ほうれん草の栽培はプランターでOK!おいしい冬収穫の種まき時期と間引きのポイントとは?

スポンサーリンク

ほうれん草は野菜の中でもダントツで人気の葉野菜です。

一番人気のレシピはやはりおひたし。

そのほかほうれん草のバター炒めやほうれん草のクリームパスタ、ほうれん草のオムレツなど目移りしてしまうほどたくさんの人気レシピがあります。

ほうれん草の栽培はプランターでもできるのですがほうれん草の育て方にはいくつか大事なポイントがありますので、わかりやすくまとめて紹介します。

ほうれん草栽培の時期は種まきが秋、収穫が冬!

栽培は涼しい気候が適していて、ベランダガーデニングでのプランター栽培の適期は種まきを秋にして冬の時期に収穫、というパターンです。

春の種まきもできますが、春は気温が高くなるので成長が早くとう立ちしやすいので冬のように葉に厚みがあるものは望めません。

夏は暑いので、涼しい地域での栽培じゃないとなかなか難しいと思います。

夏の時期はほうれん草栽培はプロに任せて、暑さに強い他の葉野菜を育てることをお勧めします。

やはりほうれん草の旬は葉の厚みもあって甘くなる冬が一番です。

ほうれん草の栽培は個人的に難しいな、と感じるポイントがいくつかあるので以下に育て方を紹介します。

スポンサーリンク

ほうれん草栽培の失敗体験ありです(笑)

以前、小さな家庭菜園を汗水流して耕していたことがあります。

子供の頃から植物が大好きで、どうしてもやりたかった畑。

見よう見まねで初めて種を蒔いたイタリアンパセリや春菊や山東菜はとてもよく育ちました。

でも1年目に蒔いたほうれん草だけはどうしてもうまく育たなかったんです。

葉物野菜は栽培期間も短く育てやすいはずなのに、ほうれん草だけは失敗でした。

ちっとも育たない、色も形も悪いほうれん草をみて

「どうしてほうれん草だけこんなに育たないの?!」

という悲しい気持ちでしたが、それから何年か経って畑の土がよくできてから蒔いたほうれん草は色も綺麗な濃い緑色で、やや小ぶりでしたが形もよく、なんとか無事に育ってくれました。

当時の失敗の体験から、ポイントを押さえたほうれん草のプランター栽培の方法をお伝えしますね。

土の質はプランター栽培の方がむしろ管理しやすいので、美味しいほうれん草が収穫できると思います。

ほうれん草のプランター栽培、ポイントは土の酸度

ほうれん草は酸性の土を嫌います。日本の土壌はほとんどの場合弱酸性です。

たいていの植物は弱酸性でも育ちますが、ほうれん草は野菜の中でも特に酸性を嫌う性質が強い野菜です。

「他の野菜も育つんだし、きっと大丈夫!」

たかをくくっていた私が思う以上にほうれん草は酸性土壌が嫌いだったのです。

ほうれん草はph6.5-7.0くらいで育ちます。他のほとんどの野菜はph6.0-6.5でよく育ちます。

なので土を用意するときには石灰を加えて酸度調整をする必要があります。

一度栽培に使った土は新しい土よりも酸性に傾きがちなので、特にほうれん草のプランター栽培などで土を再利用したい場合はこの酸度調整を怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

石灰で土の酸度を調整する

酸性に傾いた土の酸度を調整するには石灰を使います。

石灰には色々な種類がありますが、扱いやすく、土に混ぜた後比較的すぐに作物を植え付けできるのは、苦土石灰か天然の石灰(貝殻石灰、卵の殻)などです。

天然の石灰はじっくり効くのでまいてすぐに土の酸度が変わるわけではありません。普段から土作りの時に少しずつ混ぜておくとよいでしょう。

石灰はホームセンターの肥料コーナーで簡単に手に入ります。まいてすぐに作物を植えられる、と書かれているものもありますので、そういったものを選ぶとよいでしょう。

苦土石灰を使う場合は土に混ぜて最低1週間ほど置くようにします。

説明書に書かれている通りの分量を土に混ぜます。ものによりますがプランターなどだとスプーン1杯程度で十分です。

ほうれん草のプランター栽培、2つ目のポイントは有機質を多く含んだ土

ほうれん草は土の酸度の他にもう一つポイントがあります。

それはほうれん草が有機物を多く含んだ力のある土でよく育つということです。

逆にいうとそういう土だったらどんな野菜でもよく育つのですが(笑)

野菜用の培養土を買って使うならそのままで大丈夫だと思います。土を再利用したり自分で土を作るなら、腐葉土や堆肥を追加して多く入れます。

熟成した土の方がよいので、早めに用土を準備しておくといいでしょう。

ほうれん草のプランター栽培用の土の配合

自分で用土を準備するのなら、赤玉土5、腐葉土3、牛糞堆肥やバーク堆肥2をよく混ぜたものを用意します。

そこに混ぜてすぐに使える石灰を規定の分量混ぜ込み、水をかけて2週間おきます。

石灰自体はまいてすぐに使えるものですが、ほうれん草栽培のために用土をなじませて熟成させるために、可能なら時間をおきます。

その後、種をまく1週間前に肥料を加えて土をよく混ぜ合わせます。

関東なら9月の中旬までに土の準備をして10月になってから種をまくとちょうどよいのではないかと思います。

まいてすぐ使える石灰を使うのはそれだけ土の中での反応が穏やかで、家庭でのほうれん草のプランター栽培には使いやすいからです。

用土にはこれが正解!というものはないですし、ベランダの日当たりや風通しによっても土の湿り気は変わりますので、上記を参考にご自分で色々工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク

ほうれん草の種まき、栽培で間引きを楽にするポイント

さて、用土が準備できたところでほうれん草の種まきをします。ほうれん草は発芽率があまりよくない部類の野菜です。

種を買うと赤く色がついているものがありますがこれは病気を防ぎ発芽率をよく売るための薬剤処理が施されているものです。

いずれのものでも、発芽を揃えるために一晩種を水につけて吸水させてから種まきをします。

プランターに用意した用土に条間を最低10cm以上とってすじまきします。

65cmのプランターなら2条まくことができます。種まきのために深さ1cmの溝をつけて、そこに1cm間隔で種を置いて行きます。

上の写真は丸い植木鉢に種をまいたのですじまきではなくばらまきにしています。その場合も種の間隔を1cm取るようにします。

これを丁寧にやっておくことで、発芽後の間引きを断然しやすくなります。

綺麗に種まきができたら溝の両側から軽く土をかぶせて上からそっと押さえて種と土を密着させます。

その後ジョウロでたっぷり水をやります。

種まきをしたら芽が出るまで土を乾かさないようにします。濡れた新聞紙をかぶせるなどしてもいいです。

パラパラと適当に種をまいて間引いていく方法もあるのですが、間引きは思いのほか手間がかかるものです。

初めから1cm間隔に丁寧に種まきをすることで間引きの手間が省けます。

ほうれん草の間引きの時期は早めに

間引き1回目の時期

本葉が2〜3枚になった頃に3cm間隔になるように間引きます。

茎が長く徒長したものや形の悪いものを間引くようにします。

ほうれん草は割と早めに間引きをして株間をとったほうがよく育ちます。

スポンサーリンク

間引き2回目の時期

本葉が5〜6枚になった頃に2回目の間引きをします。

株間が5〜7cmになるように間引きます。

ほうれん草は早めに間引くことで大きく育ちますので2回目の間引きもしっかりやっていきましょう。

間引きの時期が遅れると上の写真のように徒長して花芽ができてしまいます。

これは明らかな失敗です(笑)

ただ売り物にするわけではなく、まだ柔らかい若い葉なので花芽も一緒に食べられます。

今回はレタスなどと混ぜてサラダにしていただきました。

ほうれん草の旨味たっぷりの美味しいリーフサラダ、美味しかったです。

こちらは先ほどの失敗作と同じ大きさの鉢に植わっているほうれん草ですが、植わっている株の数が少なくて明らかに葉の形が幅広で厚みも違うのがお分りいただけると思います。

ほうれん草の追肥

1回目の間引きの後、条間に肥料をパラパラとまいて、ほうれん草の株元に土寄せします。

2回目の間引き後にも同じように追肥をします。

そのほかに、水やりの時、1週間に1回、液肥をあげるようにするとよく成長します。

プランター栽培のほうれん草の収穫

自分で育てているので、必要な分を大きくなったものから収穫します。根を乱暴に引き抜くと他の株を痛めてしまいますので、株元の少し下で、根をハサミできるようにして収穫するとよいでしょう。

スポンサーリンク

プランター栽培のほうれん草を長く収穫するために

自分でほうれん草のプランター栽培をしている場合、長くほうれん草を楽しむために、株ごと引き抜いてしまわずに、よく育った外側の葉から収穫する方法があります。

外側の葉を株元で丁寧に外側に外すようにしてそれぞれの株の外側の葉を刈り取ります。

こうすると大きく育ったほうれん草にまた株間の隙間が生まれ、残った葉が成長できるスペースが生まれます。

2回くらいはこの方法で収穫して、3回目は株ごと引き抜いて収穫すると最後まで美味しいほうれん草が食べられると思います。

この方法は小松菜やレタス、ルッコラなどでもできます。

冬場、葉野菜がじっくり成長する時期だからできる収穫方法です。

収穫を終えた後の土を再生して使い続けるには

ほうれん草を全て収穫し終わったら、土の中に残っている根を掘り出します。

固まった土をほぐしてよく混ぜて、そのまま春先、暖かくなるまで土をカラカラに乾かしておきます。

時々土の上下を入れ替えて、できれば日の当たる場所で日光消毒できるとなおよいです。

3月くらいになったら4月5月に種をまく夏野菜のために土を準備して行きます。

最初の時の土作りと同じように、腐葉土や堆肥を追加してよく混ぜ、石灰を少し足します。

石灰は水に溶け出して流れてしまうので、作物の入れ替えのたびに少し補ってあげるよいでしょう。

種まきや苗の植え付けの1週間以上前に、肥料を混ぜ込んで準備をしておきます。

土を十分に乾かして置いておく期間と、十分な有機物と石灰、肥料の追加投入があれば土はまた使うことができます。

ベランダでも育てやすいプチトマトや、バジルは夏に作るオススメの野菜です。

あとは葉物が手薄になる夏場、空芯菜は暑さに強くてプランターでも簡単に栽培でき流のでこちらもオススメです。

プランターの土の処分って意外と困ってしまうものですが、冬の間にしっかり準備しておくととても力のある土になりますから、捨ててしまわずにぜひ夏野菜のためにとっておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする