの葉と花

センテッド・ゼラニウムは割と葉が小さめだったり切れ込みが深いものが多いですが、ゼラニウム・シトロネルムの葉はその中では比較的大きく紅葉を連想させるような切れ込みの葉です。

花はピンク色でセンテッド・ゼラニウムとしては割と大きめの花が咲きます。

初夏から夏にかけて花が咲きます。

花が咲いたらまたこちらで写真を紹介させて頂きますね。

鉢植えを入手する前にいろいろ調べていた時には、センテッドゼラニウムとしては大きめのピンク色の花が咲くようでしたから今から楽しみです。

センテッド・ゼラニウムや植物学的にお仲間のペラルゴニウム類は個人的にとても好きな花です。

ゼラニウム・シトロネルムの育て方

ゼラニウムは乾燥に強く、生命力が強いのでわりと放任栽培にしていてもよく育ちます。

多少水を切らしてしまっても大丈夫だったりします。

逆に過湿と冬の寒さには弱いので、日本の蒸し暑い夏には風通しよくしてやることと、冬はできれば室内に取り込んでやることくらいを気にしておけば大丈夫です。

肥料もそんなにたくさんは必要ありませんので、春先新芽が育ち始めたら追肥をしてやって、春から夏にかけての花を楽しみ、暑い時期にはあまり肥料はやらず、秋にまた追肥をやるくらいで十分かと思います。

スポンサーリンク

ゼラニウム・シトロネルムの植え替え

買ってきた鉢植えは一回り大きな鉢に植え替えるとよいでしょう。

最初に植え替えたらそのあとは2年に1回、鉢増しするか、古い土や根をとって、新しい土と入れ替えて同じサイズの鉢に植え替えてやればよいかと思います。

あまり根が回っているようなら、1年に1回のペースで植え替えましょう。

購入した鉢土にはとても軽くて細かい植物の繊維質が豊富な土が使われていました。

室内で育てるには向いている土のように思いましたが、Balcofarmは風が吹くと風当たりがわりと強いので、鉢がひっくり返らないようにもう少し重みのある土で植え替えました。

ゼラニウム・シトロネルムの根は、幹から直接土の中に伸びたような太い手根からとても細かい根が張っていました。

たまたまBalcofarmのところにやってきた鉢がそういう状態だっただけかもしれませんが、太根と細根の中間の太さがありませんでした。

また、細根の部分は他のセンテッド・ゼラニウムよりも少し繊細な感じの根のように思いました。

ですので土の目は根の太さに合わせてある程度細かい方がよいかもしれません。

以上のことからゼラニウム・シトロネルムの根を触るときは少し丁寧にしてやるように気をつけた方がいいかな?と感じました。

ゼラニウム・シトロネルムの増やし方は挿し木よりも株分けで

ゼラニウム・シトロネルムは挿し木での繁殖が難しいそうです。

通常のゼラニウム類は挿し木でよく増えるので株を増やしたい時にはわりと簡単にできるのですが、ゼラニウム・シトロネルムは発根率が低いのだそうです。

ですからもし株を増やしたい、という場合は株分けの方がおすすめです。

写真のように地下茎から脇芽が上がってきますので、ある程度大きくなってから、親株から丁寧に根を分けて新しい小さな鉢に植え替えて育苗しましょう。

植え替えのところでもお伝えした通り、根はとても細くて繊細です。

子株は特に丁寧に扱った方がよいです。

子株の茎は親株に繋がっていて、その先に根があるので、茎を折らないように、必ず根が付いた形になるように丁寧に株分けしましょう。

スポンサーリンク

ゼラニウム・シトロネルムの株分け後

株分け後のゼラニウム・シトロネルムです。

乾燥には強いですが、根がしっかり張って活着するまでは半日陰から日陰で管理します。

脇芽が4つあったのですが、一つは付け根の部分で折れてしまい、根をつけることができなかったので、鉢植えではなく、挿し木に挑戦してみます。

不覚にも根のついた部分をつけられず、折れてしまったゼラニウム・シトロネルムの脇芽。

もともと難しいとわかっているものなのでわざわざ挿し芽用の茎をとったりはしませんが、たまたま出てしまったので、挿し木に挑戦してみます。

切り口を斜めにカットして、発根促進剤につけてあります。

これを用土に挿して発根するかどうか。。。しばらく室内管理になります。

他にいちじくや八重咲きカリブラコアの花苗からとった挿し穂も管理しているエリアに仲間入りです。

プロでも発根率は低いようですので、難しいと思いますが、元気なこの脇芽をなんとか根付かせたいと思います。

スポンサーリンク

ゼラニウム・シトロネルムの挿し木に成功しました

株分けの時に根をつけることができなかったシトロネルムのひと枝を挿し木しました。

小さな新芽が動き始めたので見てみると、無事に発根していることが確認できました。

挿し木をする時は根がなく水の吸い上げ力が足りないので大きな葉をとって挿し穂の負担を減らします。

上の写真、別れている二つの枝のそれぞれの中心に小さな新芽が出ているのがわかるでしょうか。

挿し穂に蓄えられている栄養だけで新芽が動くこともあるので、芽が出ても発根していない場合もあります。

そのため発根が確認しやすい自家製の容器に挿し木しておいて、時々横から根が出ていないか状態を確認していました。

確かに細い根が縦に伸びているのが見えます。

挿し木、無事成功です!

2019年4月29日に挿し木して発根まで10日でした。

難しいと聞いていたのでダメもとで挿し木してみたのですが、意外にあっさり発根してくれて嬉しい誤算でした。

株分けで根をつけられなかった株元の挿し穂だったからたまたま成功したのかもしれませんが、これから挿し木に挑戦される方の参考になるかもしれませんので、気をつけていたポイントについて書いておきますね。

スポンサーリンク

ゼラニウム・シトロネルムの挿し木で気をつけていたポイント

1.挿し木用の用土

植え替えの時に見たゼラニウム・シウトロネルムの根はとても細かったです。

そのため普段ほかの植物を挿し木する時は赤玉土の小粒を使ったりするのですが、今回はより目の細かい用土に挿しました。

2.発根促進剤メネデールを利用

少しでも発根率を高めようと思い、メネデールという発根促進剤の溶液入りのコップに挿し穂を挿して1時間以上置いてから挿し木しました。

メネデールは透明でサラサラの液体で匂いなどもないので使いやすいです。

100倍に薄めて使うので小さなボトルが1本あればかなり長持ちします。

価格もそんなに高いものではありませんjから1本手元に持っていると重宝するおすすめアイテムです。

3.挿し木後の置き場所

挿し木後は2〜3日に1回霧吹きをして水を切らさないようにしながら直射の当たらない明るい窓辺で水を切らさないように管理しました。

約1週間ほど様子を見て挿し穂が萎れたり枯れたりしないことを確認してから今度は窓越しに午前中2〜3時間だけ日の当たる窓辺に移動して置いておきました。

4.ゼラニウム・シトロネルムの発根後

発根して、根が容器の表面にも見えてきたので、根に光が当たらないように容器をアルミホイルで覆いました。

もう少し根が回って小さな根鉢ができたら小さな鉢に植え付けます。

根が出てしまえばゼラニウムは丈夫な植物なのであとは問題ありません。

根付きで株分けしたゼラニウム・シトロネルムも親株含め、皆元気に育っています。

次に楽しみなのは花です。

センテッドゼラニウムとしては割と大きめの花が咲くようなので今から楽しみです。