アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根の栽培セットを元気に育てる方法

スポンサーリンク

アマリリスの球根はそのまま売られているものの他に、上の写真のようにプラスチックポット植えになった球根のアマリリス栽培セットの形で売られているものがあります。

ポット植えのアマリリスはそのまま水さえやれば花を楽しむことができますが、アマリリスの球根にとってはあまり嬉しい環境ではないため、ひと工夫手をかけた方がよりしっかりと育ちます。

この記事ではアマリリスのポット植え球根を育てるときにちょっとだけ手を加えてより元気に育てる方法を紹介します。

スポンサーリンク

アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根①中身を必ず確認する

ポット植えアマリリスは観賞用に土がこぼれないよう上部にに蓋がついています。

説明書にはそのまま水をやれば大丈夫と書かれていますが、中がどうなっているかは一度蓋を開けて確認したほうがいいです。

理由1:ポットの中でアマリリスの球根の位置や土の入り具合が偏っている場合がある。

理由2:アマリリスの根や球根が痛んでいる場合がある。

この二つの理由から蓋を開けて中の球根を取り出し、確認することをお勧めします。

アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根②ポットの中の状態

アマリリス球根の入ったポットの中はこんな風になっています。

用土はピートモス100%。

大きくて立派なアマリリスの球根が入っています。

ポット植えアマリリス球根の栽培セットは球根だけの形で売られているものより価格が高めですが、アマリリス栽培の本場、オランダからの輸入品なので球根の大きさは折り紙付きです。

ただし、このままでは球根を育てるには用土が少ないですし、ピートモスだけではアマリリスの球根のその後の成長は望めません。

どうすればよいかはこの後で紹介します。

スポンサーリンク

アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根③球根を抜き取ってみる

ポット植えアマリリス球根はまだ発根していないので、水やりを開始する前に球根を抜き取って、球根の上部だけでなく、根っこ側の部分も確認します。

このとき古くてスカスカになった根は取り除いてやりましょう。

古くなった荒皮も取り除くと球根の状態を確認しやすいです。

特にアマリリスの球根を触ってぶよぶよしているようなら、外側の皮を外して中の部分に異常がないか確認します。

上の写真は残念ながら部分的に腐っているアマリリスの球根です。

触ってみると結構ぶよぶよしているので、このまま植えても今年は花が咲くかもしれませんが、その後アマリリスの球根は丸ごと腐ってしまって枯れる可能性が高いです。

アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根④痛んでいたらその部分は取り除く

もしもアマリリスの球根が傷んでいたら、その部分は綺麗に取り除きます。

アマリリスの球根は丈夫ですので、このくらいの大きさがあれば削り取ってもまた成長することができます。

その場合、球根のダメージが回復するまで花を咲かせることはできないかもしれませんが、枯れることはないでしょう。

切り口は乾燥させるためしばらくこのまま置いて、切り口が完全に乾いてから土に植えます。

スポンサーリンク

アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根⑤用土を調整する

もともと入っていたピートモスを別の入れ物に取り出し、赤玉土を同量加えよく混ぜます。

ピートモスは有機質ですが、乾いた状態だと水を弾き、湿っているときは逆にしっかり水分をため込む性質があります。

アマリリスは乾燥気味に育てる必要があるので、水に湿りやすく通気性がある赤玉土を加え土のバランスを整えます。

この土をプラスチックポットの底に2〜3cm入れます。

そこに元肥となる肥料を適量加え、その上にまた用土を入れていきます。

肥料はアマリリスの球根を太らせるため、リン酸、カリが主体の肥料を加えます。

最初の状態よりも土を上まで入れて、球根はポットの縁より高くなるよう浅く植えます。

こうすることで完全に埋まっていたアマリリスの球根の体積分、土をより多くポットに入れることができます。

赤玉土を足しているので土の分量はちょうどよいと思います。

アマリリスの球根は半分くらいが土の中に埋まっていれば十分です。

アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根⑥蓋は使わない

ポット植えアマリリス球根の栽培セットには写真のような蓋がついています。

真ん中に穴が開いていてそこから葉や花茎が出るようになっています。

翌年、花を咲かせるつもりがなければ土も少なく最初の状態のまま蓋をして育ててもいいのですが、翌年も花が咲くよう元気にアマリリスの球根を育てたい場合、花が咲いた後に球根をもう少し大きなポットに植え替えたりします。

このとき、成長した葉や花茎は大きくなるのでこの蓋が邪魔になって外せない、外すときに葉を傷つけてしまう、ということになるので、蓋は最初から外して育てたほうが無難です。

このプラスチック鉢で土をたくさん入れてアマリリスの球根を植えた場合も蓋は閉められなくなりますので、蓋は利用しないで育てるのがお勧めです。

スポンサーリンク

アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根⑦球根の植え付け完了した状態

アマリリスの球根をプラスチック鉢に手を加えて植え直した状態です。

こんなに立派なアマリリスの球根がポットの中にすっぽり入っているということはもともとの土の量がどれほど少しか、よくわかると思います。

プラスチックポットは大体5号鉢くらいの大きさです。

この状態なら肥料も入った状態で、土も増やしていますので、花後も植え替えしなくてもこのまま今シーズンは育てることができるでしょう。

理想としては花が咲き終わったらもうひとまわり大きな鉢に植え替えてしっかり球根を太らせるようにするのがお勧めですが、ポット植えアマリリス球根の栽培セットの手軽さを活用するなら、このくらいでも十分だと思います。

秋に葉が黄色く枯れてきたら、休眠させて、翌年の春に備えてくださいね。

アマリリスの育て方、休眠方法などについては下記の記事で紹介しています。

アマリリスの育て方、鉢植えの方法と球根を太らせる花後の手入れで花が毎年咲く方法とは?

アマリリスの育て方、クリスマスに花を咲かせる開花促進方法と球根の増やし方とは?

アマリリスの育て方、花が咲かない、花茎が短い、その原因と対策

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする