大根栽培、失敗しない種まき時期とプランター栽培のポイントとは?葉大根も収穫できる冬が旬のおすすめ野菜

スポンサーリンク

大根栽培は簡単ですが、失敗作の二股大根、皮が硬い、辛い、苦いなどを体験したことがある方もいらっしゃるかと思います。

大根栽培には育てやすい時期があるのと、大根をプランターで美味しく作るにはポイントがいくつかありますので種まきや間引きなどの基本的な育てと共に失敗しやすいポイントを紹介します。

冬場の貴重なビタミン野菜として体を温める根菜類の大根は温かいメニューで風邪の予防にも一役買ってくれます。

あまり手もかからずに栽培できますし、なかなかお店ではお目にかかることができない大根の葉はほうれん草以上にカルシウムや鉄分を含む栄養野菜です。

大根の葉が食べられるだけでも価値がありますので、種まきから気軽に育ててみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

大根栽培はプランターでも簡単にできる!

食べたいな、と思っても普段は手に入りにくい大根の葉。

自分で育てれば大根の葉も柔らかくて美味しいところを食べられます。

そうはいっても植物を育てたことがない人は、やってみたくても何からどうやればいいか、種まきの時期はいつにすればいいのか、わからないことがたくさんあると思います。

なのでここでは初めての方でもすぐに収穫を楽しめるように、栄養豊富な大根の葉やカイワレ大根も収穫する大根栽培の方法を紹介します。

大根は丈夫で栽培しやすいですし、芽が出てすぐの双葉の時から大根の葉を間引き菜として食べられます。

普段手に入りにくい若くて柔らかい大根の葉や、浅漬けに最高の小さな間引き大根は栽培しているからこそ味わえる栄養価の高い野菜です。

大根の葉なら2〜3週間目くらいから間引きながら収穫して食べられます。プランターで気軽に種を蒔いて育てて見てください。

大きな大根にまで育てなくても、間引きした大根の葉は柔らかくて美味しいです。

プランターから摘み取ってすぐの新鮮な大根の葉を刻んで味噌汁のお鍋にぱっと散らせばそれだけで新鮮な風味を味わえる一品になります!

大根栽培に適した種まき時期について

大根栽培は品種改良もあって周年作ることができますが、本来の旬の時期は冬です。

秋に種まきした冬の時期の大根は甘い、肉質も緻密なよいものが取れます。

逆に夏の時期の大根は辛い、苦い、あるいはえぐみのある失敗作の大根になりやすいです。

温度が低くなる冬の時期の野菜は自分が凍ってしまわないように体内の糖度を高めて低温に耐えます。

そのため秋まき冬どりの大根栽培は甘いものができます。

秋蒔きなら気温もどんどん下がっていきますので害虫も発生しにくいので、気軽に無農薬で立派な葉の大根栽培ができます。

スポンサーリンク

大根の栽培方法①:大根の品種選び

品種が色々あります。大きなものから、プランターで育てやすいコンパクトな品種、辛味大根や赤い大根、大きくてカブのような丸い形の聖護院大根、葉を食べる専用の葉大根、煮物向きの品種、夏でも育てやすい品種、サラダ向きの品種、などなど。

種の入手方法は通販サイトを利用するのがおすすめです。

種の場合は通販を使っても送料も安く負担になりませんし、数多くの品揃えの中から品種ごとの説明を見て、好みのものを選んで買うことができます。

プランター栽培のおすすめは栽培期間が短い早生品種です。

大根の栽培方法②プランターのサイズ

大根は地中にまっすぐ根が伸びます。

根っこをしっかり太らせて収穫したいなら深めの大きなプランターの方がよいものができます。

大根の葉を食べるためや、間引き大根程度でよければ、65cmの標準プランターで十分です。

大根の栽培方法③土づくりが大事

野菜用の培養土、もしくは赤玉土と腐葉土を混ぜたものを用意します。

一般的に野菜をプランターで栽培するには赤玉土:腐葉土7:3の割合の土を使う方法が基本と言われていますが、大根栽培の場合は6:4くらいの方が有機物をしっかり含んだ柔らかい土になるのでよいでしょう。

赤玉の粒は小粒を使います。

特に土の力を必要とする品種の野菜の場合は5:5くらいで土を配合することもあります。

プランターの水抜き、排水穴の大きさなどによって土の水はけ具合が変わるので、水がよく抜ける様に作られているプランターなら使う土を少し細かめにしたり、腐葉土を多めにして、保水性を高めるといいでしょう。

地植えの場合は石や硬いものが混ざっていたり、プランターでも土が固まっていたり、堆肥や腐葉土が未熟だと大根の根が割れる失敗の原因になります。

しっかり完熟したふかふかの堆肥をたっぷり混ぜて柔らかい土を作りましょう。

スポンサーリンク

大根の栽培方法④肥料について

大根栽培は旨味が凝縮する様にじっくり育てたいので、肥料はなるべく有機肥料を使うのがよいと思います。

ただしプランター栽培はもともと土が少ない特殊な環境で野菜を育てるので化成肥料も少しだけ併用すると生育は安定します。

この辺はお好みで使いやすいもの、栽培した時に味が美味しくなると思えるものを選んで好みの肥料のやり方を探してみてください。

ベランダでのプランター栽培なので、有機質肥料は発酵済みの油かすや骨粉を使うとよいでしょう。

プランターに土を入れるときに肥料の説明に書かれている規定の量の肥料を土全体に混ぜて1週間以上なじませてから種を蒔きます。

写真は種まきの前の週末に土を混ぜて用意したプランターです。

肥料をプランターの数カ所に埋め込む方法もありますが、特に大根の場合は根が直接肥料に当たると大根が割れることがあるので全体によく混ぜ込んで、最低でも1〜2週間、土を馴染ませます。

新しい土を用意する場合は特に必要ありませんが、栽培に使った土を再利用する場合は石灰も加えて酸性に傾いた土の酸度調整をして、土の塊をよくほぐします。

土の中に硬いものがあって根が当たると大根が割れる失敗の原因になるからです。

酸度の調整には肥料として売られている苦土石灰の他、天然の石灰として牡蠣殻や卵の殻も使えます。

スポンサーリンク

大根の栽培方法⑤種まきの時期と失敗しないためのポイント

大根の根ではなく葉を食べたいなら真冬でなければいつでも種まきして栽培できます。

根を太らせる大根の種まき時期は秋まきで9月初めの種まきが作りやすくおすすめです。

この時期に作ると気徐々に温が下がっていくので害虫もつきにくく、大根がじっくり育つので旨味がぎゅっと詰まった甘い大根が収穫できます。

大根の種まき方法ですが、双葉の茎が長く伸びてくるので他の野菜よりも深めに種まきするのがコツです。

目安は指の第1関節と第二関節の間くらいの深さです。

ある農家の方は人差し指から小指まで指を4本揃えて土に第二関節まで指をさして、できた穴にパラパラと種まきする、と教えてくれました。

大根の種まきはそんなに深く種を埋めるんだ、と驚きましたが実際そのくらい深く種まきしないと大根の双葉の茎は結構長く伸びます。

このあと紹介する大根の間引きの写真を見て頂くとわかると思います。

これだけ茎が長く伸びるので、思い切ってしっかり深めに種まきするのが大根栽培のコツになります。

大根の種を蒔くときには、芽が出てから伸びた茎が倒れないように土寄せをしたいので初めからプランターの土に溝をつけて、溝に深めにすじまきするのもよいでしょう。

すじまきにすることで間引き菜もたっぷり収穫できます。

芽が出たら両側の土を寄せて根元をしっかりさせます。

スポンサーリンク

大根の栽培方法⑥間引きは根を傷めないように

こちら大きなプランターに点まきした大根。

根っこの部分を収穫するなら点まきにします。

1箇所に5〜6粒まいて芽が出てから本葉1〜2枚の頃に三本残して間引きます。

本葉5〜6枚の頃までに一本立ちにします。

間引きする時、土が動いて根に影響が出ないよう、土の表面を軽く押さえてそっと間引きをします。

種まきの方法は点まきの方が、根を太らせる大根栽培には向いています。

間引きする本数が少ないので根を痛めるリスクが少ないですし、土の養分が使われる量も少なくてすみます。

写真のように双葉の茎が長く伸びるので土寄せします。

この双葉の状態で間引きしたらカイワレ大根ですよね。

点まきだと間引きする本数が少ないですが、幅を広めにすじまきにして少し多めに種まきしておくと、発芽してすぐのカイワレ大根の間引き収穫を楽しめます!

大根の葉を食べるための栽培方法は、種まきして育ってきた大根の葉が隣同士混み合ってきたところを少しずつ間引きして収穫していきます。

間引きのタイミングは常に大根の葉が重なりすぎず軽く触れ合うくらいになるよう間引きを行う感じです。

間引いたものはどの時期のものでも食べられます。

大根の葉を食べるための、根があまり大きくならない専用品種の「葉大根」もあります。

スポンサーリンク

大根栽培の栽培方法⑦追肥の方法とタイミング

2週間ほどで本葉2〜3枚になったら、液肥や固形肥料で追肥します。

追肥の方法は、固形肥料なら株から少し離した脇にパラパラとまき、表面の土と軽く混ぜておきます。

葉がどんどん成長していくのですじまきした場合は順次間引きながら育てます。

根が少しずつ太り始めたら2度目の追肥を行います。

1週間に1回程度水やりの時には液肥をやりましょう。

大根の栽培方法⑧収穫と鮮度を保つ方法

大根が十分に太ったら、いつまでも植えておかずに収穫します。

大根の種袋の説明に種をまいてから収穫までのおおよその日数が書かれていますのでそれを収穫の時期の目安にしてください。

育ちすぎると味が落ちたり、すが入ったりします。葉も硬くなってしまいます。

収穫したらすぐに根元の部分で大根の葉を切り分けて別々に冷蔵庫で保存しましょう。

いつまでも大根の葉をつけておくと、葉が成長しようとして大根の根の栄養分や水分を吸い取ってしまい、大根の根の部分の味や鮮度が落ちてしまうのです。

すぐに大根の葉を切り分けることで大根の根の部分の鮮度を保つことができます。

スポンサーリンク

大根の栽培方法⑨失敗しがちなポイント3つ

大根の育て方の中でいくつか失敗のポイントを紹介しましたので、最後にわかりやすく大根栽培で失敗しがちなポイントをまとめます。

・大根栽培に適した種まき時期は気温が下がる秋まき、温度が高いと辛味や苦味が出やすいくなる

・土が固い、石などが混ざっていると根が割れたり筋張って硬くなる

・堆肥や腐葉土が未熟だと大根の根が割れることがある

3つ目の堆肥はベランダ菜園の場合は腐葉土も買ったものを使うことが多いと思います。

買ったものだから大丈夫、と思っても腐葉土や堆肥にも多少未熟な部分が含まれていることもありますから、土に混ぜ込んでから2週間以上置いて、しっかり熟成させてから大根を植えるのがポイントです。

根を大きく育てる大根、土の目は細かめ、ふかふかにして、大根の根にストレスがないように育てましょう。

大根の葉について

大根栽培は種まき後、すぐに双葉の時から大根の葉は間引きしながら料理に使えます。

繰り返しになりますが、大根の葉にはほうれん草と同じくらいのビタミンA、そしてビタミンCとカルシウムはほうれん草以上にたっぷり含まれています。

繰り返して伝えたくなるくらい栄養豊富な緑黄色野菜なのです。

根が太る前の大根の葉はとても柔らかくて美味しいので間引きしたらぜひ捨てずに料理しましょう。

育てているからこそ味わえる新鮮な旬の味です。

大根栽培、まずは気軽に種まきしてみましょう!

根っこを大きく育てなくても、野菜としての大根の葉が収穫できるのであまり身構えず、気軽に大根栽培を楽しんでみてください。

とれたての大根の美味しさを味わうレシピについても別記事で紹介しています。

え? それだけ?

と思うくらい材料もあり合わせのもので作れる簡単レシピですのでよかったら試して見てください。

大根の葉は鉄分とビタミンの宝庫!大根の簡単人気レシピ、大根めしや大根サラダがおすすめ!