山東菜(べかな)のプランター栽培がおすすめの理由とは?間引き・大株・かきとり収穫の育て方

スポンサーリンク

山東菜、べかなを知っていますか?

山東菜はべかなとも呼ばれる白菜の仲間のアブラナ科の葉野菜です。

葉野菜というとほうれん草、小松菜、白菜、レタスはよく見かけますが、山東菜は最近あまりお店では見かけないのではないでしょうか。

この山東菜、見かけることが少なくなってつい忘れてしまいがちなのですが実はクセがなくとても美味しい野菜ですので、自分で好きな時に食べられるようにプランター栽培での育て方を紹介します。

連作にも強くプランター栽培でも育てやすいおすすめの葉野菜です。

山東菜(べかな)はどんな野菜?

山東菜は完全には結球しない白菜の仲間で、葉の色は明るい黄緑色で柔らかく、それでいて歯ごたえはシャキシャキ、味はあっさりしていてとても美味しい葉野菜です。

山東菜と呼ばれている通り、中国の山東省が原産です。

山東菜の株をしっかり育てると白菜よりも大きくなりますが、普段は若葉のうちに収穫して楽しみます。

味にクセがなくおひたしや漬物、汁物や煮物、どのように料理しても美味しいです。

葉が薄く柔らかくて輸送に向かないこともあるのか最近はあまり店頭で山東菜を見かけることがなくなりました。

アブラナ科の野菜としては連作にも強く早生ですので収穫までの日数も暖かい時期だと約1ヶ月と短い上によく育つので、ベランダでのプランター栽培にうってつけのおすすめ葉野菜です。

スポンサーリンク

山東菜(べかな)の栄養について

山東菜は淡い色の葉野菜で100gあたり14カロリーと低カロリーです。

栄養もその分薄いのかな?と思いがちですが、山東菜は栄養面でも100g中にビタミンKが100μg、葉酸が130μg含まれています。他にもカルシウムやビタミンCが多く含まれています。

葉酸は血液やタンパク質を作るために必要な栄養素で、1回の食事で摂取したい量としては十二分ですから積極的に取りたいところです。

山東菜(べかな)のプランター栽培の育て方

土の準備

生育期間が短く暖かい時期だと3〜4週間ですので有機質と元肥をしっかり施した土に種をまきます。

生育期間が短いので追肥が必要になる前に収穫することができます。

赤玉6、腐葉土4の割合の用土に石灰を加えた後元肥を混ぜ込みます。

元肥は窒素分が多めの発酵油粕などがおすすめです。

有機質肥料ですのでできれば土との熟成期間があるとなおよいです。ので1ヶ月くらい前から土を合わせておくとよいでしょう。

プランターが空いていなければ、大きな黒いビニール袋に入れて、少し水分も含ませて日光のあたる場所に置いておくとよく熟成します。

種まき

山東菜(べかな)のタネは小松菜などの種と同様にとても小さいです。

用意したプランターの用土にまき溝をつけてそこにタネを厚播きにならないようにパラパラと溝に沿ってすじまきにします。

65cm標準プランターで2条まきできます。

スポンサーリンク

間引きと収穫

間引き

プランターで山東菜を栽培する時の最終的な株間の目安は5cm〜7cm程度です。

双葉が出たところから順次間引きしていきましょう。

小さなうちは隣同士の葉が触れるか触れないというくらいの間隔になるようにします。

間引きしたものも間引き菜として食べることができます。

株どり収穫

山東菜の高さが20〜25cmくらいになったら株ごと引き抜いて収穫します。

この大きさの山東菜はおひたしなどに向いています。

大株収穫

もし株を大きく育てるなら、この株どり収穫のタイミングで65cmプランターに2〜3株、間隔をあけてよい株を残し、このタイミングで追肥をします。

大株を育てる場合はおひたし用の株どり収穫がそのまま大株のための間引きにもなります。

大株を育てる場合はここからは1週間に1〜2回、水やりの代わりに液肥をやるようにします。

間引いて株間が空いた部分の土は残っている株の根を傷つけないように中耕して追肥を入れておきます。

こうすることで土の中に酸素を送り込み、収穫した分の山東菜が吸収した肥料分を補います。

山東菜は成長が早いので様子を見ながら2〜3週間に1回、追肥をしっかりやっていきます。

かきとり収穫

大株にはしないけれど、長く山東菜を楽しみたい場合は山東菜の高さが20〜25cmになったらよく育った外葉だけをかきとり収穫して株を残します。

この場合も収穫後に水やりの代わりに液肥をやったり、その後は2〜3週間に一度追肥をして新しい葉の成長を促しましょう。

スポンサーリンク

山東菜(べかな)の栽培時期

山東菜は暑さに強い葉野菜です。

真冬と真夏以外はタネをまいて育てることができます。

小松菜など他のアブラナ科の葉野菜と一緒で秋まきは虫もつきにくく育てやすいです。

春まきは成長が早くなるので栽培期間が短くなりますが、その分病害虫の被害も気をつけなければいけません。

山東菜は柔らかいので暖かい時期は虫に狙われます。

大株を育てたい時は秋まき、と思ってください。

春まきは大株になる前にトウ立ちして花が咲いてしまうこともあり向きません。

秋まきで気温が下がっていく中でじっくり株を充実させると味の濃い美味しい山東菜の株どり収穫ができます。

山東菜(べかな)の病害虫

山東菜はアブラムシ、コナガの幼虫、アオムシ、ヨトウムシなどに注意が必要です。

春まきをするなら防虫ネットをかけるなどの対策をした方が安全です。

収穫期間が短いのでなるべくなら農薬は使わずに、という場合、ネットをかけて虫除けをするのが一番です。

山東菜の葉に虫食いの穴が見つかったら葉の裏をチェックしたり、株元の土の表面をそっと掘り返してみると、コナガやヨトウムシの幼虫が見つかったりします。

葉を食害するイモムシ系は朝か夕方から夜にかけてが活動が活発で隠れていた土の中から出てきます。

夕方から夜にかけては暗くなって見つけにくいので、懐中電灯を使って捜索しましょう。

あとはヨトウムシやコナガの幼虫を見つけやすいのは朝の時間帯になります。

山東菜(べかな)は連作に強く栽培期間が短いプランター栽培におすすめの野菜です!

山東菜は葉が薄く柔らかいので白菜よりも口当たりがよく食べやすいです。

淡い明るい黄緑色の葉、白い軸の部分の色も綺麗で食欲をそそります。

山東菜は

栽培期間が短いこと、

輸送に向かない柔らかい葉は家庭菜園やベランダ菜園だからこそ味わえる貴重な美味しさであること、

色の薄い野菜ですが葉酸やビタミンKもしっかり含まれていること、

連作障害に強いこと、

これらが山東菜をプランター栽培する場合の利点になります。

限られた土で楽しむベランダ菜園の場合、さすがに全く同じ土で続けて同じ作物を育てることはしないと思います。

それでも土をリサイクルして利用する環境を考えると連作障害に強いというのは非常にありがたいメリットです。

種はホームセンターやインターネット通販で簡単に手に入ります。

種なら送料も安く送ってもらえるので、お近くの便利な場所にホームセンターがない場合は通販を利用されることをオススメします。

冬のうちに有機質をたっぷり混ぜ込んで土を準備して熟成させておくと春の植え付けの頃にはよくなじんだいい土ができます。

短期間で成長するものは肥料切れにならないよう、腐葉土などの有機質がたっぷり入った保肥力のある土をしっかり作っておきましょう。

冬の一番寒い時期は新たに種をまいたり苗を植えたりすることがあまりない時期です。

「春からのシーズンに何を育てよう?」と思いを巡らせながらじっくりと土を作ってみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする