アマリリスの育て方、花が咲かない、花茎が短い、その原因と対策

スポンサーリンク

アマリリスの育て方や増やし方はやさしく、初心者の方でも簡単に花を咲かせることができますが、たまに花が咲かない、あるいは花茎がとても短くなってしまう、という方がいます。

アマリリスの基本的な育て方は別記事で紹介していますので、この記事ではこれらの二つのお悩みについて、その原因と対策について紹介します。

スポンサーリンク

アマリリスの育て方①花が咲かない原因、1年目

アマリリスの球根はお店で売られているものは植え付け後1〜2ヶ月で花が咲くように開花促進処理が施されていますので、最初の年はよほどの悪条件を加えない限り植え付けて水やりすればほぼ花が咲きます。

ただしアマリリスは寒さに弱く5℃以下になると球根が枯れてしまいます。

花を咲かせるには20度前後の温度が必要です。

アマリリスの球根は10月、11月ごろから出回りますので、この時期に購入した場合は室内の暖かい場所、日当たりのよい窓辺で育てます。

アマリリスの育て方②花が咲かない原因、2年目以降

アマリリスは上記のように1年目はよほどの悪条件でない限り花が咲きます。

1年目に花が咲いた後、2年目以降には花が咲かない、ということがあります。

その原因は、翌年も花を咲かせるための養分が十分に球根に蓄えられていないことが挙げられます。

植物にとって花を咲かせることはとても体力を使うことです。

花が咲いた後は、しっかりと翌年以降も花を咲かせるための養分を蓄えられるよう手入れをする必要があります。

最初の年は花が咲き、その後葉が育ってきますので花が終わった後も水やりや追肥をして、たっぷりお日様に当てることで葉を大切に育てます。

一つの球根に4枚以上の葉があれば花芽が形成されると言われています。

たくさんの充実した葉を育てることができれば、球根が大きく太って、翌年にはアマリリスの花芽を2本、3本と出させることができます。

花後の水やり、追肥、日当たりが翌年もアマリリスの花を咲かせる大切なポイントです。

スポンサーリンク

アマリリスの育て方③花茎が短い

ごくたまにアマリリスの球根を買った最初の年にもかかわらず、アマリリスの花茎が短い、ということがあります。

これはアマリリスの球根の植え付け方に原因があります。

アマリリスは通常草丈、花茎が40〜50cmの高さになります。

アマリリスの中でも小型のものがあるのですがそれでも草丈30cmくらいにはなります。

ところが地上部に10cmとか15cmとか、非常に短い花茎の状態で花が咲くことがあります。

これはアマリリスの球根の植え付けの深さに原因がある場合があります。

よく知らずにアマリリスの球根をすっぽりと土に見えなくなるくらい深く埋めてしまうとアマリリスの花茎が十分に伸びず、まるで大きなクロッカスやコルチカムのようになってしまいます。

アマリリスの球根は、上部の1/3から半分は土の上に出ているようにごく浅く植え付けます。

実際に育てている人の写真を見ると、球根の半分以上が地上部に出ているような状態で育てているのもよく見受けられます。

アマリリスの球根は浅く植え付ける、ということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

アマリリスの育て方④葉が折れてしまう

アマリリスの葉が折れるのは日照不足などで徒長した場合に起こります。

球根を植え付けて以降、アマリリスは乾燥気味に管理して日当たりのよい場所で育てるのが大切なポイントです。

水やりは1週間に1回程度、土の表面が完全に乾いてから水をやります。

また日当たりは最低でも1日のうち3時間以上しっかりあたる場所で鉢を管理します。

こうすることで徒長を帽子し、充実した葉を育てればアマリリスの葉が途中でくったりと折れてしまうことがなくなるでしょう。

アマリリスの育て方⑤毎年花を咲かせるには球根を太らせるのがポイント

アマリリスの花が2年目以降に咲かないのは球根の体力不足がほとんどの場合の原因です。

アマリリスの葉は最低4枚育てば花芽がつくと言われています。

花が終わるとなんとなくそれで満足してしまうのではなく、葉をしっかり育てて、マリリスの花が翌年も咲くだけの養分を十分に蓄えられるようにしましょう。

アマリリスの育て方関連記事

アマリリスの育て方、鉢植えの方法と球根を太らせる花後の手入れで花が毎年咲く方法とは?

アマリリスの育て方、クリスマスに花を咲かせる開花促進方法と球根の増やし方とは?

アマリリスの育て方、ポット植えアマリリス球根を元気に育てる方法