糸瓜(へちま)の読み方・育て方|栽培は簡単!ヘチマ水やへちまたわし、へチマのレシピも試してみて!

スポンサーリンク

ヘチマは日本では古くから観賞用の他、ヘチマ水やヘチマの繊維を活用したヘチマタワシとして親しまれてきました。

ヘチマ水は「ヘチマコロン」という商品名で販売されている化粧品もあり、古くからよく知られています。

ヘチマの育て方自体とても簡単で、ヘチマ水やヘチマタワシも作り方はシンプルな、利用価値が高い日本古来のハーブといってもいいかもしれません。

このヘチマ、ご存知ない方も結構いらっしゃるのですが沖縄ではナーベラーと呼ばれていて若い実を食用にします。

とぅるんとした食感がとても美味しく、ヘチマ水やヘチマタワシとして利用するだけでは勿体無いのでヘチマの育て方とヘチマを料理するときの注意点、おすすめレシピを合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

糸瓜(ヘチマ)の読み方

「糸瓜」と書いて「ヘチマ」と読みます。

ヘチマの実に繊維質が多くあることから文字通り「糸瓜」という名前がつけられ、もともとは「いとうり」と呼ばれていたそうです。

それが徐々になまって「とうり」と呼ばれるようになり、そこから「ヘチマ」と呼ばれるようになった理由は「いろは唄」の文字のならびに由来するという説があるようですが、正確なところはわかっていません。

現在では「糸瓜」と書いて読み方は「ヘチマ」と読みます。

実際には「ヘチマ」「へちま」と表記されることの方が多いので、「糸瓜」とあってもすぐにはわからない方も多いのではないでしょうか。

ちなみに金の糸瓜と書いて「金糸瓜」、こちらはそのままの読み方で「きんしうり」と読みます。

これ、なんだかわかりますか?

そうめんカボチャのことです。

こちらも本当にその名前がぴったりですね。

ヘチマの育て方①栽培は簡単だけど連作はNG

ヘチマはウリ科の植物です。

地植えでも鉢植えでも育て方は簡単です。

ただしウリ科同士の連作を嫌いますので植える場所、あるいは鉢土が再利用の場合は過去2〜3年きゅうりやゴーヤ、かぼちゃやスイカなどを育てていない土で栽培します。

ウリ科の植物を育てた鉢土の場合は土をそっくり入れ替えます。

スポンサーリンク

ヘチマの育て方②種まきもしくは苗から育てる

ヘチマはキュウリやゴーヤとほぼ同じような育て方で日光によく当たる場所で栽培します。

ヘチマは大きく育ち次から次へと実がなるので、土もよく肥えた有機質に富んだ水はけのよい土に元肥をしっかり施して準備します。

種まきは室内なら保温できるので春の早い時期からできますが、屋外の場合は5月になってから種まきします。

苗から育てる場合も5月に入って地温が十分に上がってから苗を植え付けます。

ヘチマは地上部だけでなく根もよく広がりますので土をしっかり耕して、地植えの場合は株間90cmくらい取るようにします。

ヘチマを鉢植えで育てる場合は10号鉢に1本、65cmプランター(できれば深型)に1本を植えます。

種まきから育てる場合は1箇所3粒ほど種まきして双葉が出揃ったら形がよいものを1本残して他を間引きます。

ヘチマをポットに種まきした場合は本葉が2〜3枚出たところで定植し、支柱を立てます。

ヘチマはつるが伸び、葉も大きくなりますので支柱は複数立てて、横にも支柱を渡してしっかりとヘチマの重みに耐えられるようにします。

つる植物栽培用のネットを張ってそこにつるを這わせてもいいでしょう。

ヘチマの育て方③水やり

ヘチマは水が大好きですが過失は嫌いますので、水はけがいいようにしっかり畝上げしたところで育てます。

地植えの場合はあまり水やりは必要なく、定植から苗が活着するまでは水をやりますが、それ以降はよほど雨が降らない、ということでなければ水やりは必要ありません。

夏の暑さで土が乾かなように敷き藁をたっぷりかけてマルチングして栽培します。

鉢植え栽培の場合はヘチマが大きく育ってくると1枚1枚の葉の面積が大きく蒸散が激しくなるので鉢土が乾き始めたらたっぷりと水やりをします。

夏場は朝晩2回の水やりが必要になると思います。

スポンサーリンク

ヘチマの育て方④花が咲いたら最初は人工受粉を

ヘチマには雌花と雄花があります。

上の写真左の花がヘチマの雌花です。

花びらの下のところが縦に長く少しだけ膨らんでいます。

受粉するとこの部分が徐々に肥大してヘチマのみになります。

右の花がヘチマの雄花になります。

こちらは花びらの下のところに膨らみはありません。

定植したヘチマに一番花が咲き始めたら、雄花を摘み取って雄しべの花粉を雌花のめしべにちょんちょんとつけてやり人工授粉をします。

人工授粉はまだ花が少ない時期だけ手伝ってやれば大丈夫です。

本当は人工授粉しなくてもヘチマはよく実がなるのですがせっかくの初雌花、早く実をならせたい!という場合にしっかり人工授粉をしてやれば十分でしょう。

また一番花が咲き始めた頃から2週間に1回の追肥を開始します。

花が咲く前に肥料をやってしまうとつるボケしてつると葉ばかりが伸びて、実がなりにくくなります。

あまりヘチマの蔓の勢いがつよい場合は親蔓の先端を摘心します。

先端の成長点を止められると脇芽が広がります。

スポンサーリンク

ヘチマの育て方⑤:食用ヘチマの収穫

ヘチマを食用として栽培・収穫する場合は開花後、1週間から10日程度でヘチマの実が程よい大きさになりますので、ここで収穫します。

ヘチマの実を食用として利用する場合、美味しい時期の目安はヘチマの実が20〜30cm程度の長さになったら収穫します。

食用ヘチマはヘチマの未熟果を野菜として利用します。

この時期を逃すと、美味しくなくなります。

ヘチマの実は油断するとあっという間に大きくなってしまうので収穫タイミングを逃さないようによく注意して観察しましょう。

ヘチマの食べ方の注意点、レシピについては後ほど紹介します。

ヘチマの育て方⑥:ヘチマたわしの作り方

ヘチマたわしを作る場合は、逆に大きくなり完熟したヘチマの実を利用します。

ヘチマの実が50cmほどになったゴツゴツと硬くなったヘチマの実を収穫します。

収穫した実は屋外でたっぷり水を張ったバケツやタライなどの中に沈めてそのまま繊維以外の果肉の部分を腐らせます。

十分に腐らせたものをもみ洗いして果肉を綺麗に落とし、中のタネを取り出すと綺麗にヘチマの繊維が残ります。

これを乾燥させればヘチマたわしの出来上がりです。

屋外とはいえ腐らせて置いておくことに抵抗がある方やにおいが気になる方は、ヘチマを30分くらい煮て果肉を柔らかくして、人肌以下の温度に冷ましたものをもみ洗いして果肉とタネを掃除する方法もあります。

どちらもいい時期に収穫ができていればヘチマの繊維は白っぽいです。

もし収穫時期が遅くてもっと過熟するとヘチマの実をたわしにした時の繊維は茶色っぽくなってきます。

出来上がったヘチマたわしの色が気になる方は、台所用漂白剤を使って漂白すれば綺麗な白いたわしができます。

市販されているヘチマたわしはあらかじめ漂白されて色を白く仕上げているものもあります。

スポンサーリンク

ヘチマの育て方⑦:ヘチマ水の作り方

ヘチマ水(ヘチマコロン)を作りたい方はヘチマの実ではなくヘチマの根と親蔓を土に植わっている状態で利用します。

8月に入って成長が旺盛になったヘチマの親蔓を地上50cmくらいのところいでカットします。

カットした上の部分はそのまま処分することになります。

地上部をごっそり剪定された状態になったヘチマの親蔓ですが、根の部分は地上部に伸びていた全ての葉やヘチマの実の水分、養分を吸い上げるだけの大きさに育っています。

水分、養分を供給する能力はたっぷりある状態になっているので、この親蔓の先端をくるっと折り返して清潔に消毒した遮光ガラス瓶の口に差し込みます。

瓶の口の部分はゴミや埃が入らないように綿を詰めて蓋をします。

親蔓の切り口に水分がどんどん上がってくるのでそれをガラス瓶の中にためていきます。

植物ですので個体差や天候による差がありますが、1昼夜で500cc〜のヘチマ水が取れます。

ガラス瓶は直射日光が当たって温度が上がるとせっかく溜まったヘチマ水が腐敗しやすくなるのでアルミホイルでくるんで直射日光が当たらないようにするか、瓶底から2/3くらいの部分を土の中に埋めます。

集めたヘチマ水はエタノール(無水アルコール)やグリセリンを少量加えて調整します。

エタノールには殺菌や防腐、グリセリンは肌を柔らかくし保湿を促します。

100ccのヘチマ水に対してエタノール10cc、グリセリン5ccを目安に加えて混ぜます。

これをガーゼなどで漉して冷蔵庫にいれて必要な時に利用します。

流通している化粧品のような防腐剤を入れていないので必ず冷蔵庫に保管して1週間程度で使い切るようにします。

もしそれ以上保存したい場合は集めたヘチマ水の原液を小分けにして冷凍保存しておくのも一つの方法です。

スポンサーリンク

ヘチマを料理する際の注意点|沖縄ではナーベラーと呼ばれるれっきとした野菜

ヘチマの未熟果を食用に出来ることはあまり知られていないか、知っていても食べてことがない方もいらっしゃいます。

ヘチマが沖縄ではナーベラーと呼ばれるれっきとした野菜です。

食感はナスのように柔らかく「とぅるん」とした食感、淡白な味で味噌との相性が抜群です。

カリウムやサポニンなどを含むみずみずしい夏野菜です。

とても美味しいヘチマですが、料理する際は注意点が一つあります。

それは皮は向いて食べることです。

キュウリもゴーヤも皮をむかずに食べることができますが、ヘチマの場合は必ず皮を剥いて利用します。

皮を剥くときはケチらずにしっかり厚めに皮をむきます。

薄く削るように皮を剥いて料理に利用すると、ヘチマの泥臭さが残ってしまって美味しくありません。

ヘチマの皮は少々もったいないな、と思ってもしっかり厚めに皮をむいてから料理します。

スポンサーリンク

ヘチマのレシピ|ナーベラーチャンプルー

ナスのように柔らかく色も白くて水分をたっぷり含んでいるヘチマはどんな料理にも利用できますが、やはり味噌との相性は抜群です。

沖縄料理のナーベラーの味噌炒めはとても美味しいです。

気のおけない家庭料理ですので分量はお好みで調整してください。

<材料>

ヘチマ20cm〜 2本

豆腐 1丁

豚肉(SPAMでも!)

生姜の千切り 1かけ分(少々)

ごま油 大さじ2

甘味噌だれ(味噌30g さとう大さじ2 酒大さじ2 ※あらかじめ練っておく)

<作り方>

  1. 豆腐をしっかり水切りして大きめの一口大に切っておく。
  2. ヘチマは厚めにしっかり皮をむいて、1cmほどの輪切りにする。
  3.  豚肉は一口大に切る。
  4. 中華鍋に油を熱して高温にして生姜を加え香りを出す。
  5. 豚肉を加えて火が通ったら、ヘチマ、豆腐の順に加える。
  6. 全体に火が通ったら仕上げに甘味噌だれを鍋に加えて全体に行き渡らせる。
  7. ヘチマと豆腐から水分が出て汁気が上がってくるので強火でしっかり炒めて出来上がり。

ヘチマの実は厚めに皮を剥くことと、千切り生姜を加えて香りを出すことでヘチマの臭みがなくなり、とても美味しい一皿が出来上がります。

ヘチマは観賞用、化粧水、たわしに料理、と用途が多彩な美味しい夏野菜!

ここまで読んでくださってありがとうございます。

ヘチマは暑い暑い夏に涼感を与えてくれる観賞用としても人気がありますし、化粧水であるヘチマ水も簡単に作れて古くからその効果は折り紙つきであったり、ヘチマたわしまで取れてしまう利用価値の高い植物です。

ヘチマの未熟果を使った料理もとても美味しいですし、1本あれば色々な形で楽しめます。

ツルを這わせる支柱やネットさえしっかり用意すればヘチマの実はポコポコとたくさんなりますので、ぜひ育ててみてはいかがでしょう?

ナーベラーチャンプルー、おすすめです!