セージの種類ごとの効能と利用法、セージティーや料理、観賞用におすすめの種類とは?

スポンサーリンク

ゼージはハーブの中でも代表的な植物です。

古代エジプトやローマの時代から薬草として用いられてきました。

ハーブの中でも抗菌作用や抗ウィルス作用が強く、セージティーでうがいすることで喉の炎症や口内炎、風邪の感染予防になると言われています。

その高い抗菌作用から肉の防腐剤として用いられてきましたが、その香り高さからソーセージなどの香りづけとしてもなくてはならないハーブです。

セージはシソ科の多年草、もしくは常緑の低木ですので一度植えると長く楽しめます。

セージの種類ごとの効能・利用方法

セージは種類が多く、薬用や料理に用いられるものや観賞用など目的に応じた品種があります。

コモンセージ

コモンセージは薬用、料理に使われるセージの代表格で、ガーデンセージとも呼ばれます。

和名はヤクヨウサルビア。

その名の通りヨーロッパでは古くから抗菌作用や消化促進、収れん作用がある薬草として知られ長寿のハーブとして親しまれてきました。

お茶や料理に使われるのはこのコモンセージです。

かなりスパイシーな香りで、肉の香りづけの他に、防腐効果や脂肪分解、消化促進の効果があります。

「ソーセージ」のセージはこのセージのことでソーセージを作るときに防腐と香りづけのために使われていたことに由来する、とも言われています。

特に豚肉との相性がよく、羊の腸が手に入らなくても豚肉の挽肉に塩、おろしにんにく少々、黒胡椒と一緒にセージを細かく刻んだものを合わせ、よくこねて棒状にまとめたものをフライパンで焼き上げると、とても美味しい皮なしのソーセージになります。

肉の臭みを消してくれて、セージの爽やかな風味が食欲をそそります。

スポンサーリンク

コモンセージの変わり葉の種類

コモンセージには斑入りの葉のゴールデンセージとトリカラーセージ、そして全体が紫がかったパープルセージなど葉色が美しい種類があります。

いずれもコモンセージと同じように利用できますが、パープルセージはセージビネガーを作るとコモンセージにはない色味が出るのでおすすめです。

セージに限らず斑入りの種類は模様の出方が不安定な場合があり、季節や環境で斑が消えてしまうこともありますが、トリカラーセージやゴールデンセージは見た目が美しいので植栽としてもよく利用されます。

クラリーセージ

クラリーセージは甘い香りのするセージで花と葉から精油を取ります。

他のセージよりも葉が大きく草丈も高くなります。

アロマセラピーでは抑うつ気分を楽にして気分を高揚させてくれる女性のための精油として知られています。

クラリーセージは子宮の収縮作用があるので妊娠中や月経中の利用は控えてください。

葉は食用になり、スープの具にしたりします。

アメジストセージ

コモンセージよりも背丈が高くなります。

丈夫でよく育ち紫色の花がたくさん咲いて綺麗なことから観賞用の花として庭先に植えられているのをよく見かけます。

スポンサーリンク

メドーセージ

深い青色の花が咲くメドーセージ。

セージは多年草、もしくは常緑の低木なので一度植えれば大きく育ちます。

こちらのセージもアメジストセージと同じくよく庭先に植えられています。

リンドウの花のような深いブルーの色が遠目に見ても目を引きます。

ところでこの花の形はサルビアによく似ていることに気づいた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

サルビア

花壇に植えられることの多いサルビアもセージの仲間です。

赤い花が主力品種ですが他に白い花や紫、黒い花のサルビアもあります。

観賞用のサルビアの歴史は古く、街中の花壇の植え込みなどにもサルビアがよく植わっています。

チェリーセージ

花が可愛いチェリーセージも観賞用です。

アメジストセージやメドーセージと比べると華奢な姿で草丈も低いです。

葉を手で軽く揉むと、さくらんぼのような甘い香りがします。

スポンサーリンク

パイナップルセージ

フルーツの香りがするセージにはチェリーセージの他にこのパイナップルセージがあります。

トロピカルな甘くていい香りがします。

ホワイトセージ

ホワイトセージはネイティブアメリカンが古くから儀式の時に使う聖なるハーブです。

食用には使うことがなく、乾燥した葉を燃やすことで浄化・お清めをするために使われます。

独特の香りがあり、名前の通り葉の表面が白い産毛で覆われており、乾燥するとその白さが際立ちます。

浄化のためには少しあれば十分ですので、もしたくさん取れた時にはお風呂に入れて使うのがおすすめです。

日本の気候で育てるのは湿気が高くて少し難しいですが、それでも育てることは可能です。

セージの中でも貴重な種類として珍重されることが多いです。

ハーブとしての利用法

セージをハーブとしてお茶や料理に使う場合、主にコモンセージを用います。

以下はコモンセージの利用法になります。

セージティー

乾燥したセージでも生のセージの葉でも、セージティーを楽しむことができます。

セージは香りが強いので、お茶に使う量は少し控え目にします。

冒頭で紹介した抗菌作用の他にも、脂肪分解、消化促進、血流を良くするなどの効果があり、セージティーでうがいをすると口の中を清浄にして、感染症の予防や口内炎や喉の炎症の予防に繋がります。

スポンサーリンク

肉料理の香りづけ

セージは香りもその効能も、どちらの面でも肉と相性がとてもよいです。

特に豚肉と相性がいいので、肉を焼くときにセージの葉で香りづけしたり、挽肉に細かく刻んだセージを混ぜ込んで料理するととても美味しいです。

コモンセージの説明のところにも書きましたが、豚肉の挽肉に塩、おろしにんにく少々、黒胡椒と一緒にセージを細かく刻んだものを合わせ、よくこねて棒状にまとめたものをフライパンで焼き上げるととても香ばしくて美味しいです。

防腐抗菌作用があるハーブとしてローズマリーも挙げられますが、豚肉にはセージ、鶏肉にはローズマリーという組み合わせが個人的には気に入っています。

ハーブオイルやハーブビネガー

セージを摘んでよく洗ってから水気をよく拭き取り、お好みのオイルやビネガーに入れて香りを楽しみます。

ビネガーはパープルセージの葉色がよく出ている時期を選んでその葉を使うと色も楽しむことができます。

入浴剤として

セージは日本の蒸し暑い夏が苦手です。

6月ごろ、蒸し暑くなる前に風通しがよくなるようセージの枝を剪定しますが、たくさんセージの枝を切った場合は乾燥してドライセージとして利用する他、不織布の袋に入れてお風呂に浮かべるのもおすすめです。

セージには抗菌作用の他にも収れん作用がありますので、入浴剤として利用すると肌を清潔に保つだけでなく、引き締めてくれる効果もあります。

セージの種類の多様性を楽しむ

子供の頃、よくサルビアの花の蜜を吸って遊んでいました。

花の額からすっと伸びた細長い花びらを抜き取ってその根元の部分を吸うととても甘くて次から次へと花の蜜を吸ったものです。

セージは香りもよくミツバチも集まるので、セージの花の蜂蜜もヨーロッパでは好まれています。

コモンセージは薬草やハーブとして用いられ、観賞用の花や香りを楽しむセージ、お清めの儀式に使われるホワイトセージなど、様々な用途で親しまれています。

セージは香りもとてもよいのでご自分のお気に入りの種類のセージを見つけて鉢植えで育ててみてはいかがでしょうか。

セージは日本の湿気が苦手なことや、木質化すると成長が鈍くなるので株を更新する方法などを紹介しています。

これらのポイントさえ抑えればセージの鉢植え栽培は簡単です。

育て方は下記の記事で紹介しています。

セージの育て方、剪定・挿し木が必要な理由とセージのプランター栽培は室内でもできる?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする