ナツメ(棗)とは?ナツメ(棗)の栄養と効能効果・食べ方と味。ナツメ(棗)の育て方は簡単!おすすめ大実品種とは?

スポンサーリンク

ナツメ(棗)はクロウメモドキ科の植物で、庭木として植えられる丈夫な落葉広葉樹です。

日本の一般的なナツメは2〜3cmの実がなり、ナツメ(棗)の実の味と食感はリンゴに似た素朴な味の家庭果樹です。

性質が大変強健で暑さ、寒さ、乾燥にも強く鉢植えでも育てやすいうえに、ナツメ(棗)の実は漢方でも使われるくらい健康によいことでも知られています。

スポンサーリンク

ナツメ(棗)とは?

最近はあまりみなくなりましたが、以前は家の庭にナツメ(棗)を植えているところが結構あり、近所の子供がナツメの実をとってはしゃりしゃりと食べていました。

近所にナツメ(棗)の木が植えられている、なんて方はナツメ(棗)の実を食べたことがあるかもしれませんが、食用としてはほとんどと言っていいほど流通していないので、ご存知ない方も多いかもしれませんね。

ナツメ(棗)は中国原産ですが、近年その健康効果から注目されており、福井県で国産のナツメの生産に力を入れている地域があります。

ナツメ(棗)はクロウメモドキ科の落葉広葉樹、高木なので放っておくと5m、10m、さらにもっと大きくなります。

夏になってようやく芽吹くことから夏芽→ナツメ(棗)と呼ばれるようになったと言われています。

枝は細く実がなると枝垂れます。

ナツメ(棗)の木にはトゲがありますので手入れをする時や実を収穫するときは注意が必要です。

中国ではの営利栽培が盛んで、日本のナツメ(棗)よりも大きな実がなる品種が作られています。

スポンサーリンク

ナツメ(棗)の栄養と効能効果

ナツメ(棗)の乾燥した果実は漢方では大棗(たいそう)という生薬名を持っています。

食品としてのナツメ(棗)はあくまで食用であり、効能効果を謳うことはできませんが、大棗という生薬は葛根湯などにも配合されていて、体を温める、鎮静作用、心を落ちつかせる、むくみの予防改善などの効果があるとされている様です。

正確な効能効果については「大棗」で検索すると漢方薬のメーカーなどのホームページで詳細確認できますので、ご興味のある方はご自身で調べたりお近くの薬局の薬剤師や、医師に相談されてくださいね。

ナツメには糖類や有機酸、鉄分、亜鉛、マグネシウム、カリウムやカルシウムなどのミネラルのほか、体を作る葉酸などが含まれています。

乾燥したナツメ(棗)の実にはプルーンの1.5倍の鉄分が含まれています。

食品としても栄養価が高く優れた健康食品です。

ナツメ(棗)の食べ方と味

ナツメ(棗)は生食や乾燥したものをドライフルーツとして食べるほか、砂糖煮にして蜜ナツメにしたり、ジャムやお菓子の材料として使います。

生のナツメ(棗)の実の味はりんごに似ていて食感はりんごよりも水分が少ないので少しもそもそしています。

生のナツメ(棗)の糖度は20度前後で、乾燥するとその分水分がなくなるので糖度が高くなります。

乾燥ナツメ(棗)はドライフルーツ専門店や韓国、中国食材のお店などでも売られているので、ネットショップなどで入手することができます。

中国や韓国では干したナツメ(棗)は薬膳料理に用いられます。

スポンサーリンク

有名なところでは韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)に干しなつめが入っています。

参鶏湯に入っているナツメ(棗)の実は柔らかく煮えていてほんのり甘くて美味しいです。

また中国のお菓子、月餅のあんにもなつめが練りこまれていたりします。

そのほか、乾燥したナツメ(棗)を煮出してお茶に利用します。

乾燥したナツメ(棗)なら日本でも入手しやすいですが、生のナツメ(棗)はあまり販売されることがありません。

育てているからこそ味わえる素朴でどこか懐かしい味がします。

ナツメ(棗)のおすすめ大実品種

日本ナツメ(棗)は果実の大きさが2〜3cmとそれほど大きくありません。

ただし丈夫でたくさんなりますので、1本植えて木が育てば十分に楽しめます。

しかしナツメ(棗)の本場はやはり中国です。

中国のナツメ(棗)は大きな実がなる品種がいくつもあって、営利栽培品種としては和田棗が実も大きく高級品とされています。

そのほか、日本でも手に入る果樹品種として、中国の大実なつめ「皇帝」「新疆棗王」「スーパージャイアント(大雪棗)」などが人気です。

これらのナツメ(棗)は果実の重さが50g〜100gのピンポン球やゴルフボールの様に大きな実がなります。

どのナツメ(棗)の品種も暑さ寒さ乾燥に強く放任でよく育ちます。

Balcofarmは以前から気になっていた「皇帝」の苗を1本育てることにしました。

皇帝は1果50gほどの品種で、「新疆棗王」「スーパージャイアント」など100g級の実がなる品種からすると少し小さめの実の品種になります。

鉢植えで育てるので、あまり欲張って大実の品種にするといくら強健なナツメ(棗)の木でも、木の負担が大きいかな、と思い「皇帝」を選びました。

それでも日本ナツメからすれば5倍くらいの大きな実がなります。

届いた品種説明の札には大実で、ナツメ(棗)特有のパサパサ感がなくジューシーで甘いと書かれていて、それは想定外の嬉しい長所だったので本当ならいいなと、今かなり期待しています。

ナツメ(棗)独特のしゃりしゃりしながらもぱっさりした食感も素朴で美味しいのですが!

スポンサーリンク

ナツメ(棗)の育て方

さて、ナツメ(棗)の育て方ですが、ナツメ(棗)は本当に丈夫なのでほとんど手がかかりません。

樹勢が強く本来大きくなる木ですので、鉢は最低でも7号以上のものを用意します。

赤玉7、腐葉土2〜3の割合の土を用意して鉢に植えるか、地植えなら穴を掘って掘り上げた土と堆肥を混ぜて、苗を植え付けます。

植え付け適期は他の落葉果樹と同じく葉が落ちた後の晩秋から翌春にかけてです。

肥料は根付いてから、花の咲いた後と実の収穫後に肥料をやります。

肥料の与えすぎは樹勢を強め、実がなりにくくなるので控えめにします。

鉢植えの場合は水やりが必要ですが、それ以外はほとんど放任でも大丈夫です。

遅めの春から初夏にかけて新芽が育ち6〜8月ごろ花が咲き、9〜11月ごろ収穫します。

実の色は最初淡い緑色をしていて、だんだん赤くなり、それを過ぎると褐色になってきます。

収穫が遅くなると水分が抜けてしわが寄ってきます。

もちろんそれも食べられますし、むしろ糖分は凝縮されます。

生食で楽しみたい場合はもう少し手前の色づき始めて少ししたくらいの時期で収穫するのがおすすめです。

鉢の大きさにもよりますが2〜3年に1回、根が回ってきたら、植え替えをします。

ナツメ(棗)栽培の本場である中国の新疆ウィグル地区はゴビ砂漠の中にあり、砂漠という過酷な環境の中でナツメ(棗)の栽培をしています。

ナツメ(棗)は乾燥気味の土を好み、暑さ寒さにも強く、ほとんどと言っていいほど病害虫も気にしなくて大丈夫です。

以前、地植えで日本ナツメを育てていましたが、間違えて草刈りの時に3年目の苗の主枝をざっくり切ってしまったことがありました。

スポンサーリンク
葉の付いている部分も全部なくなって1本の短い棒になってしまったので、枯れてしまうだろうと諦めてその後放置していたのですが、翌年、気がついたら新しい枝が伸びて、何個か実もなっていて驚いたことがあります。

本当にナツメ(棗)は樹勢も強く強健です。

その樹勢の強さからひこばえがたくさん出るのでそれはすべてカットします。

特に接木苗の場合は、接木した場所より下から生えてくる枝やひこばえはカットしましょう。

枝があまりに混み合ったところは落葉期に透かし剪定すると風通し、日当たりを確保できます。

あとは放っておくと樹高がどんどん高くなるので、剪定して好みの高さに整えておけば収穫もしやすくて、樹形も整います。

ナツメ(棗)には鋭いトゲがあるので、手入れをする時には怪我をしないよう気をつけてください。

特に収穫の時は夢中になりがちなので大きな木になっている場合は、手だけでなく顔とかにもトゲが当たらないように注意が必要です。

放任でも実がなるナツメ(棗)

ナツメ(棗)の大実の品種は植え付け後、3年目くらいから実が十分に大きくなってくるようです。

ほぼほぼ放任で実がなりますので、果樹初心者でも失敗なく、鉢植えでも育てやすいと思います。

ナツメ(棗)は健康にもとてもよいので、ぜひ果樹として育ててみてはいかがでしょうか。

2019年9月17日の大実なつめ「皇帝」

Balcofarmで今年入手したなつめ「皇帝」の苗は2年生。

6月から咲いた最初の花は一つも実がならなかったので今年は無理かな〜と思っていました。

ところが、8月になって咲いた花のあと小さな実がいくつもつき始めました。

しっかりした実がなっているので今年確実にいくつかは収穫を楽しめそうです。

どこまで大きくなるか、楽しみです。

スポンサーリンク

2019年10月3日の大実なつめ「皇帝」:実が大きくなってきました。

大実なつめ「皇帝」の実です。

8月に咲いた花の実なので熟して収穫適期になるのは11月初め頃からでしょうか。

今の時点で既に日本なつめより少し大きいです。

少し涼しくなってきて、油断してしまい、なつめの鉢土の水を切らしてしまったら、なつめの実がシワシワになってしまいました。

乾燥に強いため、葉は全然ツヤツヤしていて元気だったのですが、実はシワシワになっていてびっくりしました。

慌てて水をやったら、1〜2日で実のシワが取れて、復活しました。

実が落ちてしまうだろうと思うくらいシワシワになっていたので、なつめの丈夫さに改めて驚かされる結果となりました。

地植えなら心配ないのですが、なつめを鉢植えで育てる場合は、乾燥には強くても、実がなり始めたら、水は切らさずたっぷりやったほうがよいようです。