枝豆の芽が出ない!種まき失敗、豆が腐る、その原因と対策、枝豆の失敗しない種まきのコツ

枝豆の芽が出ない、種まきの失敗の原因と対策について紹介します。

枝豆の種まきをしても一向に芽が出ない。

まだ寒いからかな、もう少し待ってみようか、と思ってもさっぱり変化なし。

掘り返してみると、種まきしたはずの枝豆が跡形もなく消えていたり、あっても豆が腐っている。

種が古かったのか、と思ってホームセンターで枝豆の種を買い直して、もう一度種まきしてもやっぱり失敗。

なんとか芽が出ても枝豆の双葉の形がいびつでその後の成長が思わしくない。。。

そう、枝豆の種まきは意外と難しかったりします。

枝豆の種まきに何度も失敗した後、ようやく成功した方法、失敗の原因と対策を紹介します。

スポンサーリンク

枝豆の失敗しない種まきのコツ①枝豆の種について

枝豆の種はつまり大豆です。

枝豆と大豆の違いは若採りした大豆を枝豆として食べて美味しい品種を枝豆、完熟させて乾燥大豆として使うための品種が大豆と呼んでいる、ということです。

大豆用の品種でも若採りして枝豆として食べることはできますし、ちゃんとおいしく頂くこともできます。

ただ、サヤの表面の産毛が多かったり、ごわついたり、といったところで枝豆としては扱い難かったり、枝豆用の品種は特に食味に優れた品種で甘味や香りに秀でた品種になっています。

昔は枝豆を枝ごと買ってきたら、サヤをもぎ取って、ざらつく産毛を取り除くために粗塩で表面を念入りに揉まないといけませんでした。

今はスーパーに売っている枝豆はサヤの産毛も短く柔らかく、ほとんど気にならないようになっています。

大豆は栄養が豊富なだけに水を含んだ状態では腐りやすい、ということが枝豆の種まきに失敗する最大の要因になります。

スポンサーリンク

枝豆の失敗しない種まきのコツ②種を一晩水につけるのは枝豆では失敗の原因になりやすい

種を水につけてからまいた方が発芽が揃う、発芽率がよい野菜があります。

ほうれん草やビーツなど、種の殻の硬いものがそうです。

でも枝豆の種、つまり大豆は水につけると水分が多くなりすぎて腐りやすくなります。

枝豆の種は水につけずにそのま土に種まきします。

どうしても水につけたい、という場合は30秒程度にとどめます。

 

枝豆の失敗しない種まきのコツ③種まき用の土

枝豆の種まきをするときは、ただでさえ豆が腐りやすいので、種まき用の清潔で無肥料の用土を用意します。

市販の種まき培土でもよいですし、バーミキュライトや赤玉土でもOKです。

とにかく肥料分がなく、清潔な土のまき床を用意します。

スポンサーリンク

枝豆の失敗しない種まきのコツ④種まきはトレーに

上の写真は浅い容器にバーミキュライトを入れて充分に湿らせ、その上に枝豆を種まきしたもの。

種まき、と言っても湿らせた用土に枝豆の種をお歯黒を下にして置いただけ。

上の写真はすでに用土の水分を吸って少し膨らんだ状態のものです。

容器は鉢皿です。

ジャバジャバと水やりをすることはないので、容器には穴が開いていなくても構いません。

枝豆の種まきは、種の豆を用土に完全に埋めるのではなく、湿った用土に半分くらいが埋まるように、ちょこんとおはぐろを下にして軽く押し込みます。

このトレーでそのまま育てるのではなく、芽が出たらプランターなどに定植しますので種の間隔は狭くて大丈夫です。

枝豆の種を並べ終わったら、豆の表面にごく軽く霧吹きをします。

みるみるうちに水分を吸収して枝豆の種がふくらみ始めます。

 

枝豆の失敗しない種まきのコツ⑤芽が出るまで乾かさない

 

発芽するまでは、用土や枝豆の種の表面が乾かない程度に時々軽く霧吹きをします。

種まきをして3日目くらいに芽が出て動き始めました。

枝豆の種は高温性なので、春先などは少しだけ加温して温度を上げてやると、割と早めに発芽すると思います。

枝豆の種まきで種を腐らせずに発芽させるためには発芽までの日数は短い方がよいです。

発芽までの日数が長くなれば、それだけ豆が腐るリスクが大きくなります。

上の写真はもう根が伸びて豆が浮き上がってきているものもあるので、ここまで来ればもう大丈夫でしょう。

全ての種が発芽して動き始めたら定植します。

スポンサーリンク

枝豆の失敗しない種まきのコツ⑤発芽後の植え付け

 

芽が出た枝豆は長さが4〜5cmにはなっています。

植え付けるときは穴を深く掘って、根を傷めないようにそっと埋めて、豆が双葉になりつつある部分が土に隠れるように、0.5〜1cm程度土をかけます。

植え付けたらジョウロでそっと水やりして、そのあとは枝豆の双葉が土の上に顔を出すまで水やりは控えます。

上の写真は植え付けて2日後の写真です。

豆の部分が緑色になってきています。

この後も枝豆は過湿にせず、窒素肥料を控え、カリ肥料を多めに与えながら育てます。

伸びてくると倒れやすくなるので土寄せ、増し土などでぐらつかないように苗を支えます。

摘心・断根栽培をするなら本葉が見えてきたタイミングで処理をしましょう。

枝豆の摘心・断根栽培については以下の記事で紹介しています。

 

枝豆栽培の摘心・断根栽培と基本的な育て方、それぞれのメリット・デメリットとは?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました