しそ(大葉)のプランター栽培|育て方が簡単で何度も収穫できる!枯らさないポイントとは?

スポンサーリンク

しそはプランターでも育て方が簡単でよく育ちます。

欲しい時にいつでも新鮮なところをつまんで利用できるととにかく重宝します。

香りも採りたてならより一層素晴らしいので、ぜひ数本育てておきたい香味野菜です。

「大葉(おおば)」は青じその若葉の通称です。

しそは赤紫蘇、青紫蘇があり、赤紫蘇の葉は梅干しを漬ける時の色と風味付けに使われたり、薬味の芽紫蘇(めじそ)として利用します。

青じそは大葉、そして花が咲くと花穂、実がなると穂じそとして刺身のつまにしたり、しその実を醤油漬けや佃煮にしたりと利用する部位によって様々な料理に利用されています。

しそは抗酸化作用が高く免疫力を高めることが古くから知られ、漢方でも使われるほど薬効の高い香味野菜です。

しそに含まれる栄養素にはカロテンやカルシウム、カリウム、鉄分が豊富で、貧血やアレルギー、免疫力が低下している時などはぜひ積極的に取りたい野菜です。

プランターや地植えで大株に育てるのもいいですし、水耕栽培でも簡単に育てることができます。

直射日光よりも半日陰から日陰の方が柔らかい葉が収穫できますし、ベランダ菜園での栽培に適しています。

スポンサーリンク

シソ科の植物について

しそはシソ科の植物です。

シソ科の植物には仲間がたくさんあります。

エゴマや東北地方の山菜の王様と言われるイラクサ、西洋ハーブのバジルもシソ科ですし、そのほかオレガノ、マジョラム、ミント、レモンバーム、セージ、タイム、ネトルの他ラベンダーやローズマリーもみんなシソ科の植物です。

ネトルは免疫力アップにとてもよいハーブで、ヨーロッパではハーブティが珍重されますが、このネトルと山菜のイラクサは近縁の植物でその姿、見た目もよく似ています。

ローズマリーやセージ、タイム、オレガノなどは古くから殺菌力があり防腐や消炎・鎮痛、解熱などに用いられてきました。

ラベンダーの精油やハーブティーはリラックス効果が広く知られていてとても人気があります。

どれも健康に一役かってくれる素晴らしい植物ばかりですね。

そうそう、おせち料理に使われるチョロギもシソ科の植物です!

オレガノ、マジョラム、セージにタイム、ローズマリー。。。どれもあると肉料理がぐんと引き立つキッチンハーブですのでこちらもまた育て方や収穫の仕方を紹介していこうと思います。

土を使って育てた方がその植物の性質、特徴がよくわかりますので、しそのプランターでの育て方を紹介します。

しそのプランターでの育て方:土の準備

しそは有機質に富んだ湿り気のある土を好みます。

赤玉6、腐葉土や堆肥4の用土に苦土石灰を混ぜておいたものに元肥として有機質肥料を混ぜ込んたものをプランターや鉢に入れて準備します。

結構大株に育ちますので有機質をしっかり混ぜ込んで土作りをしっかりしておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

しそのプランターでの育て方:種まき、発芽適温

しその発芽適温は20〜25℃です。

種から育てる場合は5月になってからプランターの土に種まきするか、室内の暖かい場所でポットに種をまきます。

この適温と言われる温度、気温じゃなくて地温なので気を付けて下さい。

土の温度が十分に上がらないと発芽しません。

室内でポットまきにした方が目が届き、こまめに管理できるのでおすすめです。

しその種はとても細かいので、プランターの土はしその種まきをする前に表面を平らなものでそっと押さえてならしてから先に細目のジョウロで水をたっぷりやっておきます。

土が十分に湿ったらしその種まきをします。

65cmのプランターで4〜5箇所、直径3cmくらいの範囲にパラパラと点まきします。

風通しがあまりよくない場所でしたら本数を減らしてその分間隔を取り、密植にならないようにします。

鉢植えの場合は6号鉢でも2〜3株ほど育てられます。

種をまいたらごく薄く土をパラパラとかけて、霧吹きで表面をたっぷり湿らせます。

ジョウロで水をやるとしその種が細かくて流れてしまうので霧吹きを使うようにしましょう。

しその種が乾かないように様子を見ながら芽が出て根が出るまでは霧吹きで水やりをします。

しそのプランターでの育て方:しその芽の間引き

しその双葉が出揃ったら形がよいものを1箇所2本残して共育ちさせ、他は間引きます。

双葉の時はまだ小さいので水やりは霧吹きでやる方がしその根への影響も少なくてオススメです。

本葉が2枚になったらよい株を残して1箇所1本立ちにします。

このくらいの大きさになったらジョウロでそっと水をやっても大丈夫です。

スポンサーリンク

しそのプランターでの育て方:植え付け

ポットまきの場合はしそが本葉3〜4枚になったら植え付けます。

地植えにする場合は高さも1mくらいにはなりますし、摘芯することで株も横に広がりますから地植えの場合は株間を少なくとも50cmくらい取ります。

プランターの場合は土の量が限られることと深さもないので地植えほど大きくはなりません。

ベランダ菜園で育てる場合、環境にもよりますが2〜3本あればかなり楽しめると思います。

しその苗は価格も安いので近所で苗を見つけた時に買ってきて植えても良いでしょう。

小さな黒ビニールポットに植えられたしその苗は4月から5月にかけて出回ります。

自分で育てた苗、あるいは買ってきた苗で必要な株数を用意します。

ポット苗は植え付けの1時間前に前に水をやってそのまま置いておきます。

こうすることで土が締まり、ポットから 苗を抜く時に根鉢が崩れにくくなります。

苗を抜く時は引っ張って苗を折ったり痛めたりしないようにポットを持ち上げ株の根元を指で軽く押さえながらポットをひっくり返して、ポットを上に向けてからそっと外します。

プランターにしその苗を植える位置を決め、移植ゴテで植え穴を掘ってそこに根鉢を崩さないようにしその苗をそっと置き、周囲の土をかぶせて埋め戻します。

軽く土を抑えて根鉢と活着させるようにしたら、ジョウロでたっぷり水やりします。

植え付けの時に葉に土がついて汚れてしまっていたら、病気の原因になったりすることもあるので葉の表裏によく水をかけて洗い流してやりましょう。

植え付け後から週1回は水やりの代わりに液肥をやります。

しそのプランターでの育て方:摘心して収穫量を増やす

植え付けが終わり、苗が活着するとしそが成長し始めます。

本葉が6枚(3段ほど)になって草丈が25cmくらいになったら頭頂部をカットして摘心します。

こうすることで上へ上へと伸びる力が脇芽の成長に使われるようになり側枝がよく育ちます。

側枝が育ったらまた同じように摘心して、どんどん枝数を増やしていきます。

枝数が増えることで収穫できる大葉の枚数も多くなります。

スポンサーリンク

しそのプランターでの育て方:収穫

しそは丈夫な植物ですが、風通しが悪くて蒸れると病害虫が発生しやすくなります。

しその葉が茂り過ぎて過密にならないように、葉が大きく育ったものはどんどん収穫していきましょう。

葉の部分だけを摘み取って、定期的な追肥や水やりをしていると、再びまた新しい葉が育って収穫できます。

枝が混み合ってきたら、しその枝の間引き剪定をしてもよいでしょう。

特に何本か育てている場合、株と株の間の風通しが悪くなりがちなので、しっかり風通しを確保します。

葉を収穫するときは、下の方の大きく育ったものから収穫していきます。

そうすることで株元の風通しもよくなります。

大きな葉は栄養を吸収しますので、収穫することで新しい葉に栄養がまわって、新葉の成長を促すことにもつながります。

形の悪い葉や傷んだ葉はどんどん摘み取って風通しをよくして、栄養を新しく育ってくる葉に行きわたるようにします。

収穫、摘心したら追肥をパラパラとプランターの土の表面にまいて、たっぷり水をやっておきます。

しそのプランターでの育て方:しその葉を長く収穫するために

しそは花芽がつくと葉が硬くなり、成長も鈍くなります。

子孫を残すために栄養が使われ、実がなるとやがて枯れていきます。

ですからできる限り花が咲く時期は遅らせたいです。

摘心を繰り返すことで花芽ができにくくなりますが、それでも夏になるとやはり花芽ができてきます。

花穂は穂紫蘇として利用できますが、葉を収穫したい場合は花芽はなるべくすぐに摘み取りましょう。

花穂やしその実を取りたい場合は摘心を繰り返し枝数が十分に増得てから最後に花穂を摘み取らずそのまま育て、花が咲き始めたところで花穂を収穫します。

しその実を収穫したい場合は、花が咲き終わって実がなるまで待ってから実を穂じその状態のまま収穫します。

あとでまとめて実をしごくようにして軸から外してしその実として使います。

スポンサーリンク

しそのプランターでの育て方:枯れないでよく育つコツ

しそは土の湿り気を好み半日陰〜日陰でよく育ちます。

ベランダは軒下で乾燥しがちなので、水切れに注意します。

水もちをよくする方法としては

1. 水切れしないように大きめの鉢で育てる

2.プランターや鉢に鉢皿をしいて常に1cmほど水を張っておく(底面給水)

という方法があります。

おすすめは2の底面給水ができる状態にしておく育て方です。

しその葉は薄いのでしおれたりすると品質が落ちやすいので、なるべくしおれないようにいつでも十分な水分を吸い上げられるようにしておくと、枯れる心配もありませんし、質の良い柔らかい綺麗な葉が収穫できます。

十分な水分を安定して吸い上げることができることで、プランターで土の量が少ないデメリットもカバーしてくれます。

ただし水を張りすぎると、根が呼吸できなくなりますので水を張る深さは1cmくらいまでに留めます。

時々液肥を入れてやるとなおよいです。

大葉に芽じそ、花穂、穂じそ、しその実

しそは利用部位によって様々な利用法があります。

大葉は青じその若葉です。

そのままの葉を天ぷらや、刻んでサラダや漬物、料理の風味づけ、刺身のいろどり、つまとして利用します。

芽じそは赤しそが料理の彩りに使われます。

花穂は花芽の花が咲き始めたところ、穂じそは花が実になり始めたところです。

どちらも料理の飾りや刺身のつま、料理の香りづけに利用します。

しその実は穂じその実が完熟したものです。漬物や佃煮などに利用します。

芽じそだけはスプラウト用の種をまく必要があり、水耕栽培の方が向いています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする