春菊のレシピ、人気のおひたし・胡麻和え・白和え。大葉春菊が向いてるのはどれ?

スポンサーリンク

春菊の人気レシピと大葉春菊を紹介しています。

春菊は冬が旬の葉野菜です。

春菊の独特の香りを楽しむおひたしや、胡麻和え、白和え、天ぷら、サラダ、色々なレシピで楽しむことができます。

香りが強く、品種によっては春菊特有の苦味というか味を嫌う人もいますし、それが美味しい、という人もいます。

上の写真は栽培中の大葉春菊の間引き菜です。

関東ではあまり見かけない大葉春菊を人気のレシピと一緒に紹介します。

大葉春菊は葉の形が切れ込みが少なく幅広の葉

関東では春菊は葉に切れ込みがあり、縦に茎が伸びる中葉春菊の品種がよく栽培されています。

西日本では切れ込みの少ない、葉が広い大葉春菊がよく見られます。

大葉春菊は幅広の葉が横に育って株が広がります。

脇芽もよく育ちますがそれも茎は短いので比較的株が詰まった感じになります。

大葉春菊の葉の形は切れ込みが小さく、幅広の葉で厚みがあり、春菊特有の香りや苦みがマイルドなのでサラダにするとコクがあってとても美味しいです。

大葉春菊の実物を初めて見たとき、品種が違うと知らずに、

「立派な春菊だな〜、

肥料とかどうやったら

あのいつもの春菊が

こんなに幅広の葉に

立派に育つんだろう?」

とずいぶん考えたものでした(笑)

あるとき大葉春菊という名前の種を売っているのを見て、種類が違うことを知りました。

その年の秋には早速プランターに大葉春菊の種をまいて育てて、確かに幅広の葉が育つことを身をもって体験して、大葉春菊の幅広の葉を食卓でサラダにして楽しみました。

初めて大葉春菊の葉を食べたときは、マイルドでコクがあり、ちょっとした感動がありました。

関東でよく見る中葉春菊と少し食感も違うのでレシピも色々使い分けて楽しみましょう。

スポンサーリンク

春菊の茎の歯ごたえを楽しみたいなら中葉春菊を

中葉春菊は葉と茎を食べる感じがありますが大葉春菊は茎があまり伸びないので葉を食べる感じです。

春菊の歯ごたえを楽しむようなレシピの場合は中葉春菊がオススメです。

レシピを工夫して食べれば大葉、中葉、それぞれの春菊の特徴、よさを生かすこともできてより美味しく、しかも栄養をたっぷりとることができます。

春菊にはカロテンが豊富に含まれていますが、カルシウムやマグネシウムのほか鉄分も100g中に1.7mg含んでいますのでぜひ積極的に取りたい野菜です。

春菊の葉のふわっとした柔らかさを楽しむレシピなら大葉春菊を

大葉春菊の葉は幅広肉厚で、香りや苦味が中葉春菊に比べてマイルドです。

生でサラダにしても柔らかくて美味しいです。

春菊の葉は大葉春菊も中葉春菊もとても柔らかくふわっとしていますが特に春菊のやわらかい食感を楽しむレシピの場合には大葉春菊を使うと肉厚幅広の葉の旨味が口の中に広がり抜群です。

どちらもそれぞれの春菊らしさがありますのでレシピで使い分けるといいですね。

春菊のレシピ、人気のおひたしのゆで方

料理は食べる人の好みに合わせて作るのが一番美味しいのでここで紹介するレシピは参考程度に、ご自身で好みの味にアレンジしてご自分のためのレシピ、見つけてくださいね。

春菊のおひたしは言わずと知れた人気レシピです。

まずは春菊はよく洗って軽く水を切ります。

鍋にたっぷりの湯を沸かして、塩をひとつまみ入れます。

春菊は切らずに、長いまま茎の方下半分を湯に入れて、30秒程度先に火を通します。

その後葉の部分まで湯に浸してこちらはさっと湯にくぐらせる程度で引き上げます。

春菊の葉はすぐに柔らかくなります。

ゆでるぎるとクタクタになってしまうのでなるべくさっとゆでましょう。

特に中葉春菊は茎の部分を先に火を通すようにします。

大葉春菊は中葉春菊に比べて茎が短くそのぶん葉が詰まっているので

最初から全体を湯にくぐらせ、さっと火を通します。

ゆでたら春菊を素早く水にくぐらせ粗熱をとった後、軽く絞って食べやすい大きさに切りそろえて器に盛ります。

おひたしを美味しく作るコツは、茹で上げた後の余分な水分の絞り方にあります。

しっかり絞ったほうがいい、と思いがちですが、あまりぎゅーっとカチカチに絞ってしまうと、野菜の成分を必要以上に搾り取ってしまいますし、せっかくの葉の柔らかさが台無しになってしまいます。

また固く絞りすぎると上からかける醤油やだし割醤油も春菊に染み込まず、表面を流れてお皿の底に直行です。

絞るというより程よく押さえて水気を切る感じ、といったら伝わるでしょうか。ご自分にあった絞り具合を見つけてくださいね。

春菊のおひたしに限らず料理はどんなものでもシンプルなレシピほど、こういったちょっとしたところで出来上がりにはっきりと違いが現れます。

箸で取るときにほろっと崩れるくらいを目安にするのがオススメです。

鰹節をかけて醤油をまわしかけていただきます。

スポンサーリンク

中葉春菊にオススメの人気レシピ、簡単さっぱり胡麻和え

胡麻和え、といっても手間もかからず簡単に作れて、中葉春菊の茎の香りのよさを楽しむレシピです。

中葉春菊1束をおひたしの要領でさっとゆでて食べやすい長さに切ります。

ゆで方は軽めにして少し茎の歯ごたえがあるほうが美味しいと思います。

ゆでて切った中葉春菊そばつゆを天つゆ程度の味に薄めたもの 1/2カップ、すりごま 大さじ1〜2をボウルでざっくり混ぜ合わせ器に盛り付けます。

練りゴマのような濃度のある胡麻和えではなく、だしつゆでさらっと煮びたしのような味付けで、すりごまをあえるあっさりした胡麻和えです。

すりごまも天つゆも市販のもので、簡単に作れるので人気のさっぱりレシピです。

大葉春菊にオススメの人気レシピ、ふわっと柔らかな春菊の白和え

和食で青菜をいただくのにおひたし、胡麻和え、白和えは人気の定番レシピですよね。

お豆腐の白くて柔らかい食感の白和えには大葉春菊の葉のふわっとした柔らかさがよく合います。

大葉春菊 1束

ゆずの皮 少々

豆腐1/2丁

酒粕 豆腐の半量

砂糖、お好みの味噌 各大さじ1

塩適量

スポンサーリンク

大葉春菊をおひたしの要領でさっとゆで、水気を切ります。

贅沢にするなら、茎の部分を外し、葉だけを一口大に切ります。

ボウルに春菊以外の材料を入れよく混ぜます。

酒粕が水分を吸うので豆腐は水切りしなくて大丈夫です。

味噌はあれば白味噌の方が色がきれいに仕上がります。

フードプロセッサーやバータイプのミキサーがあればそれを使うと和え衣が滑らかにできます。

大葉春菊を器に盛り付け、和え衣を乗せ、上にゆずの千切りを飾ります。

葉をほぐして和え衣と全体が均一になじむように混ぜ合わせてから器に盛りつけてもよいです。

白和えは時間が経つと水分が浮いてくるので出来上がりをすぐにいただきましょう。

春菊がすき焼きや鍋で人気の理由とは?

春菊の旬は鍋料理が美味しいと感じる冬です。

同じくほうれん草や小松菜も冬が旬の葉野菜ですが、鍋料理で人気があるのは春菊です。

春菊が鍋に人気なのには理由があります。

春菊の葉、特に裏側にはわずかなうぶ毛があります。

生の葉を触った時に少しざらっとした感触があると思います。

このうぶ毛が鍋に春菊を入れると美味しい秘密です。

鍋物には肉や魚が入っていますよね。

鍋で煮るとそういった素材の油分が鍋のだしの表面に浮き上がってきます。

そこに春菊をさっとくぐらせると、表面に浮いてきた油分を春菊のうぶ毛がよく絡め取ってくれるのです。

小松菜やほうれん草は表面にうぶ毛がないので、油分は春菊ほどは絡みません。

鍋から引き上げた春菊って表面が油分のコーティングでツヤツヤになっています。

肉や魚の素材の旨味をたっぷり絡め取った春菊は油との相性がいいのでとても美味しくいただけます。

表面の油分を春菊で絡め取った鍋のだしはさっぱりとしますし、カロテンは油分と一緒にとることで吸収が高まりますので味、栄養共にとてもよい食べ合わせです。

スポンサーリンク

春菊は他にも色々なレシピで楽しめる

春菊にはまだまだ色々な人気レシピがあります。

山菜のように苦味のある野菜は天ぷらにするととても美味しくなるので、春菊の天ぷらもぜひ試してほしいレシピです。

私は春菊を収穫すると、毎年必ず天ぷらにしていただきます。

それから大葉春菊のサラダも超オススメのレシピです!

もともと春菊のサラダは人気がありますが、大葉春菊のサラダは格別です。

レタスなどと大葉春菊の葉を混ぜて器に盛り、ベーコンをカリカリに炒めたものを散らして醤油とごま油ベースのドレッシングでいただきます。

春菊は油との相性もよいので生でドレッシングと合わせるのも美味しいですし、天ぷらは本当におススメです。

お味噌汁や湯豆腐をするときの青味に春菊を添えるのもよい組み合わせです。

大葉春菊、中葉春菊どちらが手に入りにくければ、丈夫で育てやすいので自分で簡単にプランターで春菊を栽培することができます。

タネをまいてしまえば、間引きで間隔を調整するだけです。

虫もつきにくい丈夫な葉菜ですのでベランダでのプランター栽培に向いています。

こちらのページの別記事で春菊の育て方も紹介しています。

春菊の育て方とプランターでも長く収穫できる摘み取り方、美味しい春菊の品種とは?

ご自分の地域で手に入りにくい品種を育てるのも手です。

とれたての春菊は大葉春菊も中葉春菊もとても美味しいです!

ぜひ春菊を使い分けて人気のレシピでその味の違いを味わってみてください。