大実ナツメ皇帝の栽培記録

2019年から育て始めた大実なつめ皇帝の栽培日記、記録です。

上の写真は接木2年生の苗が届いたときの状態です。

この記事は記録なので、文章よりも写真の情報が多くなります。

大実ナツメの育て方は別記事で書いていますので、文末にリンクを貼っておきます。

スポンサーリンク

大実ナツメ皇帝 2019年、初めての結実

苗が届いて最初の年から結構実がなったのですが、落果も多くてこの年収穫できたのは3個くらいだったでしょうか。

でもまだ小さいし、1つの節にそれぞれ1個だけの結実です。

 

大実ナツメ皇帝 2020年、2年目の結実

2年目になって実の数も多くなり、大きさも前年よりひとまわり以上大きな実がなりました。

味もより美味しく。

スポンサーリンク

大実ナツメ皇帝 2021年

年々大きくなる実。

その分可食部も多くなり、食べた感が増してきました。

見た目と持った感じの大きさに満足してしまって、重さを測っていません。

 

大実ナツメ皇帝 2022年の開花、受粉対策もしっかり

この年、冬の間に植え替えをしました。

この木を育て始めてから初めてです。

ずっと8号スリット鉢で育てていて、植え替えも根鉢を崩して古いつちと根を2/3位、思い切って落として同じ鉢に植え戻しました。

だいぶ根を削ったので今年は養生しようと思ったのですが、花がこれまでになくたくさん咲いたので受粉対策もバッチリしたら、9割がたの花に実が。

ただし、この後6月に大風が吹いて、このタイミングで咲いた花の実で残ったのはたったの3個に。

とても残念。

 

ナツメの花は小さいです。

 

スポンサーリンク

大実ナツメ皇帝 2022年、一番花の収穫

わずかに残った3個のナツメ。

写真を撮る前に1個食べてしまいました。

味見したらまだちょっと収穫には早かったです。

この年はこれで終わりと思っていましたが、二番花がこの後、一番花より大きく実ります。

以前小玉スイカを畑で育てていて、2個なっていたのをイタチかカラスに2つとも食べられてしまい、1つも収穫できなかった、と落胆したことがありました。

ガッカリしてつるを片付ける気力もなく、しばらくそのまま放置していたら、全くおんなじサイズ感のものが2個、またいつの間にかなっていて自然の力は偉大だなあ、と思ったことがありました。

なんとなく、いつの間にか二番花が咲いてしっかりと実がなっているのを見つけた時にそのときのことを思い出ました。

スポンサーリンク

大実ナツメ皇帝 2022年、2度目の花の結実

最初の花がほとんど落ちてしまった後、2度目に咲いた花に6個ほど実がなりました。

2度目の花は全部摘花したつもりだったのですが、摘み残しがあったようです。

毎年、最初に花がわーっと咲いた後、しばらくしてからまたポツポツと2度目の花が咲きます。

最初の花ほどの数はないのですが、意外とその花にも実がなって10月ごろになって熟します。

最初のナツメの実がほとんど落ちてしまったので、結局そのままならせておいたら、これまで育てている中で一番大きくて立派な実になりました。

今年5年生になった接木苗、徐々に木の力がついてきたのかもしれません。

スポンサーリンク

大実ナツメ皇帝 2022年、木の成長の比較

毎日見ているので、大して成長してないように思っていましたが、記事冒頭の写真と比べるとそれなりに成長して、しっかりしてきたのがわかります。

あまり大きくしたくなくて、ずっと8号鉢で育てていますが、2年後には10号鉢に鉢増ししようかと考えています。

鉢増ししないせいなのか、木の成長はゆっくりでほとんんど枝を切ったことがありません。

もうちょっとたくましい新枝が出て欲しいところです。

数は少なくても毎年必ず実を収穫できていますし、年々実が大きくなってきたので水切れを起こさないためにも鉢増したほうがよさそうです。

スポンサーリンク

大実ナツメ皇帝 2022年、収穫までもう少しです

実の方もだいぶ大きくなりました。

大きいものは、ピンポン球より大きくなっていて、明らかに一番花より大きいです。

この年のナツメの実はこれまでのような楕円というよりもピンポン玉のように丸っこい実がなっています。

うっすら黄色味を帯びてきているので、あと1〜2週間のうちに収穫になると思います。

わずかに赤褐色の部分が出てきたくらいで収穫してみようと思います。

 

大実ナツメ皇帝 2022年、色づいてきました

1つ前の写真から2週間後です。

大実ナツメ皇帝の実が色づいてきました。

ナツメの実が傷ついて褐変したような色に見えるのですが、毎年こんな感じに色づきます。

もう少し色づいた部分が増えてきたら収穫します。

今年は実が大きくてわかりやすいので、水分が抜け始める前のタイミングをよく観察してみようと思います。

スポンサーリンク

大実ナツメ皇帝 2022年、二番花の収穫

毎日触ってみて水分が抜けていないか確認していました。

写真は1つの実のへた側(左)と下側(右)です。

ナツメはこんなふうにまだらに色づいてきます。

1つ前の写真から4日後、わずかに下の色づいた部分の水分が抜け始めていたので収穫しました。

たて4cm、横4.7cm、重さ36g、おそらく今年の最大果です。

年々大きくなってきているので、鉢増しするのも楽しみです。

 

大実ナツメ皇帝 2022年、完熟の色

この年になった大実ナツメの実の最後の一個です。

シワシワになってもいいから完全に着色させようと樹上に残しています。

この一個はまだ水分も抜けてないみたいです。

気温が低くなってきたからでしょうか。

完熟させて冬に参鶏湯の干しナツメとして利用するか、やっぱり生食するか、迷います。

 

大実ナツメの味、普通のナツメと何が違う?ナツメの育て方と味、効能効果
大実ナツメの味と、一般的なナツメの育て方をこれから育ててみたい方の参考材料に紹介します。 大実ナツメに興味があり、皇帝という品種を育てています。 ナツメ(棗)はクロウメモドキ科の植物で、庭木として植えられる丈夫な...

 

ナツメの実がならない原因と対策、ナツメの育て方で間違いやすいポイント
ナツメの実がならない原因と対策について紹介します。 ナツメは丈夫で育てやすいと言われていますが、特に大実ナツメの場合は実がならない、実がなってもせっかくなったナツメの実が落ちることがあります。 日本では古くからなつめの木...

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました