シクラメンの育て方、花色をよくする、翌年も元気に花を咲かせる夏越しの方法とは?

スポンサーリンク

シクラメンは育て方が難しい花です。

冬になると一斉に色鮮やかな鉢植えが出回りますので誰もが目にしたことがある人気の花であるにもかかわらず、意外と繊細で育て方が難しいので、シクラメンを上手に咲かせるポイントと翌年も花を咲かせるための夏越しについて紹介します。

スポンサーリンク

シクラメンの育て方①シクラメンの種類

シクラメンには大輪系のものと、小輪系のミニシクラメン、屋外の植え込みに適したガーデンシクラメンと呼ばれる小型のシクラメンの種類があります。

一般的に大輪系はより栽培管理が難しいとされています。

シクラメンは大変人気のある花ですので愛好家の方も多く、そういったシクラメン上級者になると大輪系の様々な珍しい花色のシクラメンを上手に長く咲かせることもできます。

初心者の場合は、小輪系やガーデンシクラメンの栽培から初めて見ることをおすすめします。

育て方の基本は同じですが、小輪系シクラメン、ガーデンシクラメンの方が丈夫で耐寒耐暑性に優れ育てやすいので、シクラメンの鉢植えを購入する場合は是非育てやすさも考慮してみてください。

シクラメンの育て方②鉢植えの選び方

シクラメンは冬に開花した状態の鉢植えを購入して育てます。

シクラメンの鉢植えを購入するときはよく締まった株を見極めて購入しましょう。

よいシクラメンは葉数が多く黄変や病気がなくしっかりしているもので、蕾が株の中心あたりにいくつも上がっているものを選びます。

葉が徒長していたり、葉茎や花茎に張りがない物は避けましょう。

あとは好みの花色や花びらの形のものを選んでください。

シクラメンは現在様々な花色や、花びらの形が縮れているものや細いもの、幅広のフリルのような花びらまで様々な種類があり、目移りしてしまいます。

小さなシクラメンは価格も安価ですので、迷ったときは2〜3株購入してもよいかも知れませんね。

大輪系は3000円前後からとお値段もなかなか立派です。

スポンサーリンク

シクラメンの育て方③鉢植えの花色は温度管理がポイント

シクラメンの鉢植えの育て方で特に注意したいことがいくつかあります。

その一つ目が温度管理です。

シクラメンは10℃〜15℃でよく花を咲かせますので、室内で暖房が暖かすぎるところはシクラメンの鉢植えの置き場には適しません。

20℃以上になるとシクラメンには暑すぎて、花色が薄くなったり、花芽が上がらなくなったりしますので注意が必要です。

シクラメンの花色は温度が上がると薄く、温度が下がると濃くなる傾向があります。

また温度が高すぎると葉や茎が柔らかくなり倒れやすくなるので注意します。

そのほかにもちりめんのように花びらが縮れている品種などだと、環境が変わることでその縮れ方にも変化が出ることがあります。

もし買ってきたときと花色が変わってしまった場合は、なるべくそれまでシクラメンが育てられていた環境に近づけるようにしてみてください。

シクラメンの育て方④日光

シクラメンの鉢植えの育て方で注意したいポイントの2つ目が日光です。

シクラメンの鉢植えは温室で栽培されていますので、買ってきてすぐは室内に置き、直射日光よりもレースのカーテン越しの光に当てて管理します。

温度のところでも紹介しましたが環境の変化によって花色が変わったり、ひどいと萎れたり枯れてしまうこともあるので、急激な変化でシクラメンにストレスを与えないように注意が必要です。

ガーデンシクラメンなどは外に植えるくらいですから、直射日光もOKですが特に大輪系のシクラメンはレース越しの光が当たる室内の窓辺においてください。

徐々に環境に慣れてきたら窓越しのカーテンなしの日光に当てたり、暖かい日は外に出して日光にたっぷり当ててやるとよいでしょう。

またシクラメンに日光を当ててよいのは成長期のみです。

春になり4月、5月と日光が強く気温が高くなってきたら直射日光は避けるようにします。

スポンサーリンク

シクラメンの育て方⑤水やり

シクラメンの鉢植えの育て方で注意したいポイントの3つ目が水やりです。

シクラメンは球根植物で過湿を嫌います。

そのため失敗がないのは底面吸水ポットで鉢底から必要な分の水を吸い上げさせる方法になります。

底面吸水ポットに植えられた鉢植えではない場合は、鉢の上部から通常通り水やりをしますが、必ず土の表面が乾いてから水やりをします。

また水をやるときは鉢の中心部にある球根には直接水がかからないように、鉢の淵に静かに水を挿すようにします。

水をやるときはたっぷりと鉢底から水が流れ出るくらいやって構いません。

ただし受け皿の水はしっかり残らないように溜まった水を捨てます。

水が切れてくると葉の張りがなくなり柔らかくなってきて、さらに萎れてきますので、しおれる直前くらいに水をやるように、よく観察して水やりのペースに配慮します。

過湿になると球根が腐る、葉にカビが生えて病気になるなどでせっかくにシクラメンが枯れてしまいます。

くれぐれも過湿には注意しましょう。

スポンサーリンク

シクラメンの育て方⑥花と葉の手入れ

シクラメンの育て方のポイントとなる温度や日光、水やりのことが飲み込めたら、次は花とはの手入れです。

黄色く萎れてきた葉は順次茎ごと綺麗に抜き取ります。

咲き終わった花も茎ごと抜き取ります。

抜き取るときは茎の根元を指で持って軽く捻るようにしながら引き抜くと綺麗に茎の付け根から抜き取ることができます。

茎の途中で切れて残るとそこからカビが生えたり病気の原因になりやすいので、なるべく綺麗に抜き取ります。

葉を抜き取ることで、株の中の方にも日が当たるようになり、花芽がでやすくなります。

花は咲き終わると種を作ろうとするのですが、これが株を消耗させますので花が咲き終わったらこちらも早めに抜き取ります。

シクラメンの育て方⑦花を中心に集める葉組み

余分な葉や咲き終わった花を摘み取ることに加えてもう一つ、シクラメンの手入れで必要な葉組みをします。

これは他の花ではやらないシクラメン特有の育て方です。

買ってきたシクラメンは株の中心に花が集まって咲いていますが、しばらくすると株の形が乱れてきます。

実は花が中心に綺麗に集まって咲くのは生産者が葉組みという手入れを行っているからです。

葉組は株の中心に育ってきた葉をそっと鉢の外側に誘引してやることで株の中心を開けて、逆にそこに花芽を集めてやります。

外側に誘引した葉は外側に伸びている葉の一番下に組み入れてやり、株の中心に戻りにくくします。

こうすることで株の中心の風通しと日当たりがよくなり、花芽がよく育ち、花を株の中心に集めてよい花を咲かせられるようになります。

葉組の頻度の目安は株の中心に葉が増えてきたり、株の形が悪くなってきたな、と思ったら行います。

シクラメンの成長度合いを見ながら適宜行います。

スポンサーリンク

シクラメンの育て方⑧花後の手入れと夏越し

シクラメンの鉢植えの花は春には咲き終わります。

ここからの手入れが翌年も元気に花を咲かせられるかの重要な時期になります。

シクラメンは暑さに弱い植物です。

4月になったらもう直射日光には当てず明るい日陰で管理します。

徐々に葉が枯れて完全に球根だけになるよう水も切っていき、その後はできるだけ涼しい日陰で管理して、9月になってから新しい土に植え替えて水やりを再開します。

もう一つの方法は水を切らずに葉を残し、最低限の水やりをしながらできるだけ日の当たらない涼しい場所で管理する方法です。

この場合も9月になったら新しい土に植え替えて、水やりを通常の状態に戻していきます。

シクラメンの球根を植え替えるときは球根の上部1/3が土の上に出るように植え付けます。

シクラメンの夏越しは難しく、夏の間に球根が枯れてしまったり、形が残っていても秋に水やりをしても芽が出なかったりします。

また幸いなんとか生き延びても、花のつきが1年目よりも少なかったりして品質を維持するのが難しいのがシクラメンです。

そういうときは残念ですが、冬にまた新しいシクラメンの鉢植えを購入するしかありません。

上手な人は2年目、3年目と球根を温存してシクラメンを綺麗に咲かせることができるようですので、シクラメンを上手に育てたい方は挑戦してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シクラメンの花色は様々

赤、白、ピンクやグラデーションの花色のシクラメンなど、シクラメンの鉢植えは本当に花色のバリエーションが豊富で、最近は新品種で紫色のシクラメンが人気のようです。

青いバラと同じような位置付けなのかもしれませんが、今のところそういったシクラメンは価格も高めです。

毎年綺麗な整った花のシクラメンを購入するもよし、シクラメンの育て方をバッチリマスターして球根を大切に夏越しさせて翌年も咲かせるもよし、少し育て方が難しいだけに、植物が好きな方にはおすすめの冬の花です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする