コールラビ栽培はプランターでできる!紫のコールラビも育て方は同じでいいの?

スポンサーリンク

コールラビ栽培の方法をある時、地元の自治体主催の趣味の園芸講習会で習いました。

紫と緑のコールラビの写真(上)はその時にもらったコールラビの苗をプランターに植えて育てたものです。

秋の植え付けだったので栽培は意外と簡単で、あまり手もかからず紫と緑のカラフルなコールラビが収穫できました。

コールラビはあまり流通していない手に入りにくい野菜ですので栽培方法を紹介します。

コールラビはどんな野菜?

コールラビはキャベツやカブと同じアブラナ科の野菜です。

あまりお店で売られておらず比較的お目にかかることは珍しい野菜です。

キャベツのように葉が結球したりカブのように根が太るのではなく茎の部分が肥大する珍しい野菜です。

コールラビは栄養素としてはキャベツと同じような成分を含んでいて、生でスライスしてサラダや炒め物にしたり、茹でて食べても美味しいです。

ブロッコリーの茎をもう少し柔らかくしたような食感で、ほんのり甘みがあります。

スポンサーリンク

紫のコールラビと緑色のコールラビ

同じアブラナ科のキャベツに紫キャベツと普通の緑色のキャベツがあるようにコールラビも紫のコールラビと緑色のコールラビがあります。

紫のコールラビも緑色のコールラビも栽培方法は同じです。

実際に紫と緑のコールラビの苗を同じプランターに植えて同じように育てましたが育つスピードも、育った大きさも同じでした。

コールラビは春まき栽培、秋まき栽培どちらでも育てられますが農薬を使わないで育てるにはやはり秋まき栽培の方が育てやすいです。

アブラナ科でキャベツによく似たコールラビは青虫やヨトウムシなどに狙われやすいのです。

コールラビの栽培は種まきか、苗を買って育てることができます。

ただしコールラビは苗を育てて定植してから2ヶ月くらいでの収穫になります。

栽培期間が比較的長く土の少ないプランター栽培の場合は肥料切れを起こしやくなりますので苗を買って育てた方がよいかもしれません。

初期の苗がしっかりしているほどその後の生育が安定してしっかり肥大します。

コールラビ栽培用土・種まき・定植

コールラビ栽培に必要なプランターのサイズは65cmの標準サイズ。

このサイズのプランターで最大6株程度のコールラビ栽培ができます。

日当たりを好みますが午前中3時間程度しか陽が当たらない場所でも十分に育ちました。

コールラビをプランター栽培する場合、新しく買った培養土を使うなら、そのままで大丈夫ですが、土を再利用する場合は2週間前には石灰を混ぜて土の酸度を調整しておきます。

植え付けの1週間前にはどちらの場合は土に元肥を施してよく混ぜておきます。

コールラビはアブラナ科の野菜ですがアブラナ科の野菜は連作を嫌います。

前にアブラナ科の野菜を育てた土は使えませんので注意しましょう。

キャベツ、小松菜、ルッコラ、大根、カブ、菜花などがアブラナ科の野菜です。

コールラビをプランター栽培する場合、種をまいても育ちの悪い苗にあたってしまうとそれ以上どうしようもないので、種まきから育てる場合は小さなポットに種を数粒多めにまいて、間引きしながら育苗して育てます。

よく育ったコールラビの苗を選んでプランターに定植するようにしましょう。

本葉5〜6枚が定植の目安です。

コールラビがそこまで育つのに1ヶ月くらいはかかると思います。

コールラビを種から栽培する場合は8月〜9月初旬までには種まきするようにします。

気温が高い時のキャベツ類の育苗は遮光したり、涼し場所で育てる必要があるので、難しければ苗を買った方がいいでしょう。

苗を買う場合は9月中旬〜10月初めには定植しましょう。

しっかりしたコールラビの苗を定植すれば失敗がありません。

スポンサーリンク

コールラビのプランター栽培:肥料について

コールラビは双葉が出て本葉がで始めた頃から週1回は液肥を水やりの代わりにあげましょう。

本葉2〜3枚で3本立ちに間引きます。

間引いた後にコールラビの株元ではなく周囲の土に少し追肥をします。

コールラビの種を直接プランターにまいた場合は本葉5〜6枚で一本立ちにしますので、この時にも追肥をします。

同じく本葉5〜6枚でコールラビをプランターに定植する際にはプランターの土に元肥を準備して施してあれば植え付け時の肥料は必要ありません。

コールラビの茎が太り始めたら水やり・下葉の葉かきに注意

定植から2週間くらいするとコールラビの茎が少しずつ太り始めます。

こうなったら軽く追肥をして水を切らさないようにしましょう。

コールラビが大きく育ってくると葉からの蒸散が盛んになりますので、プランターの土が乾燥するペースが早くなり、これまでの水やりのペースでは間に合わなくなります。

水が切れると茎の太りが悪くなり、硬くなってしまうので注意深く見守って土の表面が乾いたらたっぷりと水をやりましょう。

また下から数枚の葉をかきとります。そうすることでコールラビの茎が肥大するのを促進します。

スポンサーリンク

コールラビの収穫

コールラビの茎が6cm前後になったら収穫します。あまり大きくなると硬くなってしまいますので注意が必要です。コールラビを適期に収穫したものは皮も柔らかく食べられます。

もし皮が硬ければその部分の皮をむいて食べます。

コールラビの皮の部分には香りと旨味が詰まっていますので皮が柔らかいうちに収穫して丸ごとをいただきましょう。

コールラビを収穫したら葉を捨てないで!

収穫したコールラビは水分が抜けないようにまずは茎元で葉を切り落とします。

切り落としたコールラビの葉の部分は捨てずに炒め物や味噌汁の具に利用しましょう。

コールラビだけではなく、キャベツやブロッコリーもそうなのですが、キャベツ系統の野菜の外葉の柔らかい部分はビタミンやミネラルも豊富な栄養野菜として美味しく食べられます。

ケールのように野菜ジュースにすれば最高ですし、炒めれば滋養がたっぷりの野菜です。

火を通すことで青臭さが抜けて甘みと旨味がいっぱいに感じられます。

コールラビのおすすめレシピはサラダ?炒め物?それとも味噌汁?

コールラビは癖のない野菜です。

生でサラダも美味しいですし、火を通してあま味が引き立ったものもとても美味しいと思います。

コールラビのサラダ

コールラビを皮ごと千切りにしてコールラビの重量の1%ほどの塩で軽くしんなりさせます。

あまり塩を入れてしまうとせっかくのコールラビの栄養がみんな流れ出てしまいますのでほんのり塩味がついてそのまま絞らなくても食べられるくらい薄味にします。

1%の塩でもコールラビが十分にしんなり柔らかくなります。

コールラビだけの状態でレモンを絞って、オリーブオイルをまわしかけても美味しいですし、人参の千切りと合わせても色合いが美しく、両者の甘みで美味しいサラダになります。綺麗です。

コールラビをツナとマヨネーズであえて黒胡椒を利かせたものに、イタリアンパセリを刻んであえても香りよく美味しいサラダになります。

味にクセがなくほんのり甘味がありますのでどんなものにもよくあいます。

スポンサーリンク

コールラビとベーコンの炒め物

コールラビ1個の茎のところは5mmほどのくし切りにします。

コールラビの葉の部分も一口大の大きさに切っておきます。

ベーコンの薄切り2〜3枚は5mm幅に切ります。

フライパンにオリーブオイルを小さじ1入れて弱火でベーコンを炒めます。

ベーコンから油が出てきたら一気に強火にして、コールラビの茎の部分を入れてさっと油が全体に回るように炒めます。

油が回ったところでコールラビの葉も加えて塩コショウで味を整えます。

器に盛ってから熱々のところにオリーブオイルを小さじ1/2〜1杯、まわしかけていただきます。

このレシピの一番のコツはコールラビに強火で短時間で火を通すこと。

シンプルですがとれたてのコールラビの味を堪能するのにとても美味しいレシピです。

コールラビと油揚げの味噌汁

コールラビはキャベツの仲間ですから、油揚げとお味噌汁にするととても美味しいです。

大きめのコールラビ1/2個で2人前くらいのお味噌汁になります。

出汁をとり、5mmのくし切りにしたコールラビを入れてコールラビが柔らかくなるまで火を通したらお好みの分量の味噌を溶かします。

味噌が十分に溶けたら、3〜5mm幅に切った油揚げ1/2枚を加えて沸騰直前で火を止めます。

油揚げは刻んだものをオーブントースターで軽く焦げ目をつけてから加えると、カリッとした食感も楽しめます。

味噌の塩味とコールラビのほんのりとした甘味がとてもよくあいます。

コールラビのプランター栽培は簡単

コールラビは茎を肥大させるので、プランターで栽培するのは難しいかな、と初めは思っていたのですが、栽培はとても簡単で定植後は勝手にどんどん茎の部分がころっとしたきれいな球形になっていきます。

とても立派な球形のコールラビが標準サイズのプランターで収穫できたのもちょっとしたオロドキでした。

コールラビの紫と緑の品種を両方一緒に育てると、成長のスピードもほぼ一緒ですし、並んで大きくなっていく姿はとてもきれいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする