金時草の育て方、挿し木プランター栽培も簡単なスーパーフード、冬越しで毎年収穫するには?

スポンサーリンク

金時草は挿し木や水耕栽培できるくらい生命力旺盛で、育て方は簡単ですのでプランターでの育て方を紹介します。

春から秋にかけてと収穫期間が長いので、プランターで育てておくと夏場あまり食欲がないときにも酢の物などにするとさっぱりしていて栄養もあり重宝します。

金時草は加賀野菜としての呼び名ですが、他に沖縄では「はんだま」、熊本では「水前寺菜」という名前で野菜として利用されています。

沖縄ではフーチバー(よもぎ)のように自家用の薬用野菜としてごく当たり前に育てられてきました。

葉の裏が鮮やかな赤紫色になり、その色素がアントシアニンであることや他にも栄養を豊富に含むことから健康野菜としての評価が高まっています。

スポンサーリンク

金時草は料亭でも利用される野菜

この金時草、一部の地域で育てられてきたため、一般的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、料亭でも天ぷらや酢の物、白和えにして供されるとても美味しい野菜です。

Balcofarmは機会があってあるお店で初めて食べた時、あまりに美味しくて「これはなんという野菜ですか?」とお店の方に聞いて、金時草という加賀野菜であることを教えてもらいました。

当時金時草はまだあまり流通していなかったので、石川県の金時草農家の方を調べて連絡して、直接苗を譲っていただいて畑に植えました。

最近は時々スーパーで売られているのを見かけるようになりました。

金時草とは?

金時草はキク科の野菜でアジアの暑い地域が原産の多年草です。

沖縄でははんだまと呼ばれ、気候が合っているため、家庭でごく普通に自家栽培されています。

沖縄では古くから不老長寿の薬草として利用されてきました。

金時草は石川県での呼び名で加賀野菜として親しまれています。

その他、熊本では水前寺菜として古くから栽培されてきました。

葉裏の紫色の色素であるアントシアニンを含み、ビタミンAやカルシウムは特に多く、その他ビタミンCや鉄分などを含む栄養豊富な葉野菜です。

食べるのは葉と柔らかい茎の部分です。

生でサラダ、天ぷらや炒め物、葉をさっと茹でて酢の物や白和えにします。

また色が綺麗なので茹で汁を利用してゼリーを作ったりします。

夏に花が咲くのですが、種ができないため栄養繁殖、つまり挿し木をして増やします。

スポンサーリンク

金時草の育て方①土の準備とプランターサイズ

金時草はあまり土質を選びませんが、弱酸性の腐植質に富んだ湿り気のある土でよく育ちます。

赤玉土に腐葉土や堆肥を多めに(4割程度)用土にすき込んで元肥を加えてから1週間以上置いた土に苗を植えます。

プランターサイズは65cm標準プランターで3株目安です。

葉野菜ですが収穫期間が長いので深型のプランターだと安定して長くよい葉を収穫できるのでおすすめです。

金時草の育て方②挿し木から育てる

金時草は花が咲きますが種ができないため、種まきでの栽培ができません。

そのため苗を買うか、挿し木して増やします。

ずいぶん前に石川県の農家の方から直接苗になる挿し穂を送ってもらったときに教えてもらったのですが、その農家の方も金時草の栽培は毎年挿し木で苗を作って育てているとのことでした。

金時草の挿し木は簡単に活着します。

普通に野菜としても食べられるような金時草の枝の下葉を落として土に挿し木して水を切らさないようにしておけば簡単に活着します。

サツマイモやエンサイのような簡単さです。

挿し木の経験がなく心配な方はポットの土に挿して十分に発根してから定植すれば安心です。

野菜として金時草の葉を食べた後に茎を残して水挿ししておくと、1週間くらいで発根しますので、それを土に植えても増やせます。

金時草の挿し木の時期は春、4月以降が適期です。

スポンサーリンク

金時草の育て方③水を切らさずに育てる

金時草は水が好きで乾燥に弱いので、水を切らさずにたっぷりとやるようにします。

金時草の栽培では「井戸のそばに植える」という言い伝えがあるくらい水が重要です。

夏、暑くなってきたら敷き藁をしたり、マルチをして土の乾燥を防ぎます。

金時草の育て方④摘心して枝数を増やす

茎葉が伸びてきたら、適宜収穫を兼ねて摘芯します。

3〜4節残してその先を摘芯すれば枝数が増えてたくさん収穫できるようになります。

摘芯した後は追肥をやります。

暑い時期の生育が旺盛ですので様子を見ながら2〜3週間に1回くらいのペースで追肥します。

金時草の育て方⑤収穫と保存

金時草の収穫は茎先20cmくらいを収穫します。

食べるのは葉と柔らかい茎の部分です。

あまり大きくなると茎が硬くなりますので、3〜4節残して20cmくらいを収穫します。

収穫したら、よく洗って水気を切らずに新聞紙に包んで冷蔵庫へ入れるか、茎を水に挿してビニールをかけて冷蔵庫に入れて、なるべく新鮮なうちに食べるようにします。

スポンサーリンク

金時草の育て方⑥色鮮やかな葉にするために

金時草の葉の裏側の赤紫色は夏、気温が高くなって日光が強すぎると色が薄くなります。

特にその時期は半日陰で栽培すると葉の色を鮮やかに保つことができます。

また昼と夜の気温差がある方が色が鮮やかになると言われていますが、気温は私たちにはあまりコントロールできませんので、日光のコントロールで対処します。

プランターの置き場所を変えたり、それが難しい場合は遮光ネットで少し日光を遮るようにします。

金時草の育て方⑦冬越しで翌年も収穫

金時草はキク科の多年草です。

冬になると地上部が枯れますが、根は生きています。

暖かい室内などで根を乾かさない程度に水やりをしておくと翌春、気温が上がると新芽が再び育ち始め、収穫することができます。

暖房の効いた暖かい室内に早めに取り込めば地上部が枯れずに冬越しさせることも可能だと思います。

プランターでは場所をとりますのでよく育った株を1本、鉢上げして室内で管理し、翌春にそのかぶを親株にして、挿し木をすると株の更新にもなり、また柔らかいよい葉を収穫できます。

金時草の育て方⑧挿し木用の苗、挿し穂の入手について

金時草の苗はネットショップなどで手軽に入手できます。

野菜として売られているものも鮮度がよければ挿し穂として使えます。

冬越しすれば翌年からは挿し穂も自給できますし、また野菜を買って挿し木してもすぐに育ちます。

慣れない方は発根している苗もネットなどで入手できますので、楽天などで検索してみてください。

一度育て始めれば、新たな挿し木用の枝を切って自分で増やすことも簡単です。

金時草は天ぷらや白和がおすすめ

金時草は火を通すと少しぬめりがでます。

味はクセがなく、おひたしや白和え、天ぷら、汁の具などにすると美味しいです。

栄養も豊富で丈夫で育て方、挿し木での増やし方も簡単なので、スーパーなどで見かけた時に野菜として購入した金時草を2〜3枝、プランターに挿し木して育てるのが一番安価で手軽な方法かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする