ブルーベリーの挿し木で苗を増やす方法、失敗と成功の分かれ目は何?

スポンサーリンク

ブルーベリーは挿し木で増やせる家庭果樹としても人気のフルーツです。

ブルーベリーの挿し木は簡単、という情報もあるようですが、これまでに紹介しているいちじくやバラ、ゼラニウムの挿し木と比較すると失敗することも多く、やや難易度が高いと思います。

基本的なブルーベリーの挿し木の方法と、成功と失敗の分かれ目と思われるポイント、ブルーベリーの挿し木が他と比較して難しいポイントについて紹介します。

スポンサーリンク

ブルーベリーの挿し木の時期

ブルーベリーの挿し木は気温が25度以下の時期が適しています。

7月から9月は気温も高く、特にラビットアイ系統のブルーベリーはその時期はブルーベリーの実がなっている時期なので挿し穂の剪定にも向かない時期になります。

また、ブルーベリーは真冬は落葉して休眠しますので成長が望めないため、この時期もブルーベリーの挿し木は避けるのが賢明です。

ブルーベリーの挿し木の方法は2つ

ブルーベリーの挿し木の方法は2つあります。

冬場に休眠しているブルーベリーの枝を切って春先に挿す休眠枝挿しと、春や秋、葉が青々と茂っている時期に枝を切って挿す緑枝刺しです。

ブルーベリーの休眠枝挿しは落葉後に剪定した枝を乾かないように保湿して低温貯蔵しておいて春先に挿すか、春、ブルーベリーの芽が動き出す前、ギリギリのところで枝を切って挿す形になります。

ブルーベリーの枝を保存する場合はよい状態で保存しておかないと発根率が下がるので、おすすめは春先に枝を切ってすぐに挿す方法かと思います。

緑枝挿しも枝を切ってすぐにさせるので、ブルーベリーの挿し穂の鮮度がよい状態で挿し木ができますし、初めての方にはやりやすいと思います。

スポンサーリンク

ブルーベリーの挿し木の穂木の調整

ブルーベリーの挿し木用の穂木は10cmくらいの長さに切り、上の方の葉を2〜3枚だけ残して、他の葉は取り除きます。

土に挿す方の切り口はよく切れる刃物で斜めに切ります。

丁寧にやるなら、斜めに切ったあと反対側からも斜めに切り、くさび形になるようにします。

こうすることで樹皮近くにある形成層の表面積を増やし、発根を促します。

切り口の組織を壊さないように切れ味の良いカッターや切り出しでカットすることで成功率が高まります。

ブルーベリーの挿し木の土

一般的にブルーベリーは酸性土壌で育てますので挿し木の用土も酸性であることが望ましいと言われています。

ピートモス100%で挿し床にするか、ピートモスと鹿沼土を1:1の割合で混ぜて挿し床にするのが一般的です。

一方で、最近はブルーベリーを育てる土の酸度よりも通気性の方が大事で、ピートモスは酸性だけど、通気性が悪いのでピートモスが多い用土は実は好ましくない、という考え方も出てきています。

その場合、通気性を確保するために、ココピートをピートモスと混ぜたり、中にはピートモスを使わずココピートと鹿沼土、あるいはココピートやハスクチップを主体にした用土を使うような考え方も出てきています。

スポンサーリンク

ブルーベリーの挿し木の実験

Balcofarmはブルーベリーの挿し木は苦手で、今まであまり積極的にはやってこなかったのですが、今年は時間に余裕があったこともあって、ブルーベリーの挿し木の腕をあげようと練習と実験をしてきました。

Balcofarmの場合は、ですが、ピートモスを多く使うとなかなかうまく発根させられないので、他の用土をいくつか試してみました。

数をこなすことでコツが掴めておそらくピートモスでも問題なく発根させられるようになると思います。

実際ピートモス100%で問題なくブルーベリーの挿し木をしている方もたくさんおられるので、単にBalcofarmがブルーベリーの挿し木が苦手、ということなのですが。

で、実験の方ですが、上の写真、黄色いのは酸性の鹿沼土100%です。

それから小さな鉢で黒っぽい土はココピート100%、これは酸性でもなんでもなく、栄養分を含まないココヤシの繊維です。

右上の大きな鉢の挿し木用土は、ココピート2、ピートモス1、くん炭1の割合で混ぜた配合度です。

ピートモスを入れるので腐敗防止にくん炭を加えてみました。

大きな鉢は11月になってから挿したので発根はまだまだ先、来年になってからになると思います。

他の小さな鉢は6月頃に挿し木したブルーベリーです。

いずれもラビットアイ系の品種です。

スポンサーリンク

ブルーベリーの挿し木の新芽展開の様子

6月に挿し木したブルーベリーです。

挿し木したあと、全くうんともすんとも変化がなく、新しい葉も出てくることなく、という状態が長く続きました。

約半年の間に2〜3割ほど枯れてダメになったのですが、残ったものは枯れることはないものの、新しい葉が展開することもなくまったくといっていいほど変化がなく、もう処分してしまおうかと思ったこともありました。

12月になって、ようやく、挿し穂の元のところから新芽が出てきました。

ブルーベリーの挿し木の発根の様子

上の鹿沼土100%で新芽が展開したブルーベリーの挿し木の鉢底の様子です。

細くて白い根が鉢の外まで伸びているのが確認できます。

発根しているので、小さな根鉢ができるようにこのまま大切に管理していけばしっかりとして、成長を初めてくれます。

ブルーベリーの根は細根が浅くはるので、発根しても挿し木苗がこのように小さいうちは根を痛めないように特に丁寧に扱う必要があります。

これもブルーベリーの挿し木が難しい理由の一因になっていると思います。

ブルーベリーの挿し木は発根するまで2〜3ヶ月かかるのが一般的です。

バラは1ヶ月程度で発根しますし、いちじくなんかは暖かい時期だと2〜3週間で発根しますので、それと比較するとブルーベリーの挿し木はかなり時間がかかります。

その間、挿し穂の切り口を腐らせないように管理しなければならないので、他の植物の挿し木よりもやはり挿し穂がダメになる可能性も高いです。

このブルーベリーの挿し木が動き始めるまでに半年かかったのはおそらく夏場も日のあたる窓辺の近くに置いていたからだと思います。

気温の高かった時期の約2ヶ月間を差し引くと6月、10月、11月で約3ヶ月ほどになります。

日陰で管理していればもしかしたらもっと早く発根していたかもしれません。

スポンサーリンク

ブルーベリーの挿し木の新芽展開には注意が必要

これは11月に挿し木したブルーベリーです。

小さな脇芽が展開していますが、挿してすぐに展開してくる新芽には注意が必要です。

これはブルーベリーの挿し穂の枝に蓄えられている栄養分で芽が出ている状態で、まだ発根はしていません。

新芽が成長を始めたので根付いた!と思って挿し穂を動かしてしまうとうまく活着しなくなるので、気をつけましょう。

挿し木にしてすぐ葉が展開しても、いったんそこで成長は止まります。

ここでじっと我慢して、しばらくすると再び脇芽が伸び始めます。

この二回目の成長が始まったらほぼ発根していると思って間違いないでしょう。

最初の新芽の展開で、根付いたと思ってしまうのも、ブルーベリーの挿し木の失敗のポイントになります。

ブルーベリーの挿し木は一度挿したら3ヶ月はじっと我慢です。

スポンサーリンク

ブルーベリーの挿し木の水やり

ブルーベリーは水が大好きなので、鉢植えは土を乾かさないように真冬以外は水を毎日やります。

特に夏場は1日2回やります。

ですからブルーベリーの挿し木も水をたくさんあげた方がよいだろうと、水をやりすぎると根がなく、切り口が剥き出しの挿し穂は腐ってしまいます。

挿し穂がダメになると土に挿している部分が上の写真のように茶色く傷んできます。

こうなったら、復活しようがないので、他の挿し穂に影響が出ないように早めに傷んだ挿し穂は抜き取るようにします。

最初にブルーベリーを挿し木にするときにたっぷり水をやったら、それ以降は土の表面が乾き始めてから水をやるくらいでよいようです。

ピートモスは一度乾いてしまうと水を弾いて吸わなくなる性質があるので、ブルーベリーの挿し木をする場合には少し扱いにくいかもしれません。

ブルーベリーの挿し木にピートモスを使うなら、鹿沼土やココピートと混ぜて、ピートモス以外の用土が、乾いても水を吸ってくれるように調整しておくのがおすすめです。

Balcofarmでは、水をやりすぎていたのかもしれませんが、鹿沼土とピートモス1:1、ピートモス100%の用土ではどうもブルーベリーの挿し木を腐らせてしまうので、少し違う用土の配合でブルーベリーの挿し木をいろいろ試しています。

スポンサーリンク

ブルーベリーの挿し木に適したタイミング

これまでのブルーベリーの挿し木の練習、実験から、ブルーベリーの挿し木をするタイミングは夏になる前に発根を期待できる2月末か3月初めか、冬になる前に3ヶ月の期間を取れる9月頃にに挿し木をするのが、一番発根させるのによいタイミングだろうと思います。

この記事を書いているのは12月ですので、これからしばらくは温室でもない限りブルーベリーの挿し木には向かない時期になります。

次のチャレンジは2月から3月頃ですので、そこでまたブルーベリーの挿し木の成功率をあげられるようにやってみたいと思います。

ちなみに6月に試したココピート100%のブルーベリーの挿し木も鉢底から発根を確認できました。

ピートモスでも鹿沼土でもなく、酸性ではない用土でも発根させられたのは新たな発見でした。

来年の春に向けて鉢植えのブルーベリーの植え替えをする時、今回はピートモスの割合を3割ぐらいに減らして、ピートモスの欠点になる通気性と乾いたときの吸水性を確保するためにココピートを多めに混ぜてみようと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする