レジナ(ミニトマト)の育て方、プランター栽培におすすめミニトマト品種レジナとは?育て方のポイントご紹介

スポンサーリンク

レジナというミニトマトはベランダガーテニングにとってもおすすめの矮性ミニトマトです。

普通のミニトマトは、ミニ(トマト)といっても栽培したことがある人はわかるかもしれませんが、草丈は結構高くなります。

草丈が高くなるので支柱を立てて誘引することが必要になりますが、ミニトマト自体は丈夫で栽培しやすい果菜です。

でも実はこの支柱もいらないくらい背丈の低いミニトマトの珍しい品種、レジナをご存知ですか?

スポンサーリンク

レジナはミニトマトのプランター栽培におすすめ品種

ベランダでのプランターや室内での鉢植え栽培でも気軽に楽しめる、草丈15〜20cmのミニトマト、レジナという品種があるのを知っていますか?

レジナは育て方も他のミニトマトに比べて超簡単なので、初めての方にも簡単に栽培できるおすすめ品種です。

レジナは観賞用のミニトマトとして種や実がついた鉢植えが販売されています。

今はサカタのタネがレジナの種を販売していますが、草丈が15〜20cmという超コンパクトなミニトマトなので鉢植えにして室内で楽しんだり、水耕栽培もしやすいミニトマトです。

園芸店でたわわに赤い実がなっているレジナをシーズンになるとよく見かけます。

初心者の方でも、場所に制約がある方でも気軽に楽しめるミニトマトです。

ミニトマトはもともと丈夫な植物、このレジナもとても強健な品種で放任栽培ができます。

スポンサーリンク

レジナ(ミニトマト)を植えるプランター

レジナは地植えだと定植するとき株間50cm、プランターでも35cmの株間をとるようにと種の袋の裏面の育て方の説明書に書かれています。

草丈は低いけれど、それだけしっかりした株になる、ということです。

65cmの標準プランターで植える場合は2株を植えるようにします。

実をならせる野菜なので、できれば深型プランターだとよく育ちますが、トマトの場合は水耕栽培もできるので、水やりをしっかりしていけば深型プランターでなくても栽培することができます。

鉢植えの場合は苗を5号鉢に一本植えます。

5号鉢は直径15cmのサイズの鉢ですので、かなりコンパクトに育てられるのがわかりますね。

レジナ(ミニトマト)の種まき

レジナは発芽適温が20〜30℃必要です。これは気温じゃなくてまき床の地温です。

ミニトマト、大玉トマト全般、温度がないと発芽しないので春から苗を買って育てるにしても、関東で外気に当てて育てるならゴールデンウィーク頃に苗を買うのが適期です。

室内栽培の場合は比較的温度は確保しやすいので、もっと早くでも大丈夫ですし温度管理さえきちんとすれば成長はゆっくりですが冬でも発芽させて栽培することができます。

小さな育苗ポットに2〜3粒の種をまき、本葉2〜3枚になったら間引いて一本立ちにして苗を育てます。

発芽後もミニトマト栽培には温度は必要ですので、最低でも20℃を維持できる日当たりのよい窓辺で液肥をやりながら育てましょう。

冬場は日が落ちると窓辺は温度が低くなります。

夜の間はカーテンを引いたり、一番いいのは残り湯をそのまま張ってあるバスルームに置いてあげると、レジナにとってこの上ない温室になります。

スポンサーリンク

レジナ(ミニトマト)栽培:植え付けは最初の花が咲く頃に

ミニトマトの花は下の段から順番に花芽がついて開花していきます。

苗の植え付けは最初の花が咲く頃が適期です。

栽培用土は有機質、つまり腐葉土や堆肥を混ぜ込んで苦土石灰や有機石灰を混ぜ込んで調整してある土を使います。

5号鉢に必要な量の肥料を用土に混ぜ混んで準備しておきます。

鉢の鉢底に、鉢底石をひとならべして、用土を半分くらい入れます。

そこに苗を入れて中心にくるよう位置を決めたら、周囲から土を入れていきます。

鉢の縁2cm程度残るくらいまで土を入れるようにします。

鉢底をトントンと叩いたり、割り箸などで土を上から数カ所さして鉢の中の土をしっかり苗の根と密着するように土を締めていきます。

水やりをしていけば自然に土が落ち着いていきますが、この作業をしっかりやっておくことで根の活着が良くなります。

土を締めたら水やりをたっぷりします。

水をやると土が少し沈むので足りなければ用土を足してやります。

スポンサーリンク

レジナ(ミニトマト)栽培のコツ:わき芽かきは必要ない!

定植後のレジナの栽培は基本的に放置で構いません。

通常のトマトやミニトマトはわき芽をかきとりますが、レジナの場合は矮性で縦ではなく横に株が大きくなりますのでわき芽かきはせず、放任栽培します。

水やり、追肥をしながら実がなって色づいたら収穫します。

実に色がついて楽しめるようになったら、室内の日当たりのよい窓辺に置いて赤いミニトマトの実を鑑賞することもできます。

ちょっと手を伸ばして真っ赤なミニトマトを摘み取ってサラダにしたり、そのままパクッと食べてしまえるのは育てているからこその贅沢。

背は低くコンパクトでも実はたくさんなりますし、冬も室内に取り込んで温度を保って株を温存すると越冬します。

トマトは本来は多年草ですが日本の冬の寒さには耐えられないため一年草のような扱いで、毎年種や苗を買って育てます。

スポンサーリンク

レジナ(ミニトマト)栽培の注意ポイント:病害虫の管理

レジナ(ミニトマト)栽培で気をつけなければならないのはアブラムシやコナジラミ、そして特にベランダガーデニングでのプランター栽培や室内栽培の鉢植え栽培の場合は乾燥しがちなので葉裏につくハダニです。

普段から時々葉裏に葉水をかけてやることでこれらの害虫がつきにくくなります。

それでもレジナ(ミニトマト)に虫がついてしまったらアブラムシの場合は牛乳と水を1対1の割合で混ぜたスプレーを直接アブラムシに吹きかけましょう。

レジナ(ミニトマト)の葉には毛が生えていて水を弾くので、展着材の代わりに石鹸水や食器用の洗剤をわずかに混ぜてスプレーしてもよいでしょう。

ハダニやコナジラミは増えてくると葉が痛んで光合成ができなくなりますので、収穫後期ならそのままにしてもよいですが、レジナ(ミニトマト)がまだ成長途上の場合はできれば殺虫剤を使う方がよいかもしれません。

収穫前日でも使える殺虫剤や、天然成分を使った殺虫剤も販売されています。

ハダニは主に葉の裏につく害虫で、特に小さくて見つけにくいので、普段からレジナ(ミニトマト)の葉裏をよくチェックしてハダニがいないか監視しておきましょう。

スポンサーリンク

レジナ(ミニトマト)栽培|わき芽挿し

トマト類はとても強い植物なのでかきとったわき芽を土に挿して発根させて新しい株を育てることができます。

レジナの場合はわき芽かきは必要ありませんが、株を増やしたい場合はわき芽を摘んで挿し芽するとよいでしょう。

レジナ(ミニトマト)のわき芽を水に挿しておくと茎の水に浸かっている部分からすぐに勢いよく発根してきますので、気軽に水耕栽培を試したりするのにおすすめです。

ミニトマト類のわき芽は根元に近いものほど太くて強いので、わき芽挿しで株を増やしたい場合は根元に近いところでわき芽が15cmくらいになったら摘み取ってさし穂にしましょう。

レジナ以外のミニトマトの場合は、わき芽挿しが特に必要ない場合にわき芽を育てると無駄な栄養を使いますので、わき芽が伸びているのを見つけたら5cmくらいまでの間に摘み取ります。

レジナ(ミニトマト)には黄色い品種もある!

現在サカタのタネではレジナの赤い実の品種しか販売していませんが、以前は黄色いレジナも販売されていました。

今は室内栽培用のグッズを販売しているはせがわさとう商店でゴールデントマトという商品名でレジナの黄色の種やペットボトルで水耕栽培を楽しむペットマトというシリーズの黄色レジナの栽培キットが手に入ります。

もちろん赤のレジナもありますので、このようなミニトマトの栽培キットを利用して気軽にレジナの水耕栽培を楽しむのもよいかもしれませんね!

初めてのベランダガーデニングや室内でのキッチンガーデンを楽しみたい、でも何から始めればいいのかわからない、と迷っている方にレジナはおすすめのミニトマトです。

レジナは園芸店などてもよく見かけますが、トマトの中でもかなり特異な存在です。

トマト栽培の王道を、と思われる方のために大玉トマトの栽培について紹介している記事があります。

大玉トマトは栽培が少し難しいのでトマト上級者向けになります。

また、初心者でも育てやすいレジナ以外のいわゆる普通のミニトマトについても下記の記事で紹介しています。

トマト栽培をプランター・鉢植えで楽しむための品種・摘心、摘果と水やりとは?

ミニトマトの育て方|種まき・摘心・脇芽かき、葉が枯れた時の対処法、おすすめ品種はフルティカ®︎