アスパラ菜栽培はプランターでも出来る!美味しいアスパラ菜を収穫する種まき、間引き、栽培方法とは?

スポンサーリンク

アスパラ菜をご存知ですか?

アスパラ菜はベランダでも栽培しやすい丈夫で美味しい野菜です。

アスパラ菜という名前を聞くと、アスパラガスの葉っぱなのかな?と思うかもしれませんが、アスパラ菜はアスパラガスとは全く別の野菜です。

アスパラ菜はアブラナ科の植物で菜花や小松菜の仲間です。

菜花のようにとう立ちした花茎を収穫して食べますが、菜花よりも茎が長く伸び、茎の部分が甘くて美味しい野菜です。

中国野菜の菜心(さいしん)、紅菜苔(こうさいたい)が近縁種の仲間です。

紅菜苔は茎が赤紫色です。茹でると鮮やかな緑色に変わります。

アスパラ菜は種も、野菜もオータムポエムという商品名で栽培されているものが多く、最近スーパーでも時々アスパラ菜をよく見かけるようになりました。

菜花の仲間ですが名前の通り、アスパラのような風味、甘みがあって柔らかくとても美味しい野菜です。

アスパラ菜の持つ栄養素

アスパラ菜は栄養豊富な野菜です。ベータカロテン2600mg、ビタミンC110mg、その他ミネラル類も豊富に含んでいます。さっと茹でておひたしにするととても美味しいですし、アスパラによく似た味なので、ベーコンなどと炒めるのも相性がよいです。

売られているものは花茎に葉も少しついていますね。

アスパラ菜は茎だけでなく葉の部分もとても美味しいので一緒に茹でたり炒めたりして食べましょう。もちろん花も食べられます。

アスパラ菜はプランターでも栽培できますので、美味しいアスパラ菜を収穫する栽培方法を紹介します。

自分で栽培することで、花茎の部分だけでなく大きく育った葉の部分も野菜として利用できます!

スポンサーリンク

アスパラ菜栽培|プランターと土

アスパラ菜は栄養をたくさん吸収して大きくなります。

プランターは標準の65cm以上のプランター、できれば深さのあるものがいいです。

土の少ないプランター栽培の場合は有機肥料をベースに化成肥料を少し併用した方が生育が安定するかもしれません。

使い古しの土を使う場合は石灰で酸度調整をしたあと、しっかりと元肥と有機質の完熟堆肥を入れて土を作っておきましょう。

元肥や完熟堆肥を多めに入れる時は、混ぜた後の土を置いておく時間を少し長目にとって、肥料や堆肥を土と馴染ませましょう。

理想は1ヶ月前に準備しておくのがよいです。

アスパラ菜栽培|種まき

アスパラ菜の種はルッコラや小松菜のように細かくて、購入したものは薬剤処理されていたので青かったです。

秋まきで9月中には種まきします。

太くて柔らかい花芽がたくさん出るように大株に育てると美味しいものが収穫できます。

株を充実させて花芽を次から次へと育てるために収穫期間が長くなります。

そのためプランターへの直まきで育てる場合にはすじまきではなく、点まきで1箇所5〜6粒の種をまくようにしましょう。

すじまきで間引き菜を収穫して食べてもいいのですが、なるべく土の栄養分を花芽を育てて収穫する株のために使う方がしっかりした株に育ちます。

65cmプランターで3株を育てるくらいでしょうか。

欲張って数を増やすとその分一株が小さくなり花芽も細くなります。

葉の収穫が目的の小松菜などであればすじまきして若い葉をたくさん収穫しますが、アスパラ菜の場合は株をしっかり成長させて花芽を収穫したいので、ここはぐっと我慢して3株ほどで育てましょう。

スポンサーリンク

アスパラ菜栽培|間引きのタイミング

小さな粒のアブラナ科の種なので発芽は早いです。

1回目の間引きは双葉が出て本葉2〜3枚のころ、3本立てになるように元気のいい芽を残して間引きます。

2回目の間引きは本葉5〜6枚。この頃になると苗の成長が安定してきて、しっかりした株を見分けられるようになります。

一番いい株を残して残りの2本を間引きます。

アスパラ菜栽培|水やりと追肥

過湿はよくありませんが、水と肥料は切らさないようにやります。

水やりの代わりの液肥を1週間に1回与えることはもちろん、固形の肥料については量を控え目にしてその分2〜3週間に1回、株間の土にまいて軽く表面を混ぜておきます。

プランター栽培の場合、土の量が限られているので一度にたくさんの肥料を入れると根が肥料焼けしてしまいます。

毎回少しずつの量を、間隔を短くして追肥することで肥料切れを起こさないようにしましょう。

最初の小さなうちは少し小松菜に似た葉ですが大きくなるにつれてより色濃く、艶と厚みのある葉になっていきます。

大きな葉が育って株が充実すればするほど、しっかりしたよい花芽が上がってきます。

ベランダなどは乾燥しやすく、たくさんの葉が育ってくると冬場でもプランターの土が乾きやすくなります。

表面の土が乾いていないか常に注意して、表面が乾き始めたらたっぷりと水をやってください。

アスパラ菜栽培:花芽の収穫

株が大きく育ち、60日ほどで株の中心から花芽が上がってきます。

一番芽が一番太く美味しいです。

初めての中心から上がる花芽は蕾が見え始めたら、外葉10枚以上を残して摘心します。

花茎が太いのでハサミよりも包丁などでカットした方が切り口が痛みません。

芽ものは一刻一刻の成長が早いので収穫の適期を逃さないようにしましょう。

株の成長の状態がよければ、外葉も1〜2枚収穫してもよいでしょう。

栽培がうまくいっているととても大きくて分厚い葉になります。

かなり大きいので硬いかな?と思っても火を通すと柔らかく滋味深く美味しい野菜として食べられます。

炒めたり、お味噌汁に入れるといいです。

スポンサーリンク

アスパラ菜栽培|2番芽以降の脇芽の収穫

一番芽を収穫した後、追肥と水やりをしていると、脇から再び花芽が順番に上がってきます。

その後の脇芽も20〜25cmになるまでの間に花茎の根元から包丁で切り取ります。

何度か花芽を摘み取って、もうこれ以上はあまり花芽もよいものができないな、というところまできたら、株ごと全部収穫してしまって、残っている葉の柔らかい部分を食べてしまいましょう。

アスパラ菜は葉もとても美味しいです。

アスパラ菜栽培|プランター栽培のコツ

アスパラ菜をプランターで栽培するときのコツは、とにかく少ない土でも肥料を切らさないで、十分な栄養をアスパラ菜が吸収できるようにしてやることです。

少し手がかかりますが、追肥の仕方を参考に、少しずつこまめに回数を分けて肥料分を土に補給していきましょう。

秋まき栽培は虫がつきにくいので育てやすいですし、じっくり大株に育てることで太くて柔らかい花茎が上がったものを収穫することができます。

葉の部分も美味しい野菜ですので、葉を食べるためにもしっかり大株に育てましょう。

菜花もそうなのですが、アスパラ菜は幼苗のうちは葉は割と薄くて軽い感じなのですが、成長するにつれてしっかりと葉に厚みと艶が出てきます。

こうなってから炒めたり汁物の具にしたりするととてもコクが感じられます。

花茎も葉も甘みがあってとても美味しい野菜ですので、ぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする