ハラペーニョのレシピ、おすすめその2!醤油漬けでご飯が止まらなくなる!ハラペーニョと唐辛子の違いは?

スポンサーリンク

ハラペーニョはメキシコで日常的に使われる唐辛子の一種で、サルサやタコスのトッピングやチーズを詰めてフライにするなど洋風のレシピが人気ですが、そういったレシピだけでなく、日本の青唐辛子の代わりに使うととても美味しいのをご存知ですか?

この記事ではハラペーニョと青唐辛子のどこが違うかや、ハラペーニョを美味しい和食に活用するレシピを紹介しています。

スポンサーリンク

ハラペーニョと日本の唐辛子の違い

まず見た目は日本の唐辛子、いわゆる鷹の爪は先が細く尖っていますが、ハラペーニョはぷっくりしていて先も少し丸っこいです。

育てかたはほとんど同じですが実のつきかたが少し違います。

唐辛子は上の写真のように先端に束のようにつきますが、ハラペーニョはどちらかというとししとうのような実のつきかたをします。

ハラペーニョは実が熟してくるとししとうのように下を向きます。

味の違いについては、ハラペーニョは辛さの度合いが日本の唐辛子よりもマイルドで、果肉が肉厚で甘みがあるので、マイルドな辛味とともに旨味が感じられる料理ができます。

ここではハラペーニョを和食の美味しくて、ご飯が止まらなくなる常備菜に変身させるレシピを紹介します。

ハラペーニョが2〜3個あれば十分な量を作れますが、生のハラペーニョは日本ではあまり店頭で見かけることがありませんので鉢植えやプランターでハラペーニョを育ててみてはいかがでしょうか。

とれたてのハラペーニョの味と香り、そして肉厚の食感は格別です。

ハラペーニョの育てかたはこちらの記事で紹介しています。

ハラペーニョ(唐辛子)とは?栄養とおすすめレシピ・使い方と味、育て方は簡単で種、苗から育てられる!

育てかたは簡単で、丈夫でよく育ちますのでベランダガーデニングにもおすすめの野菜、スパイスです。

スポンサーリンク

ハラペーニョの醤油漬けのレシピ:準備

保存するための容器を用意します。

できれば蓋つきのガラス瓶がよいです。

あらかじめ蓋と本体部分共に熱湯消毒をしてしっかり乾かしておきます。

蓋が金属の場合、醤油の塩分や唐辛子の成分で錆びないよう、蓋に汁がつかないように気をつけます。

蓋を閉める際はラップなどをかけた上から蓋を閉めると安心です。

ピクルスと違いハラペーニョの醤油漬けは火を使わないので。、熱湯消毒は特にきっちりやっておきましょう。

ハラペーニョの醤油漬けのレシピ:材料

ピクルスと違い火も使わないため、さらに簡単に作れます。

生のハラペーニョの香りを生かした常備菜です。

<材料>

ハラペーニョ 3個(好みの辛さの度合いで量を増減して下さい)

みょうが   大きめのもの3個

大葉     20枚程度

醤油     1/2カップ

酒      大さじ1

みりん    大さじ1

甘めの味付けがおすきな方はみりんを増量して下さい。

逆に甘みがない方がよい、という方はみりんを酒に置き換えて作ってみて下さい。

スポンサーリンク

ハラペーニョの醤油漬けのレシピ:作り方

ハラペーニョ、みょうがは3mmほどの輪切りにします。

醤油につけた時しんなりしますので、気持ち厚めに切った方が食感が残るのでおすすめです。

大葉は5mm角ぐらいに刻みます。

材料の切り方はお好みでみょうがと大葉を千切りにしてもよいですが、その場合も少し幅を太めにするとシャキッとした食感が楽しめるのでおすすめです。

刻んだ材料と、醤油、酒、みりんを全て合わせて、準備しておいたガラス瓶などの容器に入れて全体が均一になるようによく混ぜて密閉します。

この状態で冷蔵庫で保存します。

3日目くらいから食べ始められます。

保存可能な期間は保存状態や衛生管理の状態にもよるのでご自身の判断のもとで管理して下さいね。

ハラペーニョの醤油漬けの食べ方:熱々のご飯に乗せて

炊きたての白米に乗せて熱々のところをいただきます。

これだけでご飯を何杯でも食べられます。

ちょっとボリューム感が欲しい時は卵の黄身と合わせるのもおすすめです。

ハラペーニョの醤油漬けの食べ方:冷奴の薬味にして

冷たい豆腐にこのハラペーニョの醤油漬けを乗せて食べればさっぱりとして香りのよい一皿になります。

夏の暑い時期、あまり食欲がないような時にも簡単に一品を用意できますので助かります。

逆に湯豆腐に鰹節と合わせて熱々の豆腐の上にのせても美味しいです。

しそとみょうがの香りが素晴らしく、シンプルだけど贅沢な料理です。

スポンサーリンク

ハラペーニョの醤油漬けの食べ方:蒸し鶏のソースとして

鶏胸肉で蒸し鶏を作ります。

沸騰させた湯で茹でたり火を通しすぎるとあっという間にパサパサになってしまいますので気をつけましょう。

蒸し鶏を美味しく作るにはコツがあるので、簡単に作りかたを紹介します。

蒸し鶏は70℃の温度を保ちながらゆっくり時間をかけて加熱します。

こうすることでジューシーな柔らかい蒸し鶏ができます。

鶏胸肉に対してひたひたの水に酒を少し加えて、蓋をします。

弱火で温度を測りながら加熱して湯温が常に70℃〜75℃の間をキープするように火加減を調節しながら、湯温が70℃になってから20分、じっくり加熱します。

温度が上がりすぎる時は一度火を止めてもよいでしょう。

20分経ったらそのまま火を止めて冷まします。

冷めたら、蒸し鶏を手で食べやすい大きさに裂くか、時間がなければ包丁でスライスしてハラペーニョの醤油漬けをトッピングします。

パクチーがすきな方でしたらパクチーも添えると彩りも綺麗でおすすめす。

生ハラペーニョはかなり美味しい

ハラペーニョを実際に育てて収穫してみて、フレッシュなハラペーニョがとても美味しくてすっかり魅了されてしまいました。

辛さが日本の唐辛子よりもマイルドなので食べやすく、肉厚の食感が病みつきになります。

ピクルスはお店でも入手しやすいですがビネガーの味がついてしまっているのでなかなか料理に活用する範囲も限られます。

自分で育てた新鮮なハラペーニョは柔らかく甘みもあってとても美味しい上に、丈夫で初心者でも育てやすいので、唐辛子系の味がお好きな方にはぜひ育ててみていただきたい野菜の一つです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする