ビーツの栄養、葉酸とカリウムが豊富なビーツの食べ方はボルシチが定番!

スポンサーリンク

ビーツは葉酸などの栄養が豊富で色も鮮やかなことから近年注目が集まっています。

その割に意外と流通量は少ない野菜です。

ビーツは真っ赤なかぶのような野菜で、たまにスーパーでも肥大した根の部分が売られているのを見かけるようになりました。

ビーツの食べ方の基本は下ゆでしてから料理に使うのですが、生のままサラダやスムージーに使われることも増えてきました。

とても美味しいおすすめ野菜ですので、ビーツの栄養についてや、実際にどんな野菜なのか、食べ方について紹介します。

スポンサーリンク

葉酸とカリウムが豊富なビーツとは

ビーツは見た目は赤カブにそっくりですが、植物分類上はアブラナ科のかぶとは違い、ヒユ科(アカザ科)の植物です。

このヒユ科(アカザ科)、実はほうれん草と同じ仲間になります。

ほうれん草のほか、アマランサスやキヌアといった穀物、スイスチャード、ふだん草などの葉野菜、砂糖を作るてんさいも同じ仲間になります。

ビーツの葉はスイスチャードと見た目がよく似ていて、ビーツの葉も料理して食べることができます。

冷涼な気候を好むため日本では長野県や北海道など涼しい地域で栽培されています。

ビートの肥大した根の部分を使ったロシアのボルシチはビーツの食べ方としてはあまりにも有名ですね。

葉酸とカリウムが豊富なビーツの栄養

ビーツは紫がかった真っ赤な色をしているのでさぞかしβカロテンやアントシアニンたっぷりなのだろうと思う方も多いかもしれませんね。

ところがビーツにはβカロテンは含まれておらず、ビーツの赤い色素はベタシアニンという色素です。

このベタシアニンは強力な抗酸化作があります。

そのほかビーツに含まれる栄養で特に多いのはカリウムと葉酸です。

葉酸は100g中に110μgも含まれており、ぜひ積極的に取りたい野菜です。

葉酸は妊娠中や授乳中の方は積極的に摂りたい栄養分です。

カリウムは余分な水分を体外に排出してくれますし、ビーツは女性に嬉しい栄養分をたっぷり含んだ健康野菜です。

ビーツは砂糖を取るてんさいの仲間ですのでその味はほんのりとした甘みがあります。

そのほかビタミンCも豊富、という情報も見かけることがあるのですが、ビーツに含まれるビタミンCは100g中に5g程度なので実際にはそれほど多い訳ではないようです。

食品の栄養成分の正確な情報については文部科学省の食品成分データベースをご覧いただくのがおすすめです。

食品成分データベース(文部科学省)

スポンサーリンク

葉酸とカリウムが豊富なビーツの食べ方①ボルシチ

ビーツの食べ方の定番中の定番、ボルシチは赤いスープです。

ボルシチはロシア料理です。

基本的な材料は牛肉、ビーツ、玉ねぎ、人参、トマト、キャベツ。

牛肉を一口大に切り、柔らかくなるまで下ゆでしてから野菜を加えて、野菜も柔らかくなるまで煮込みます。

圧力鍋を使うと早く楽に肉も野菜も柔らかくすることができます。

塩胡椒やローリエ、必要があればコンソメも加えて調味すると、ビーツとトマトで真っ赤なスープが出来上がります。

ビーツを使ったボルシチに絶対欠かせないのが器に盛った後に仕上げにのせるサワークリームです。

たっぷりの野菜とじっくり煮込んだ牛肉で体が温まります。

葉酸とカリウムが豊富なビーツの食べ方②温野菜

ビーツを皮ごと柔らかくなるまで茹でてから熱々のまま皮をむいて、5mm〜1cmの厚さにスライスします。

バターと塩コショウをふって温野菜としていただきます。

ほんのり甘くて柔らかいビーツの温野菜はそのままでも、ステーキの付け合わせとしても美味しいです。

ビーツを茹でるとき、酢を入れる、とよく言われていますが、酢を入れると発色がよくなりますが、酢の味がついてしまうとビーツのほんのり甘い優しい味が邪魔されてしまい用途が狭まりますので、酢の量はビーツの味が変わらない程度に抑えるのが個人的には勧めです。

スポンサーリンク

葉酸とカリウムが豊富なビーツの食べ方③サラダ

ビーツをサラダにして食べる場合、2つの方法があります。

1つ目の食べ方は茹でたビーツを冷やしてから好みの形に切ってレタスなどとサラダにする方法です。

千切り、拍子切り、スライス、角切り、お好みの形で楽しめます。

ゆで卵のみじん切りを散らすと味の相性もいいですし、見た目の色も綺麗で美味しいサラダになります。

2つ目の食べ方は生のビーツをそのままサラダにする方法。

皮をむいて薄くスライスか千切りにしてサラダにします。

サラダにするときに先にビーツをドレッシングや酢であえておくと発色がよくなります。

ビーツを生でサラダにするとパリパリとした食感を楽しむことができます。

葉酸とカリウムが豊富なビーツの食べ方④ピクルス

ビーツのピクルスも定番中の定番のビーツの食べ方です。

発色も美しく、ビーツをいつでも食べられる保存食でもあります。

茹でたビーツを酢漬けにします。

個人的にビーツそのものの味が好きなので、温野菜のところであまり酢の味がしない方がよい、と書きましたが、本来ビーツは酢と相性がいい野菜です。

ピクルスとして食べるビーツも美味しいです!

ピクルス液は好みにもよりますが、基本は白ワインビネガーと水1:1に塩とハーブ、スパイスで香味付けして、そこにビーツを漬け込みます。

ビーツの場合は赤ワインビネガーで作ればよりビーツの赤色を強調することができて、おしゃれな瓶に保存すれば、ディスプレイも楽しめるピクルスになります。

スポンサーリンク

葉酸とカリウムが豊富なビーツを気軽に楽しむには

生のビーツはちょっと手に入りにくい野菜です。

冷涼な気候を好むため、日本では春と秋が栽培適期になります。

それ以外の季節や、シーズンでも店頭で生のビーツが手に入らない場合は缶詰やパック詰めのビーツの水煮ならいつでも入手できます。

塩や酢が使われていない、完全にビーツだけの水煮のものだとビーツそのものの味を楽しめると思います。

ビーツの栽培は涼しくなる秋まき栽培ならそれほど難しくありませんので、ご自分で育てて生のビーツを楽しむのもおすすめです。

育てているからこそ味わえるビーツの葉も美味しいですよ。

クセがある、とも捉えられるので、好みが分かれるかもしれませんが、味はほうれん草とふだんそうの中間のような、うんと味が濃いほうれん草のような感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする